あんちゃ本「アソビくるう人生をきみに。」は悩めるサラリーマン必読!

きたしょー
銀行員を辞めてフリーランスになるなんてすごいですね!とよく言われるきたしょー(@KitamuraShohei)です

 

「どうして銀行を辞める決断ができたんですか?」

 

銀行を辞めるときに、この手の質問をたくさんの同僚たちから受けました。

 

ぼくは1年前まで銀行を辞めるなんて考えたこともありませんでした

当時は銀行で働き続けるつもりだったので銀行で生き残るために資格を取りまくっていたくらいです。

銀行で出世するために月1で試験を受けていて、朝6時に起きて勉強、通勤しながらスマホで勉強、仕事が終わってから勉強という受験生並みの日々を過ごしていました。

 

そんなぼくがなぜ銀行を辞めることができたのか?

 

それはクソマジメゲスブロガーあんちゃさんから背中を押してもらったからです。

 

2018年1月、人生に悩んでいたぼくは銀行員以外の人に会ってみようと思い、長崎で開催されたあんちゃ出版記念トークイベントに参加しました。

そこで脱サラしてブログで生計を立てているあんちゃさんに初めて会いました。

会った印象としては、いたってフツーのかわいい女の子。

でも、ブログで会社員の10倍以上は稼いでいるんです

 

「26歳でこの収入はすごい!」と思うと同時に、「あんちゃさんもブログで稼いでるなら、ぼくにもできるんじゃないか?」と根拠のない自信が生まれました。

 

ぼくが銀行を辞めることができたのはあんちゃさんから勇気をもらったからなんですよね

 

ぼくもいつかあんちゃさんみたいに悩めるサラリーマンの背中を押せるような存在になりたい。

フリーランスとして成功すれば、ぼくがあんちゃさんに背中を押してもらったように、サラリーマンの背中を押せるかもしれない

そんな想いでいまはブログを書いています。

 

本記事ではこれからの人生に悩むサラリーマンに向けてあんちゃさんの著書「アソビくるう人生をきみに。」の中から勇気が出る言葉を3つご紹介します。

あと一歩が踏み出せないあなたの背中を押してくれる本です。

あんちゃさんが魂を込めて作った本なので、ぜひ手にとって読んでください。

あんちゃ本「アソビくるう人生をきみに。」は人生に悩めるサラリーマン必読!

きたしょー
「アソビくるう人生をきみに。」を読めば、きみの人生もアソビくるうこと間違いなしだ!

あんちゃ本「アソビくるう人生をきみに。」名言1:好きじゃない仕事、いつまで続けるの?

それは、社会人2年目の出来事でした。その日、私はいつも通り、目覚まし時計の音で目を覚ましました。「あー、朝かぁ。会社に行く準備しなきゃ」と思ったとたん、突然涙がポロポロこぼれ落ちたのです。(中略)そのとき、初めて自分はこんなにも「会社で働く」のが嫌なんだと気づきました

引用:アソビくるう人生をきみに。

ぼくも毎朝銀行に通勤するのが嫌でした。

日曜日のサザエさんを見ると「ついに明日は月曜日かぁ〜」といつも憂鬱な気分になっていました。

仕事で罵声を浴びさせられて胃が痛くなったり、過呼吸気味にもなりました

 

もし、あなたが本当は辞めたいのに無理して仕事を続けているんだったら、ぼくは辞めていいと思います

身体に嘘をついて働き続けるといつか身体を壊してしまいます。

身体を壊してしまえば、働くどころか満足な生活を送ることもできなくなってしまいます。

嫌な仕事は辞めていいんです。

 

日本は若者の人口が減っていて、企業は人手不足なので就職先なんて山ほどあるんですよね

ましてや、あんちゃさんみたいにブログで稼ぐという手段もある。

だから、嫌なことを我慢して仕事を続ける必要なんて1ミリもないんです。

 

あなたは好きじゃない仕事、いつまで続けますか?

 

あんちゃ本「アソビくるう人生をきみに。」名言2:自分の人生、自分で決めてよくね?

