DAWN(ドーン)とは?噂のプログラミング学習サービスで勉強した感想

きたしょー
前職は銀行で5年勤務、現在はフリーランスエンジニアのきたしょーです。

  • Twitter:フォロワー1.6万人
  • プログラミング:最高月140万円
まさる
  • DAWNについて詳しく知りたい
  • DAWNで学べるプログラミング言語は?
  • DAWNを学習したらどんなレベルなれる?
  • DAWNのメリットデメリットは?
  • DAWNはどんな人に向いてる?

と疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事を書きました。

 

本記事を読めば、オンラインプログラミング学習サービス「DAWN」の全容を理解することができます

 

筆者のぼくはDAWNを運営しているH.R.I株式会社に勤務している現役フリーランスエンジニアです。

H.R.I株式会社には2020年12月からジョインし、現在は開発チームの一員として自社サービスであるDAWNの開発に携わっています

 

今回はDAWNのより詳細な情報をお伝えするべく、実際にぼく自身で全てのカリキュラムに取り組みました。

「DAWNって実際どうなの?」と少しでも気になっている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

▼無料登録&アンケート回答で豪華特典アリ▼

DAWN(ドーン)の特徴

DAWNとは、H.R.I株式会社が運営している初心者向けのオンラインプログラミング学習サービスです。

2020年9月に社内利用していた未経験者向けエンジニア研修カリキュラムを無料で一般公開しました。

 

基本的に全てのカリキュラムを無料で使うことができます

これまでにDAWNを学習して未経験からエンジニアになった人は数百名以上

 

完全無料とはいえカリキュラム内容としては有料級ですよ。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

DAWNで学べるプログラミング言語

現在のDAWNにはフロントエンドコースとサーバーサイドコースの2種類のコースがあります。

 

フロントエンドコースでは、主に1枚もののランディングページを作りながら学習していきます。

フロントエンドコースで学べる言語&スキル

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • XAMPP / MAMP
  • Visual Studio Code

 

サーバーサイドコースでは、主に簡易SNSアプリを作りながらバックエンド側のスキルを習得していきます。

サーバーサイドコースで学べる言語&スキル

  • PHP
  • Laravel
  • MySQL
  • Linux / Unix
  • XAMPP / MAMP
  • Visual Studio Code
  • Vagrant

 

DAWNではフロントエンドからバックエンドまで幅広いスキルを習得することが可能です

 

DAWNを学習することで到達できるレベル

本記事執筆にあたり、DAWNで一通り学習しましたが、サイト制作やアプリ開発するための基礎スキルは十分に身に付くと感じました

 

DAWNをやり切れば、以下のレベルに到達可能です。

  • 未経験からエンジニア転職できるレベル
  • ゼロからサイト制作にチャレンジできるレベル
  • 簡易なオリジナルアプリを開発できるレベル

 

自分でゼロからサイト制作やアプリ開発する際にこれからどうやって作っていけばいいのかざっくりとイメージできるレベルにはなれると思います

 

「えぇ、DAWNで勉強しても現場で即通用するスキルは身に付かないの?」と思われた方。

 

言っときますが、この世に即戦力級のスキルが身に付くオンラインプログラミング学習サービスはありません。

 

いくらProgateで勉強しようが、ドットインストールで動画学習しようが、実際の現場では赤ちゃん扱いです

結局、現場で通用するスキルは現場で身をもって体験して身に付けるしかないんですよね。

 

まとめると、DAWNで学習すれば、未経験からエンジニア転職するための最低限のスキルは身に付きます

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

DAWNのメリット5つ

続いて、実際にぼくがDAWNを利用して感じたメリットを5つ解説していきます。

初心者にとってはメリット盛りだくさんなので、ぜひこの機会に使ってもらえると嬉しいです。

 

DAWNのメリット5つ

  1. カリキュラムが丁寧で分かりやすい
  2. 課題があるので知識が定着しやすい
  3. 成果物が複数作れる
  4. オリジナルの成果物にも転用しやすい
  5. 【有料】現役エンジニアに質問できる【今後実装予定】

1:カリキュラムが丁寧で分かりやすい

DAWNは社内研修用のカリキュラムとして使用されてるだけあって、内容が丁寧にまとめられていて分かりやすかったです

 

  • プログラミングスキルを習得したらどうなる?
  • IT・WEB業界に関する基礎知識について
  • ホームページを作る意味ってなに?

