200記事以上読んで感じたことをブログ初心者向けにまとめました!

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは〜!きたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

先日、以下のツイートをしたところ200記事以上の応募がありました。

200記事の中から厳選したきたしょーオススメ記事をご紹介します!

2018.08.05

 

今回はぼくがブログを200記事以上読んで感じたことをまとめました。

特にブログ初心者の方はぜひ読んでみてください。

ブログを200記事以上読んで感じたこと

1:記事の冒頭で自己紹介をするときにTwitterのURLをつけて欲しい

こんにちは〜!

きたしょー(@KitamuraShohei)です!

 

のように、自己紹介したあとにTwitterのURL@KitamuraShoheiをつけて欲しいです。

 

TwitterURLをつけるメリットとしては、

  • ブログ経由でTwitterをフォローされやすい
  • Twitterプロフィールが自己紹介代わりになる
  • 今回のようなみんなのブログを紹介する記事を作るときに楽(完全にぼくの都合ですw)

 

匿名アフィリエイターなら別に必要ありませんが、Twitterで活発に活動しているブロガーさんならフォロワーを増やすためにも必須です。

 

2:ブログデザインと記事のレベルはほぼ比例する

200記事以上読んで判明したのは、ブログデザインと記事のレベルはほぼ比例していたということです。

ブログ初心者の方は「まず記事を書け!」と言われて、サイトのデザインまで気を配ることができないのはよく分かります。

ですが、やっぱり読みやすい記事を書いているブロガーさんのブログデザインはきれいです。

「魂は細部に宿る」という言葉があるように、本気でブログに取り組んでいる人は記事の内容だけでなく、サイトデザインにも力を入れてるんですよね。

 

ブログデザインを美しくする方法としては、ワードプレスの場合だと有料テーマの導入です。

ぼくのオススメは、当ブログも使用しているWordPressテーマ「ストーク」 です。

ストークの良さはスマホユーザーに見やすい仕様ブログ初心者にもカスタマイズしやすい機能性でブロガーさんの多くが利用しています。

ブログは書いている内容だけでなく、サイトの見やすさ文章の読みやすさでも、読まれるか読まれないかが左右されます。

せっかく質の高い記事を書いているのに、見た目が悪いからという理由で読まれないのはもったいないですよね。

サイトデザインにまだ力を入れていない方は、WordPressテーマ「ストーク」 の導入をオススメします。

 

3:ブログのロゴをちゃんと作っている人は記事のレベルも高い

先程の2と重複するのですが、ブログのロゴをイラストレーターさんに依頼して作ってもらってる人は記事のレベルも高かったです。

正しく言えば、ブログのロゴをちゃんと作っているから、記事のレベルが高いというわけではなく、記事のレベルが高い人は気持ちに余裕があるからロゴにまで気を使えているということです。

なので、ブログ初心者の方はやはり記事を書くことが優先です。

記事をある程度書いて余裕が出てきたらブログのロゴにも気を配っていきましょう。

 

ブログのロゴを作るなら、イラストレーターさんに手軽に依頼できるココナラ がオススメですよ〜。

登録は無料なので、まずは登録してみていくらの値段でロゴを作成してもらえるのかを確認してみましょう。

 

4:記事のタイトルで「んっ!?」と惹きつける

記事のタイトルで損している人も多かったですね〜。

ブログの記事はタイトルで興味を持たせないと読者はクリックしてくれないので、「んっ!?」と思わせるようなタイトルをつけることで読者に関心を持たせましょう。

「フォロワーを増やした話」よりも「1ヶ月でフォロワーを1,000人増やした5つの方法」の方が気になりますよね。

タイトルは具体的な数字を入れたり、対象を絞ったりすることで読まれやすくなります。

 

キャッチーなタイトルの付け方については、この本で学んでみてください。

読者を惹きつけるキャッチコピーの具体例が77つ載っているので、記事のタイトルに悩んだときはこの本を参考にするといいですよ。

5:記事の導入文が長い

導入文がダラダラと長くて、途中で読む気力がなくなった記事もけっこうありました。

基本的にWEBの読者は少しでも違和感を感じたらページを閉じる傾向にあるので、文章はできるだけ簡潔に済ませてください。

 

導入文の書き方については、佐々木ゴウさんの記事が分かりやすかったので、ぜひ参考にしてみてください。

 

6:文字がぎっしり詰まってて読みづらい

改行なしで画面いっぱいに文字が埋め尽くされている記事は読みづらいと感じました。

例えば、

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

 

 

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

 

と、ではどちらが読みやすいですか?

 

聞くまでもないですよね。

ぼくは、文章は最大で連続4行までで5行以上になったら1行空けるということを意識しています。

そして、記事を書き終わったら、PCとスマホで5回以上「誤字脱字がないか?」「読みにくい部分がないか?」などを確認しています。

適度な行間を開けることを意識するだけでも、文章は一気に読みやすくなりますよ。

 

7:だれが書いているのか?はやっぱり大事

文章って書かれている内容はもちろん大事なんですけど、だれが書いているのか?も同じく大事だと感じました。

ぼくの知っている人が書いた記事と知らない人が書いた記事とでは、やっぱり知っている人が書いた記事の方が読みたくなるんですよね。

なので、ブログの読者を増やしたり、Twitterで拡散して欲しいのであれば、オフ会に参加してみたり、オンラインサロンに入会してみたりとオフでの繋がりを作ることをオススメします。

 

8:パーマリンクの設定が正しくされていない

パーマリンクの設定が正しくされていない記事も多かったです。

パーマリンクの設定はブログ初期にやっておかないとあとで大変なことになるので、早めに対応してくださいね。

 

パーマリンクの設定方法についてはクロネさんの記事が分かりやすかったので、ぜひ参考にしてみてください。

 

9:Twitterの名前にローマ字が入ってるから検索しにくい

ブログやTwitterのハンドルネームにローマ字が入っている人はTwitterで検索しにくいですし、読みづらかったです。

人気ブロガーは「あんちゃ」「るってぃ」「やぎぺー」「やぶなお」「ほな」など、ひらがなで読みやすい名前にしている人が多いです。

「ローマ字が入っていると検索しにくい」=「フォローするまでの障壁になる」ので、無名のブロガーさんはひらがな、カタカナ、漢字を組み合わせてだれでも読めるようなハンドルネームがベターです。

 

10:Twitterのアイコンやプロフィールを見れば、ブログのレベルがだいたい分かる

ブログのデザインの話と被りますが、Twitterのアイコンやプロフィールを見れば、その人のブログのレベルがだいたい分かりました。

見てもよく分からないアイコン1文だけのようなプロフィールの人は記事のレベルもあまり高くありませんでした。

読者層が検索エンジンメインの匿名アフィリエイターなら必要ありませんが、Twitterから読者を増やしたいブロガーさんであれば、アイコンやプロフィールの整備は必須です。

 

Twitterの活用方法についてはプロ無職るってぃさんの記事が参考になるので、ぜひ一度見てみてください。

 

ぼくのアドバイスで少しでも前に進んでくれたら嬉しい

いかがでしたでしょうか?

ぼくのアドバイスがあなたにとって少しでもプラスになってくれたら大変嬉しいです。

今回気付いた改善点を「あとでやろう」と後回しにすると一生やらないことになるので、ここで気付いたことはいますぐ改善しましょう。

 

ブログ初心者で分からないことがある人はこちらの記事も読んでみてください。

ブログのやり方が分からない!初心者ブロガーのお悩みにまとめて回答しました!

2018.07.02

▼スポンサーのminto様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。