私は「出張なんでも相談」というサービスをやってて、よく同年代の方から相談を受けることがあります。そこでよく聞くのが、「会社辞めたいんですけど、上司に止められたから」っていう悩みです。(中略)何が自分にとって大事なのか」は自分にしか分からないのに、人生の決断を他人の意見で決めるのはあまりにも自分の人生に無責任なんじゃないかと思うんです

引用:アソビくるう人生をきみに。

あなたは自分の意思で決断してますか?

 

日本人って他人の目を気にする人があまりにも多いんですよね。

  • やりたいことあるけど、親から反対される
  • 仕事を辞めたら、世間体が悪くなる
  • 30歳までに結婚しないと恥ずかしい

 

よく考えてみてください。

あなたが他人の目を気にして他人の意見を優先させたとして、他人はあなたの人生に責任を持ってくれるんですか?

 

他人があなたの人生に責任を持ってくれるわけないですよね。

親でさえも責任は持ってくれないのに

 

だから、本当にやりたいことがあるなら、他人の目は気にせずにやるべきです。

あなたは他人の人生を歩んでいるわけではありません。

あなたはあなた自身の人生を歩んでいます。

あなたの人生だから、これからどうするかは自分で決めるのです

 

他人の意見に左右され、他人への迷惑を優先した決断は近い将来あなたを後悔させるでしょう

 

「あのとき自分の気持ちに素直に従って決断すればよかった」と。

 

ぼくは自分の気持ちに正直に生きていかないと死ぬ前に絶対後悔すると思ったので銀行を辞めました。

なにかを決断するとき、世間体や他人の意見は気にしないでください

本当に自分がやりたいことに向き合ってほしいんです。

じゃないと後悔してしまいます。

 

あなたの人生はあなた自身で決めましょうよ

 

あんちゃ本「アソビくるう人生をきみに。」名言その3:失敗したら死ぬと思う?

「もし会社を辞めて失敗したら、死ぬと思う?」この一言に、私はハッとしました。そうだ、失敗してもこの日本という国で死ぬってことはない。いくらでもアルバイトすればお金は稼げるし、再就職することもできるはず。ご飯にありつけないなんてことは、きっとないだろう。そう思うと、「私は何に不安になっていたんだ・・・?」となったんです。

引用:アソビくるう人生をきみに。

ぼくもこれからの人生に悩むサラリーマンに問いたい。

 

会社を辞めて、失敗したら死ぬと思いますか?

 

正直、ぼくも銀行を辞めるのは不安でいっぱいでした。

  • お金がなくなったらどうしよう?
  • ご飯が食べれなくなったらどうしよう?
  • 失敗したらどうしよう?

 

でも、冷静になって考えてみてください。

お金がなくなったら、アルバイトすればいいじゃないですか。

借金まみれになって自己破産したとしても、債務整理してまた働けばいい。

最悪、生活保護だってありますよね。

 

日本って幸せな国で、失敗しても普通に生きていける仕組みになっているんです

「失敗してもいい。人生一度きりだからチャレンジしよう」と思えるかどうか

ここを突き抜けてしまえば、あなたはなんでもできるのです。

「アソビくるう人生をきみに。」を読んで悩めるサラリーマンは背中を押してもらおう

ぼくはあんちゃさんに背中を押してもらったおかげで銀行を辞めることができました。

ブロガーという働き方も知ることができて、まさに人生の転機でした。

 

「これからの人生をどうしよう?」と悩むサラリーマンには「アソビくるう人生をきみに。」をぜひ読んでほしいです

きっと、あなたの背中を押してくれると思います。

きたしょー
人生に悩んだときは誰かに背中を押してもらうのが一番!だったら、この本を読むしかない!

 

〜あんちゃさんを応援したい方はこちらへ!〜

 

あんちゃさんのセミナーレポート記事も読んでみてください。

ヤるサロンルーキー合宿 vol.1 あんちゃの辛口ブログ飯講座

2018-04-23

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員Webエンジニアブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「プログラミング・働き方・お金」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマに運営中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。Web制作のお仕事絶賛大募集中!!!