ぼくがヤるハウスから家出した本当の理由を語ろうと思う。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

きたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、6月始めに入居したヤるハウスを6月末に家出してました。

 

最近、「なんできたしょーさんはヤるハウスを家出したんですか?」とよく聞かれるので、一旦ここで自分の気持ちを整理するためにも記事にしておきたいと思います。

 

先に言っておきますが、ぼくがヤるハウスを家出した理由は「ヤるハウスが住みにくい」や「嫌いな住人がいる」とかではありません!

ヤるハウスは立地も良くて人脈も作りやすいフリーランスにとっては最高のシェアハウスです。

まず大前提として「家出した原因はヤるハウスではない」ということをご理解いただければと思います。

 

内容的にはブロガーさんに共感してもらえるところが多いはずですので、ぜひ読んでみてください。

では、つらつらと書いていきます。

ヤるハウスに住み始めて1ヶ月で家出した理由を考えてみたら5つあった

1:ブロガー界隈のわちゃわちゃした馴れ合いっぽい感じに疲れた

嫌われる覚悟で言いますが、ブロガー界隈でわちゃわちゃ活動することに疲れました

「ブログで生計を立ててるお前がそれ言っちゃう!?」と批判されそうですが、ぼくと同じようにブロガー界隈に疲れているブロガーさんは多いと思うので、ここはあえて言います。

ぼくはブロガー界隈の大学のサークルのようなノリの馴れ合いっぽい感じが好きになれませんでした

 

ぼくがブログを始めた頃は「ブロガーやフリーランスってカッコイイ」と純粋に思っていて、マイナスイメージを持つことはあまりなかったんです。

でも、最近は「なんか馴れ合いっぽいな〜」と感じるようになってきたんですよね。

 

ぼくは大学まで体育会系のサッカー部で毎日練習する日々を送ってきた「THE 体育会系」なので、昔からわちゃわちゃしている馴れ合いのサークルっぽいノリが好きではありませんでした

大学の頃も傷の舐め合いサークルのような活動を見ると「いやいや、もっと真剣にやれよ」と思ってしまうタイプだったんですよね。

 

ぼくは小さい頃からサッカーをしていて、試合中に大声で仲間に指示を出したり、仲間を本気で怒ったりする世界で育ってきたので、思ったことははっきり言いたい性格です

大学時代はサッカー部の練習以外にも自主練習や筋トレも死ぬほどやりましたし、基本的にストイックで自分を追い込んで自分と向き合うのが好きなんですよね

銀行員時代も、銀行内で成績優秀賞を取ったりとそれなりに仕事もやってきたつもりなので、やるべきことはビシッとやりたいんです

まぁ、普段はおちゃらけてますけど。笑

 

たぶん、根は真面目なんですよね。

だから、全てとは言いませんが、一部のブロガー界隈の馴れ合いっぽい感じが嫌になったんです

 

だけど、ブロガー界隈は本当に狭い世界なので「ん?それ違うよね?」と思うことに対しても「もっとこうした方がいいんじゃない?」と素直に言えない雰囲気に悶々としていました。

なんだろう、身内同士でダメなものはダメと批判できない雰囲気がある

 

ぼくは良いと思ったら「すごいね!」と褒めたいし、悪いと感じたら「ダメだよ!」とお互いに批判できて、素直に言い合える関係がいいんですよね

批判されたらたしかに傷付くけど、乗り越えれば成長できるじゃないですか。

だから、なんだか内輪感の強いブロガー界隈に違和感を抱くようになったんです

 

そして、いつの間にか銀行員時代のようにブロガー界隈でも周りの目を気にして自分の意見を発言できなくなっていました

 

「あれ?この感じ上司の目を気にしていた銀行員時代と一緒じゃね?」と感じたぼくは一旦ブロガー界隈から距離を置いてオンラインもオフラインでも独りになるためにヤるハウスから家出したんです。

 

2:初めてのシェアハウスで独りの時間が欲しくなった

ヤるハウスに入居した6月はヤるサロンのヤるフェスやブロガーとアフィリエイターが集うジャックナイトなどのイベント続きでいつもだれかと一緒にいました。

そのせいか、人生で初めて「独りになりたい」と感じました

イベントでもたくさんの人に会って、シェアハウスでもたくさんの人と生活をしていたので、丸1ヶ月の間、自分独りの時間がなかったんですよね。

ましてや現実逃避できるTwitterでさえも見かける顔は現実世界と一緒なので、「もう見たくない〜!」と完全に人と会うことが嫌になってました

 

ぼくは人に会いすぎてすっかり精神的に病んでいたので、メンタルを回復させるためにもヤるハウスを家出することにしました。

ヤるサロンの「ヤるフェス in 岡山」のMVPは"あんちゃ"でも"るってぃ"でもなく"きたしょー"だ!!!

2018.06.19

 

3:きたしょーサロンで全精力を使い果たした

6月はブロガー向けのオンラインサロン「きたしょーサロン」に初挑戦して、気合いを入れすぎて全精力を使い果たしてしまいました。

「ブログで稼ぎたい!」という同じ志を持つブログ仲間ができて嬉しくもあり楽しくもあったのですが、運営側の人数に対してサロンメンバーの人数が多すぎたこともありかなり疲れました

きたサロメンバーのせいではなく、完全にぼくの戦略ミスなので、きたサロメンバーの方は気分を害さないでくださいね。

 

きたサロではサロンメンバーに時間を注ぎすぎたので、「これからは自分自身の成長のために時間を使いたい」という想いが強くなっていたんです

だから、6月いっぱいできたサロは閉鎖して、独りの時間を確保すべくヤるハウスを家出したってわけですね。

1ヶ月限定のオンラインサロン「きたしょーサロン」を運営して学んだ5つのこと。

2018.06.28

 