 

このようにいきなりコードを書くのではなく、まずは全体像から丁寧に解説してくれます

突然、難しいIT用語が出てきてチンプンカンプンになることもまずありません。

 

未経験者でも挫折せずに学習できるような配慮が十分になされてると感じました。

 

2:課題があるので知識が定着しやすい

DAWNは定期的に課題が設けられておりアウトプットする機会が多いので知識が定着しやすいです。

結局、プログラミングって自分の頭で考えて手を動かして初めてスキルが身に付くんですよね

 

以下の学習定着率を表すラーニングピラミッドを見てください。

 

インプットのみの「読書」の知識定着率は10%に対し、インプットした後にアウトプットする「練習」の定着率は75%にもなります。

つまり、プログラミング学習において参考書を読書してもスキルはほぼ身に付かないってことです

 

DAWNでは課題という形でアウトプット機会が定期的にあるので、参考書よりも断然スキルアップしやすいですよ。

 

3:成果物が複数作れる

DAWNのカリキュラムは成果物を作りながら学んでいくスタイルなので、カリキュラム通りに進めるだけで複数の成果物を作ることができます

 

DAWNで作れる成果物

  • 1枚もののランディングページ
  • CRUD機能をベースとしたユーザー管理ページ
  • 簡易SNSアプリ

 

正直、教材に載ってるコードを書き写しながら作る成果物は対外的なポートフォリオとしての価値は低いです。

ですが、制作実績ゼロよりは100倍マシですよね

 

いまは数多くのオンラインプログラミング学習サービスがありますが、成果物を作りながら学べる学習サイトはDAWNくらいかなと思います。

 

4:オリジナルの成果物にも転用しやすい

DAWNのカリキュラムで作った成果物があれば、オリジナルの成果物も作りやすいです。

例えば、DAWNで作ったサイトをベースにゼロからオリジナルのサイトを作るとかですね

特にエンジニア転職ではオリジナルの制作実績があると自走力があると評価されて有利に働きますよ。

 

5:【有料】現役エンジニアに質問できる【今後実装予定】

今後の話になりますが、DAWNでは有料で現役エンジニアに質問できる機能を実装予定です。

カリキュラムの最中に分からないことがあったら、プロのエンジニアに助けを求めることができます

Progateやドットインストールにはない機能なので、とても楽しみですね。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

DAWNのデメリット3つ

続いて、実際にDAWNを利用して感じたデメリットをお伝えします。

良いところだけでなく悪いところもズバズバと言っていきますよ。

 

DAWNのデメリット3つ

  1. 学習に時間がかかるので挫折しやすい
  2. テキストベースなので面白みにかける
  3. サーバーサイドコースは難易度が高め

1:学習に時間がかかるので挫折しやすい

DAWNはカリキュラムを修了するまでに時間がかかるので、受講者の中には挫折する人もいるかもしれません

なぜそんなにもカリキュラムがボリューミーなのかというと、DAWNは元々社内研修用のカリキュラムとして作られているからです。

 

学習時間の目安

  • フロントエンドコース:120時間
  • サーバーサイドコース:150時間

 

正直、1コースあたり100時間超えは長いかなと思います。

カリキュラムが長いと達成感が得られないので、どうしても途中で飽きてしまいやすいです。

 

ただ、内容としては未経験からエンジニア転職できるスキルが身に付くほどに充実しています

なんとか最後まで頑張って欲しいです…!

 

今後カリキュラムについては社外ユーザー向けにリニューアルする予定なので、今後の改善に期待しましょう

 

2:テキストベースなので面白みにかける

DAWNはテキストベースなので、初心者にとっては面白みに欠けるかなと思いました

Progateのようなスライドはないですし、ドットインストールのような動画もありません。

 

基本的にテキストを読んでコードを書いてパソコンの画面で動きを確認するという流れで学習していきます

とはいえ、カリキュラム通りに進めていけば、Progateのようにコードを書いた結果をすぐにパソコンの画面で見れます。

 

Progateほどではないですが、初心者の方でも楽しく勉強できると思います。

 

3:サーバーサイドコースは難易度が高め

DAWNのサーバーサイドコースは初心者にとっては難易度が高いかもしれません。

HTML/CSSのようなフロントエンド側の技術は初心者でも取っ付きやすいんですが、やはりJavaScript/PHPのようなバックエンド側の技術は理解し難い内容も多いです

 

ちなみに、ぼくはJavaScriptやPHPでの開発経験がありますので、良い復習になりました。

ぼくの経験上、どの教材で勉強しようがバックエンド系の言語はフロントエンド系の言語より難易度が上がります

 

どんな教材で勉強しようがサーバーサイドは難しめなので、DAWNでも腰を据えて学習する必要があると思います。

 

DAWNには向き不向きがある

以上、DAWNのメリットデメリットを踏まえてうえで向いてる人と向いてない人を整理したいと思います。

あなたがいまDAWNを学習すべきなのかどうかの判断材料にしてみてください。

 

