将来の仕事が不安?「10年後の仕事図鑑」でなくなる職業を確認だ!

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「いまやっている仕事はAI(人工知能)に奪われてしまうのかな・・・」

 

そう不安になったことはありませんか?

毎日のようにテレビやニュースサイトでは、AI、人工知能、機械化、仮想通貨、ブロックチェーンなどが話題になっていますよね。

その中にはこれからAI化により、こういう仕事がなくなるかもしれない」と不安を煽ってくるようなニュースも多々あります。

 

ぼくはずっと気になっていました。

「結局、これからAI化で消える仕事はなんだろうか?」と。

 

この疑問を解消するべく「10年後の仕事図鑑」を読んできました。

著者:落合陽一さん&堀江貴文さん「10年後の仕事図鑑」

この本を読んで分かったことは「大多数の仕事がAIに代替される可能性が高い」ということです。

 

「えぇー!!!じゃあ、どんな仕事が生き残るんですか!?」と驚いた方も多いでしょう。

 

そんなあなたのために、この本を読んで判明したことを3つだけお伝えします。

全部知りたい方はこの本を実際に手にとって読んでみてください。

 

1:AIに職を奪われると思っている時点で搾取される側になる

そもそも、「AIに仕事を奪われるかもしれない」と思っている時点であなたは搾取される側の人間だということです。

「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている時点で、ダサい。

(中略)仕事を奪われ「価値を失うこと」を恐れる前に、なぜAIを使いこなし「価値を生み出す」視座を持てないのだろうか。

「価値を失う」ことに目がいくタイプの人間は、常に「使われる側」として搾取される状態にいることに気づかなければならない。

引用:10年後の仕事図鑑

 

「AIに仕事を代替されるかもしれない」と不安を抱いているのはサラリーマンが多いのではないでしょうか。

なぜなら、サラリーマンは代表的な「使われる側」の人間だからです。

 

与えられた仕事をこなし、給料を与えてもらうことが当たり前のサラリーマンは「AIを使いこなす」という考えには至りにくい。

 

では、どうすればいいのか?

 

それはAIに仕事を奪われたくなければ、誰かが作ったAIを使いこなして「使う側」に回ればいいのです。

 

でも、すぐさま「使われる側」から「使う側」に移行するのは難しいですよね。

「いきなり起業しろ!」と言われても無理なわけです。

なので、いま「使われる側」の方は「使う側」徐々に移行していくのがいいでしょう。

 

Youtube、Instagram、Twitter、Facebook、Voicy、Twitch、ブログ、メルカリ、17、ココナラ 【タイムチケット】 ランサーズ クラウドワークス 、などいまは個人で稼げるツールが山ほどあります。

 

これらのツールを使ってまずは副業を始めてみる。

一度「使う側」に立ってみることをオススメします。

プロブロガーとは?初心者がブログで稼ぐコツやオススメの方法を世良菜津子さんに教えてもらったよ!

2018.03.22

クラウドソーシングとは?副業で稼ぐコツを元WEBライターの世良菜津子さんに教えてもらったよ!

2018.03.22
スポンサードリンク

2:AIに仕事を奪われてもなんら問題はない

これからAIに仕事を奪われて、いまやっている仕事は近い将来なくなるかもしれません。

でも、安心してください。それ自体はなんら問題ありません。

人間がやらなければならなかった仕事が減り、自由な時間が増えるだけの話だ。

さらに、生活コストはどんどん下がっていくので、何も無理に働いてお金を得る必要もなくなっていく。

引用:10年後の仕事図鑑

 

例えば、いま現在も食器洗浄器やロボット掃除機によって、手間がかかる仕事は世の中から消えつつありますよね。

このような事例が今後さらに増えていくと言われています。

たとえば、農業は人の手間を減らしながらも収穫量は増えている。今後は、さらに手がかからなくなるのだから、食費は今以上に安くなる。

お金がなくても十分に食べていけるようになる世界は、そう遠くない。ロボットが社会全体の富を自動的に作り出し、個人に利益をもたらしてくれるのだ。

引用:10年後の仕事図鑑

 

「じゃあ、いったい人間はなにをやればいいのか?」と疑問に思いませんか?

 

「機械が代わりに働いてくれるなら、人間は超暇人じゃん!」と思いますよね。

 

そうなったら人間はひたすら好きなことをしてればいいのです。

ゲームが好きな人はゲームをする、ブログを書くのが好きな人はブログを書く、パズルが好きな人はパズルをする。

 

「好きなことばかりしてたら、収入が減ってしまう」と思う方がいるかもしれません。

 

でも、いまは好きなことでお金が稼げる時代なんです。

好きなことにひたすら没頭すれば、それはいつか仕事になります。

まだわからないという人には「ウサイン・ボルトを見習え」と言いたい。100メートルをいかに速く走れるかは、実社会ではまったく役に立たないスキルだ。

(中略)しかし、彼は世界中で人気があり、高収入だ。(中略)つまり、この代替不可能性に人は熱狂し、価値を見出しているのだ。

引用:10年後の仕事図鑑

 

この代替不可能な価値の作り方についてはこのように書いてあります。

  • 好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす
  • 好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す

引用:10年後の仕事図鑑

 

「好きなことで食っていく」と言えば「プロスポーツ選手」ですよね。

この「プロスポーツ選手になる」のはかなり厳しいのが現実。

「プロサッカー選手になる」ことは東京大学に合格することよりも難しいと言われるくらいです。

 

なので、一般人のぼくたちは「好きなことを3つ掛け合わせる」という方法で差別化を図りましょう。

「100人中1番のモノ」を3つ掛け合わせれば、それは100万分の1の存在になれるってわけですね。

例えば、「英語×投資家×税理士」であれば、英語が話せる資産運用に強い税理士となり、普通の税理士よりも圧倒的に価値が高まります

 

実際に、ぼくの知り合いに「プロブロガーかつプロゲーマーで奥さんがフィンランド人」というスーパーな方がいます。

この組み合わせはおそらく日本でただ一人ですね。

つまり、彼自体が代替不可能な存在なんです

案の定、彼はたくさんのスポンサーに支えられ十分な収入を得ています。

 

まずは自分の好きなこと得意なことを洗い出してみましょう。

3つ掛け合わせて自分にしかできないことがないかを考えてみるのです。

 

3:10年後になくなる仕事はこちら

「そんなこといいから早くなくなる仕事を教えてくれ!」という方のために、この本に書かれていた「10年後になくなる仕事」を3つだけご紹介します。

まずは、事務職。

  そして、公務員。

最後に、我らが銀行員。

 

当記事でお見せできるのはここまでです。

この他にもまだまだ10年後になくなる仕事は載っているので、残りは実際に買ってからご自分で確認してください。

 

「10年後の仕事図鑑」を読んで仕事の不安を解消しよう

あなたはこれからなくなってしまう仕事をしていませんか?

この本では「AIに奪われる仕事」の他に「これから伸びる仕事」「これからのお金のこと」なども詳しく解説されています。

いまやっている仕事に不安のある方はぜひとも読んでみてください。

 

会社員を辞める前に準備すべきお金のことはこちらの記事に書いています。

会社員からフリーランスへ!サラリーマンを辞める前に準備すべきお金の話。

2018.07.08

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。