4:ブログの方向性が分からなくて記事が書けなくなっていた

ブログが書けない病はブログ歴半年ほどのブロガーさんならだれしも経験したことがあると思います。

ぼくはブログを始めてから4ヶ月間、とにかく好きなことを書いてました。

「人生はもっとこうすべきだ!」「もっとこう考えるべきだ!」「サラリーマンはもっと人生考えろ!」みたいなオピニオン記事ばかりを書いていたんですよね。

運良くスポンサーを5名獲得してブロガー界隈での知名度が上がり、ブログ初心者が主催するオンラインサロンとしては先駆けのきたしょーサロンも成功したので、完全に勢いで上手くいっていたんです

 

ですが、実態はブロガーなのにブログ記事自体からの収益はほぼゼロに等しくて、「さすがにこのままではヤバイ、落ちぶれてしまう」と心の中では焦ってました

「ここで一度立ち止まってブログの運営戦略を再考する必要がある」と思ったぼくは自分と向き合う時間を作るべくヤるハウスを家出しました。

どうやらブログが書けない病におかされたようだ。記事が書けない原因を徹底分析します。

2018.06.30

 

5:アフィリエイトに本腰を入れないとマズイと思った

ぼくはブログを始めてからヤるハウスを家出するまでの4ヶ月間、SNSに比重を置いたインフルエンサー寄りのブログ運営を行ってきました。

スポンサーを募集したり、オンラインサロンを運営したり、Twitterのフォロワーさんを増やすことばかりに注力してきたんですよね。

ゆえに、全くと言っていいほどアフィリエイトやSEOに力を入れてきませんでした

 

たしかに、過去のぼくのようにSNSに注力してブロガー界隈で目立って影響力をお金に変えていった方が即金性があってすぐにお金は稼げます。

ですが、長い目で見るとやはりブロガーはSEOを勉強してアフィリエイトで記事から収益を生み出したり、コンテンツを作ってnoteやメルマガから商品やサービスを販売していかないと正直きついです

 

SNSに重きを置いたインフルエンサー寄りのブログ運営だとずっと走り続けないといけないので、どうしても日銭を稼ぐようなスタイルになるんですよね

しかも、厄介なのがブログを始めたばかりなのにオンラインサロンやSNSでの発信活動に比重を置きすぎると、いざアフィリエイトやSEOの勉強をするぞ!となったときにどうしても勉強する時間が限られてしまうことです。

だから、ぼくはきたしょーサロンを閉鎖したし、SNSでの発信活動も控えめにしました。

 

ブログを始めたばかりでTwitterのフォロワーさん集めやオンラインサロン運営に比重を置きすぎているブロガーさんは今後注意する必要があると思います

決して「アフィリエイトが正義だ!アフィリエイトで稼いでない奴はダメだ!」と言っているわけではありません。

これからブロガーとして長く活躍していくには、アフィリエイト、スポンサー、オンラインサロン、コンサル、note、コンテンツ販売など収入のバランスを上手く保つ必要があるということです

 

ぼくは「SNSありきのブログ運営では長続きしない」と感じたので、ヤるハウスを家出してからの約2ヶ月間はアフィリエイトとSEOの勉強、コンテンツ作りにひたすら注力しました

大好きだった伸びシロサロンも辞めて、通知がよく発生するLINEグループもできるだけ退会して、Twitterを見る時間も減らして、とにかく自分の実力を上げることだけに力を注ぎました。

 

おかげでアフィリエイトとSEOの知識は以前と比べ物にならないほどに身に付きましたし、アフィリエイトだけでも月収10万円が見えてきました

ぼくは外界との接触を断ち自分と向き合ってブロガーとしての実力をつけるためにヤるハウスを家出したんです。

スポンサードリンク

嫌われる覚悟でヤるハウスを家出して良かった

正直、ヤるハウスを家出してしまうと「住人から変に思われるんじゃないか」「嫌われるのではないか」「人間関係にヒビが入るのではないか」という不安もありました。

ですが、結果的にヤるハウスを家出して良かったです。

消耗していたメンタルを癒すことができて、今後のブログの方向性を考え直すことができて、アフィリエイトやSEO、コンテンツ作りにじっくりと時間を使うことができて、「当時の自分は本当に良い選択をした」と思ってます。

 

ヤるハウス住民の方には迷惑を掛けましたが、どうぞお許しください。

今日からまたヤるハウスに戻って生活しますので、よろしくお願いします〜!

 

最後にブログ初心者のあなたに伝えたいこと

過去のぼくと同じようにブロガー界隈に嫌気が差したり、ブログの方向性に悩んだりしたら、一旦立ち止まって自分と向き合う時間を作ることも大事だと思います

ブログを始めていきなり好スタートを切り、その調子で走り続けて半年でブログ月収50万円、Twitterフォロワー10,000人なんてのはほんの一握りの超スーパースターです。

 

人間はだれしも短期間での成功に憧れますが、そもそもブログは稼げるようになるまでに時間がかかるビジネスなので、コツコツと記事を書いてSNSで地道に発信することが基本

過去のぼくのようにSNSに重きを置き過ぎたブログ運営をし続けて落ちぶれてしまう事態にはなって欲しくないので、あえて書かせてもらいました。

 

インフルエンサーになろうとSNSに躍起になって、肝心のブログが疎かになっている過去のぼくのようなブロガーさんに届けば嬉しいです。

 

「ブロガー界隈にいるのがきつい」「ブログの方向性が分からない」「Twitterに疲れた」と感じたら、勇気を出して周りから離れて自分を見つめ直す、そんな時間も人生には必要だと思います

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。