記事の書き方が分からないブログ初心者は「うまくはやく書ける文章術」で文章構成を学ぼう。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは!

文章が読みやすいと言われるきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「ブログの書き方が分からない・・・」

 

ブログを始めたばかりの頃って、なにをどう書けばいいのか分かりませんよね。

 

ぼくもブログを始めた頃はなにも分からずに思い付くがまま「夢を持て!」みたいなオピニオン記事をたくさん書いてました。

それでも当時は「おれ文章書くの上手いじゃん」と思いながら書いてたんです。

しかし、いま読み返すと、文章構成がバラバラで長文続きで読みにくく「これは人様にお見せできるものではない」と思うくらいヒドイ記事が多い。

昔の記事をリライトするには新しい記事を書くのと同じくらいの時間が必要なくらいです。

 

では、なぜそんなぼくが「文章が読みやすい」とまで言われるようになったのか?

 

それは「うまくはやく書ける文章術」記事の書き方文章構成を勉強して日々実践しているからです。

著者:山口拓朗さん「うまくはやく書ける文章術」

この本は文章の書き方から文章構成まで全体的に網羅してあるので、ブログ初心者には本当にオススメです。

はっきり言ってこの本に書いてある内容に忠実に従って文章を書いていけば、ブログ3日目の方でもそれなりの文章を書き上げることができます。

 

この本の目次は以下の通りです。

〜「うまくはやく書ける文章術」〜

  • 第1章:文章の良し悪しは「情報整理」で決まる!
  • 第2章:「あっち情報」を集める
  • 第3章:「こっち情報」を集める
  • 第4章:レバレッジを最大化する「見取り図」ワーク
  • 第5章:文章あてはめフォーマット術
  • 第6章:SNSで使える文章術
  • 第7章:完成度をカクダンに高める「磨き上げの技術」

 

第1章から第3章まではブログ初心者にありがちなネタ不足を解消するための情報収集術が書かれており、第4章から第7章までは文章の書き方や文章構成、リライト術などが満遍なく書かれてます。

 

この本はブログ初心者にぜひ読んでいただきたいので、今回はぼくがこの本を読んで「これはためになる!」と思った箇所を3つお伝えします。

本当にオススメなので、この機会に一度手にとって読んでみてください。

1:「どう書けばいい?」がなくなる文章フォーマット活用術

この本の中で一番重要なポイントです。

感覚で文章を書くのではなく、型に当てはめて文章を書くことで説得力と執筆スピードを格段にアップさせることができます。

 

文章フォーマットはこの5つです。

文章フォーマット〜

  • 結論優先フォーマット
  • 物語フォーマット
  • 列挙フォーマット
  • 主張フォーマット
  • SNS紹介・宣伝フォーマット

 

今回はこの中で最もベーシックな書き方の「結論優先フォーマット」について説明します。

〜結論優先フォーマット〜

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例
  4. まとめ

 

例えば、こんな感じです。

  1. 結論:ぼくはサッカーの試合の前日は早めに寝ます。
  2. 理由:なぜなら、良いプレーをしたいからです。
  3. 具体例:以前、試合の前日に夜更かしをして、体のキレが悪く途中で交代させられたことがあります。
  4. まとめ:二度と同じ過ちは繰り返したくないので、ぼくはサッカーの試合の前日は早めに寝ます。

 

加速度的に情報量が増えつつある現代社会にうってつけの型が、メッセージ(結論)を冒頭で示す「結論優先フォーマット」です。

早々に結論を把握できるので、読む人にとっては「理解しやすい」「安心して読み進められる」などのメリットがあります。

引用:うまくはやく書ける文章術

 

とにかくWEBの文章は読まれない前提で結論を先に書くことです。

タイトルが気になってページを開いたけど、「結局、なにが言いたいの?」という文章は途中で読みたくなくなりますよね。

つまり、あなたが3時間くらいかけて一生懸命書いた文章でも、読まれる前提で結論を最後に書いていたら、読者は途中で離脱してしまう可能性が高いんです。

 

