きたしょーの成長記録:ブログ5日目

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

ブロガーのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「プロブロガーの文章って上手だな〜、それに比べて自分は・・・」

 

落ち込んだ経験はありませんか?

 

ぼくは何度もあります。

ブログを始めたばかりの頃「こんなにも文章が下手なのにブログで稼げるものなのか?」と不安で仕方がありませんでした。

有名なブロガーのブログを読んでレベルの差に愕然としたり、プロブロガーのきれいなブログデザイン自分のしょぼいブログデザインを比べてよく落ち込んでました。

 

そうやって挫折しそうになりながらもぼくは諦めることなくプロブロガーのブログを徹底的に研究しまくりました。

徹底的に研究した結果、あることが判明したんです。

 

それはプロブロガーでもブログを始めた頃はみんな文章が下手くそだったということです。

 

最新の記事は「読みやすい!」と感じるけど、過去記事を読むと「あれ、意外と下手くそじゃん!」と思うことがかなりあったんですね。

つまり、稼いでいるブロガーでも最初は文章が下手くそで書いているうちに上手くなっていったということなんです。

 

と言ってもなかなか信じられませんよね?

「ブログで飯を食ってる人たちはもともと文章センスがあったに違いない」と信じて疑わないと思います。

 

そこで、プロブロガーでも最初は文章が下手くそだったということをプロブロガー予備軍のぼくが証明します!

 

どうやって証明するかというと、ぼくがブログを始めて5日目に書いた記事をあえてリライトせずに保存しておきます。

以後、当記事をリライトする際には上書きするのではなく別の新たな記事として投稿します。

その名も「きたしょーの成長記録」です!

 

この取り組みの狙いとしてはこんな感じです。

  • 「どのくらいブログを続けたらどれだけ文章が上手になるのか?」というひとつの目安にしてほしい
  • 「きたしょーさんでも昔は文章が下手だったんだ!」と精神安定剤にしてほしい
  • ブログ初心者のブログを続けるモチベーションにしてほしい

 

文章が下手な昔のぼくを思いっきりバカにして、ブログを書き続けるためのモチベーションにしてください!

 

当記事を作成したH30.2.14時点でのブログ名は「一生に一度の人生なのに今のままでいいの?」です。笑

ブログ名のパクリ感が半端ない。笑

当時はGoogleAdSenseとアフィリエイトにも申請してません。

以下がH30.2.14に作成した当時の記事です

タイトル:付き合い残業で得られるお金と失う時間、あなたはどちらが大切ですか?

只今、会社の飲み会が終わり、酔っ払った状態でパソコンに向かっております。

酔拳きたしょーです。

 

会社員のあなた、昨日は何時に退社しましたか?

 

「早く帰りたいけど、なかなか上司よりは先に帰れなくて…」という人が多いのではないでしょうか?

私はきっちり定時に退社しました。上司に何か言われる前にスーッと消えるように帰りました。

 

きた「おつかれさまでしたー!」

上司「おつかれー(あ、飲みに誘おうと思ったのにー、あぁー)」

きた「(飲みに行きたいオーラを感じた時こそ先に帰りますぜwwwざまあw)」

 

こんな感じで最近は家でブログを書くために定時できっちり退社してます。

いや、今日飲み会に行ってるやーん!!!ってツッコミたくなったと思いますが、

今日は会社のどうしても断ることが出来ない飲み会だったのでお許しください。嘘はついてません。笑

 

今でこそ、定時に退社出来るようになりましたが、入社したての頃はやはり付き合い残業が多く、下っ端の私が上司より先に帰るなど出来る雰囲気ではありませんでした。

このように周りの目を気にして定時で帰りたいのに帰れない若手会社員がまだまだ多いのが日本社会の現状だと私は感じています。

 

まずは日中に仕事を片付けることを目指そう

日本は昔から朝早くから夜遅くまでたくさん働くことが良いことであるとされてきたので、今でも残業ありきの会社がたくさんあります。

最近でこそやっと働き方改革と言われるようになって、早く帰ろうという流れが出てきましたが、まだまだブラック企業と言われるような残業だらけの会社もあるんじゃないかと思います。

では、定時に帰るためにはどうすればいいでしょうか?

私の答えとしては、

 

残業しなくていいように日中から頑張れ!!!

 

です。

真っ当な答えですみません。笑

さすがに、自分の仕事が片付いていないのに先に定時で帰るのは上司に説明がつかないので、最低でも自分の今日やるべき仕事を片付けてしまってから先に帰ってください。

 

そのために日中から集中して頑張ってください!!!

 

残業ありきの会社では社員までも残業ありきになっていることが多く、

 

「今日は残業デーだから、この仕事は残業の時にやろう」

 

と呑気なことを言ってる人も多いんじゃないでしょうか?

いやいや、やれるなら日中にやって残業せずに早く帰って自分や家族との時間を過ごしたら?

と言いたくなりますが、ここではとりあえず黙っておきます。笑

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

それでも先に帰りにくい雰囲気のときは?

あなた「(よし!仕事も終わったし帰ろーっと!)」

先輩「カチカチカチカチ、仕事終わらねー!」

あなた「(これは帰れる雰囲気じゃないな…)」

 

こんな感じで「お前後輩で下っ端のくせに先に帰るのか!?」みたいな空気を出す先輩いませんでしたか?

私も入社したての頃、先に帰ろうとしたとき、残って仕事をしている先輩や上司達みんなが心の中でこんなことを思っているんだろうなと思ってしまい、先に帰れませんでした。

ですが、こんな雰囲気の時でも、気にせずそのまま帰ってください。

それはただの被害妄想なんで、堂々と帰ってください。

今日やるべき自分の仕事はもう終わったんですよね?

そしたら、自信満々に今すぐ帰ってください。

残ってる先輩や上司達は自分の仕事を捌けきれてない、つまり自分の能力が足りないから残業してるんです。自分の能力が足りないから招いたことなのに、仕事の出来るあなたが残業に巻き込まれる理由はありません。

だから、心を鬼にして帰ってください。

あなたは優秀なんです。

付き合い残業する理由なんて世界中どこを探しても見つかりません。

 

無駄に他人の時間を生きている暇なんてない

付き合い残業をするということは他人の時間を生きているということです。

他人の時間を生きるなんて人生の無駄遣いです。

あなたの人生の時間は限られています。

付き合い残業で時間を浪費するくらいなら、早く帰って自己研鑽に励んだり、愛する家族と団欒の時間を過ごしたりする方が100倍有意義です。

あなたの中にある最大の資源は時間です。時間だけは一度過ぎ去ってしまうと二度と取り戻せません。

お金や物は後からでもいくらでも取り返すことは可能です。でも、過ぎ去った時間だけは一生取り戻せないんです。

だから、時間だけは大切にしてほしいです。

 

明日からは早く帰って有意義な時間を過ごしましょうね。

 

第2回目のきたしょーの成長記録(ブログ35日目)はこちらです。

きたしょーの成長記録:ブログ35日目

2018.03.16

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。