1:DAWNに向いてる人

  • Progateの次に何をやればいいか分からない人
  • Progateの道場コースでつまずいた人
  • サイト模写でつまずいた人
  • 制作実績を複数作りたい人
  • WEB制作で稼ぎたい人
  • サーバーサイドの理解を深めたい人

DAWNは特にProgateの次になにをやればいいのか分からない人に向いてます

Progateはプログラミングを勉強することがメインなのに対し、DAWNでは実際にサイトを作りながら学ぶことができます。

 

ぼく個人的には、Progateが終わったらサイトを写経してサイト制作の流れを体験してみるのが良い学習手順だと思っています。

なので、DAWNはProgateがある程度終わった人に最適なプログラミング学習サービスと言えます

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

2:DAWNが向いてない人

  • サイト模写ができる人
  • Adobeのデザインデータをコーディングできる人
  • 自分でゼロからサイト制作できる人

当然ですが、DAWNは初心者向けのプログラミング学習サービスです。

ある程度コーディングができる人はDAWNをやる必要はないと思います。

 

DAWNでの学習効率を最大化する方法5つ

これからDAWNでの学習効率を最大化する方法を5つお伝えします。

以下の5つをやるだけで学習効率が2〜3倍は変わってくること間違いなしですよ。

 

DAWNでの学習効率を最大化する方法5つ

  1. コードは必ず自分の手で書く
  2. 書いたコードに手を加える
  3. コードは暗記しようとしない
  4. 解説が分かりにくかったら必ずググる
  5. 隙間時間で復習する

1:コードは必ず自分の手で書く

DAWNで学習する際は必ず自分の手でコードを書きましょう。

カリキュラムには文章の解説と共にソースコードも載ってますが、それをコピペして終わりにするのだけは絶対にNGです

 

ソースコードをコピペしてサイトを完成させれば、頭では理解したつもりになるんですが、実際スキルは身に付いていません。

結局、プログラミングは分からないながらも自分でググりながらコードを書いていく過程が一番成長します

 

ソースコードはコピペせずに必ず自分の手でコードを書き写すようにしてください。

 

2:書いたコードに手を加える

DAWNカリキュラム内のソースコードを書き写したら、次は書いたコードに手を加えます。

書いたコードをいじることで「このコードを書けば、パソコンの画面ではこう表示される」とコードとブラウザの関係性が理解できるんですよね

 

  • HTMLに新しいコードを追加してみる
  • CSSプロパティ名を変更してみる
  • CSSプロパティの値を変更してみる

 

こんな感じで書いたコードは必ずいじるようにしてください。

 

3:コードは暗記しようとしない

DAWNでは次から次に初めて見るコードが出てきますが、コードを暗記する必要はないですよ。

なぜなら、コードの意味はググれば出てくるからです

 

日本人は受験勉強の影響で「勉強=暗記」という固定観念が染み付いています。

なので、ついついコードを暗記しようとしてしまいます。

 

ですが、プログラミングは受験勉強とは違っていつでもカンニングOKなので、暗記する意味がありません

それに何度も何度も同じコードを目にしていれば、嫌でも身体が覚えます。

 

プログラミング学習において暗記作業は一切不要です。

 

4:解説が分かりにくかったら必ずググる

DAWNのカリキュラムで分かりにくい解説があったら、その場でググるを徹底しましょう。

分からない」をそのままにしてはいけません

 

たしかに、「ググる時間がもったいない!早くカリキュラムを終わらせたい…!」という気持ちも分かります。

 

しかし、エンジニアにとってググることは立派な仕事なんですよね。

現役エンジニアは業務を遂行するために就業時間の半分以上はググってると言われているくらいです

 

DAWNは初心者向けに丁寧に解説されてるとはいえ、たまに解説が理解しにくい箇所もあります。

そんなときは必ずググるようにしてください。

 

5:隙間時間で復習する

DAWNはスマホで閲覧できるので、隙間時間で復習すると学習効率が高まりますよ。

  • 通勤中
  • 休憩中
  • トイレ中
  • 移動中

 

これらの隙間時間を合わせれば、1日1〜3時間は学習時間を確保できると思います。

 

エビングハウスの忘却曲線によると、人間は勉強しても1日後には67%も忘れるんですよね

 

しかし、勉強後24時間以内に10分間の復習をすると、記憶率はなんと100%復活するんです。

 

つまり、定期的な復習が大事ってこと

 

DAWNで学習した翌日は隙間時間で前日学習した内容を復習すると効率的にスキルアップできますね。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

DAWNに関するQ&A5つ

最後にDAWNに関するよくある質問5つに答えていきますね。

 

DAWNに関するQ&A5つ

  1. DAWNを受講したら副業で稼げるようになる?
  2. DAWNを受講したらエンジニア転職できる?
  3. DAWNとProgateはどっちがおすすめ?
  4. DAWNとドットインストールはどっちがおすすめ?
  5. DAWNの次はなにを勉強すればいい?