そうならないためにも、一番伝えたいことはまず冒頭に書くべきなのです。

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

2:勇気をもって断言する

〜断言した言葉は相手の心に刺さる〜

本当に伝えたいメッセージ(考え、意見、提案、主張)があるときは、(中略)あえて断言する必要があります。

まれに反感を買うこともありますが、それは、断言調の文章についてまわる副作用なものです。

むしろ、恐れるべきは、弱腰な文章を書いたときの読者の「無関心」です。無関心は、読者の心を動かすことのできなかった”ザンネンな文章”の印にほかなりません。

引用:うまくはやく書ける文章術

 

文章を書くときに重要なのは自信をもって断言することです。

 

「でも、断言したら批判されるかもしれない・・・」と弱腰になる方も多いかもしれません。

 

しかし、「〇〇は別にしても」「〇〇するつもりで」「〇〇と思います」のような断言しない文章は、万が一のために逃げ道を用意した「保身の文章」も同然です。

 

例えば、この記事の最後で「この本はあなたのお役に立つかどうかは別にしても、買っておいて損はないと思います」と言われたとして、あなたは買いますか?

 

ぼくは買いません。

なぜなら、それは「読むなら自己責任でどうぞ、ぼくは責任とりません」と言わんばかりの文章であり、読者を小バカにしてるようなものだからです。

 

「この本はブログ初心者には間違いなく役に立ちます。早めに買っておかないと損です」と自信をもって断言をする。

 

世の中にメッセージを発信するときは断言して責任をもつことが大事なのです。

 

3:情熱で書いて、冷静で直す

これは私が提唱している文章作成方法です。書くときは情熱的に一気に書き上げて、書き上げたあとで冷静になって読み返す、という流れで行います。

引用:うまくはやく書ける文章術

 

例えば、大好きな人に向けて書いたラブレター。

好きな感情を抑えきれない興奮状態で書いたラブレターって、次の日に冷静になって読み返してみると「昨日は感じなかったのになんだか恥ずかしい」と感じたことはありませんか?

結局、恥ずかしすぎて書き直してしまうという経験をしたことがある方は多いと思います。

 

これがまさに「情熱で書いて、冷静で直す」です。

文章もラブレターを書くかのような気持ちで書いて、あとで我に返って見直すというのが理想なのです。

 

「でも、『情熱で書く』ことはできるんだけど、『冷静で直す』方法が分からない」というブログ初心者が多いのではないでしょうか?

 

ブログの書き方の情報はネットにたくさん転がってるけど、リライトする方法って意外と少ないですよね。

 

でも、大丈夫です。

この本にリライトの方法がみっちり書かれています。

 

例えば、こんな感じです。

×準備するとします→○準備します

×私がやるようにします→○私がやります

×〜を基準とするものです→○〜を基準とします

×宣言したいと思います→○宣言します

引用:うまくはやく書ける文章術

 

書き終わったあとで冷静になって情熱で書いた文章の無駄を削っていくことが大事なのです。

最近、ぼくが「文章が読みやすい」と言われるようになったのは、文章を書き終わったあとに可能な限り文章の無駄を削っているからだと思います。

ぼくは文章を書き終わったあとに、全体を見直す作業をPC・スマホ含め5回以上行っています。

 

文章に無駄が多すぎると途中でつっかえて、読者が離脱してしまうんです。

だから、無駄な贅肉を削ぎ落としてスリムな身体を目指すかのごとく文章も無駄を削ることが重要なのです。

 

「うまくはやく書ける文章術」を読んで記事の書き方や文章構成を学ぼう

ぼくが「文章が読みやすい」と言われるようになったのは「うまくはやく書ける文章術」を読んで実践したからと言っても過言ではありません。

そのくらい価値のある一冊です。

特に「ブログの書き方や文章構成が分からない」と悩んでるブログ初心者には本当にオススメですので、ぜひ実際に自分の目で読んでみてください。

きたしょー
ぼくはこの本を文章の書き方のバイブルとして何度も読み返してます。ぜひ、読んでみてね!

 

ブログの書き方が分からない方にはこちらの本もオススメです。

イケダハヤトさんオススメ本「武器としての書く技術」でブログの書き方を学ぼう。

2018.03.25

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。