1:DAWNを受講したら副業で稼げるようになる?

正直、難しいですね。

理由としては、DAWNは写経がメインのカリキュラムだからです

写経とは?
ソースコードを見ながらコーディングすること。

 

プログラミングでお金を稼ぐには自分でゼロからサイト制作できるスキルが必須です

副業で稼ぎたいなら、DAWNで一通り学習した後にオリジナルのポートフォリオサイトを作る必要があると思います。

 

2:DAWNを受講したらエンジニア転職できる?

できます。

実際に社内研修用DAWNで学んで未経験からエンジニアになった人が数百名以上います

より高みを目指すのであれば、DAWN学習後にオリジナルのポートフォリオを作ってさらに学習を進めていくといいでしょう。

とにかく未経験からエンジニア転職したいのであれば、DAWNだけでも十分です

 

3:DAWNとProgateはどっちがおすすめ?

まずはProgateがおすすめです

  1. Progateでプログラミングを一通り体験する
  2. DAWNで本格的にプログラミング学習する

ぼくがいまからプログラミングを始めるなら、上記の流れで学習を進めますね。

 

4:DAWNとドットインストールはどっちがおすすめ?

DAWNがおすすめです。

たしかに、ドットインストールは動画が初心者にも大変分かりやすいので、個人的にもおすすめしています。

 

しかし、ドットインストールは最適な学習手順に沿って学習できるわけではありません

あくまでも自分が学びたい内容の動画をスポットで検索して見る形になります。

最適な学習手順を理解している人であれば、それでもOKですが、学習手順が曖昧な人にとってはどの動画から学習していけばいいのか分かりません。

 

一方、DAWNはカリキュラムが体系的に順序立てて作られています。

フロントエンドとバックエンドそれぞれの適切な学習手順で学ぶことができるので、自分にとっての最適な学習手順を理解できてない方でも安心して受講することができますよ

 

5:DAWNの次はなにを勉強すればいい?

DAWNで作った成果物をベースにゼロからオリジナルのポートフォリオを作るといいですよ

転職活動では、オリジナルのポートフォリオがあった方が有利ですからね。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

 

まずはDAWNを無料登録して勉強してみよう

以上、DAWNについて詳しく解説してきました。

とにもかくにもまずは会員登録して使ってみるといいですよ

 

DAWNは完全無料で全カリキュラムを使用することができます。

会員登録も30秒ほどで終わりますし、登録後に変な勧誘メールが来ることもありません

 

いまのIT業界は人手不足なので、未経験者でもプログラミングスキルを身に付けて実務経験を積めば、すぐに市場価値の高い人材になれます。

1〜2年実務経験を積んでフリーランスエンジニアになれば、月収50~60万円以上を目指すことも十分に可能です

 

もちろん本人の努力次第ではありますが、IT業界自体が伸びていますので、再現性は高いです。

 

  • 週5勤務→週3〜4勤務
  • 会社に通勤→毎日リモートワーク
  • 給料20万円→最高売上120万円

 

こんな感じで、ぼくもプログラミングを学んで、割と人生が変わりました。

 

ぼくが未経験からエンジニアになって感じるのは、プログラミングは凡人が人生を逆転するための最強のツールってことです

あなたの目標がエンジニア転職するにしても、副業やフリーで月10万円稼ぐにしても、まずはプログラミングを学ぶことから全ては始まります。

 

プログラミングは3〜6ヶ月本気で取り組めば、エンジニア転職できるレベルには十分になれます。

 

結局、やるかやらないか。

 

ただそれだけです。

 

ぜひこの機会にDAWNで人生を変えるためのプログラミング学習をスタートさせましょう。

 

▼30秒で無料登録&ずっと無料で使える▼

ABOUTこの記事を書いた人

当ブログ《きたらいふ》を運営している30歳男子。1990年生まれ。長崎県長崎市出身。新卒入社した銀行で丸5年で働いた後、完全未経験からプログラミング学習開始。1年で月120万円を達成。最高月140万円。現在はWEB制作フリーランスとして活動中。“朝活×プログラミング“で人生逆転!朝もくサロン主宰。会員数200名超。Twitterフォロワー16,000人超。人生は努力と継続で切り拓け。