人生最大の後悔は高校時代に真剣にサッカーと向き合わなかったこと。

こんにちは。

元銀行員ブロガーのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

あなたはこれまでに後悔をしたことがありますか?

 

「あのとき〇〇しておけばよかった」「なんであんなことしてしまったんだ」ときっとだれもが後悔した経験があると思います

ぼくもこれまでに何度も後悔してきました。

悔して悔しくて「もう絶対に後悔しないぞ!」と自分を追い詰めた時期もありました。

数ある後悔の中で人生最大の後悔は高校時代に真剣にサッカーと向き合わなかったことです。

 

ぼくのサッカー人生の話になりますが、よかったら読んでもらえると嬉しいです。

滑石サッカースポーツ少年団でサッカーを始める

ぼくは小学校3年生からサッカーを本格的に始めました。

父親がサッカーをしていた経験から2つ年下の弟と一緒に滑石サッカースポーツ少年団に入部。

5年生の頃には市選抜に選ばれるレベルの選手になってました

小さい頃からプールの壁に向かってボールを蹴るのが好きだったおかげでロングキックが得意でした。

 

南山中学校サッカー部に入部

滑石小学校を卒業する直前にたまたま南山中学校サッカー部からお声がかかり、南山中学校に進学しました。

もっとレベルの高いチームでサッカーをしたかったので、いま思えばグッドタイミングでした。

南山中学校サッカー部はいまでこそ中総体で全国常連ですが、当時は頑張って県大会ベスト16くらい。

週6で毎日ボールが見えなくなるまで練習、週に1度のオフは2時間みっちりミーティング、夏休みは毎日2部練習するなどサッカー漬けの中学時代でした

センターバックからロングキックでアシストするのが得意でした

 

アビスパ福岡ユース(U-18)に合格して香住丘高校に進学

南山中学校は中高一貫校のため通常であれば南山高校に進学します。

しかし、ぼくはもっと強いチームでサッカーをしたかったので、Jリーグのユースチームのセレクションいくつか受けました。

すると、運よくアビスパ福岡ユースに合格。

香住丘高校に通いながら、アビスパ福岡ユースのチームメイトと一緒に寮生活を送ることになりました

 

ぼくは高校時代からプロサッカー選手を意識し始めたと思います。

Jクラブのユースチームだけあって、グランドは人工芝、室内トレーニングルーム完備、コーチは元プロサッカー選手など、プロサッカー選手を目指すための環境は完璧でした

チームメイトも元U-15日本代表や九州選抜クラスの選手がゴロゴロいてハイレベル。

ぼくよりもレベルは格上の選手ばかりでしたね。

 

しかし、当時16歳のぼくはプロサッカーチームの下部組織という恵まれた環境に完全に甘えていました。

アビスパ福岡ユースに合格して満足してしまっていたんです

練習では監督やコーチの言われた通りにしかやらず、自ら積極的にアドバイスを求めたりすることも少なく、自主練習なんてほとんどしたことありませんでした。

言ってしまえば、与えられたことをただこなすだけの指示待ち人間でした

 

そんな低い意識ではチームメイトとのレギュラー争いに勝てるわけもなく、ましてやプロサッカー選手など夢のまた夢でした。

結局、目立った活躍をすることができずに高校3年生の夏には引退することになりました。

長崎大学に進学して人生最大の後悔を経験する

高校3年生から本格的に受験勉強に取り組み、無事に長崎大学に進学することができました。

そして、長崎大学サッカー部に入部。

 

そこで、衝撃の光景を目の当たりにしました。

 

サッカーは11人でするスポーツなのに、部員が9人ほどしかいなかったんです

毎日指導してくれるコーチはいないし、グランドも土で専用の室内トレーニングルームもありませんでした。

部室はゴミだらけで足の踏み場もなく、サッカーで一番大事なスパイクが散乱している悲惨な状況。

部員のサッカーに対する意識も低く、練習をズル休みするのは当たり前で練習に遅れてくるのはまだマシな方でした。

 

はっきり言って、廃部寸前でした

というか、「もう潰した方がいいんじゃないか」と思うくらい。

 

しかし、ぼくはあることに心を打たれ、「長崎大学サッカー部でもう一度サッカーを突き詰めて頑張ろう!」と決意することになります。

 

それは廃部寸前にもかかわらず、毎日練習前に自主練習して、練習も全力で取り組み、練習後も日が暮れるまで自主練習している先輩たちがいたことでした

 

最初は「なんで廃部寸前なのに先輩たちはこんなに一生懸命練習するんだろう?」と疑問に思ってました。

別にいまからどんなにサッカーが上手くなってもプロサッカー選手になれるわけじゃないのに・・・。

 

でも、そんな熱心な先輩たちと一緒に練習していくうちに、一生懸命サッカーの練習をする意味が分かりました。

先輩たちは単純にサッカーが上手くなって、試合に勝ちたかったんです。

ただそれだけでした。

 

チームは廃部寸前で環境も全然整ってないのに、ここまで熱心にサッカーに打ち込んでいる先輩たちの姿を見て、ぼくは感銘を受けると同時に人生最大の後悔を経験しました。

 

「なんであんなにも環境が良かった高校時代にもっと真剣にサッカーと向き合ってこなかったんだ」と

 

どんな環境であろうと貪欲にサッカーに向き合ってる先輩たちを見て本当に申し訳なくなりました。

先輩たちは廃部寸前でも一生懸命サッカーしてるのに、「なぜぼくは素晴らしい環境だったアビスパ福岡ユースのときにもっと真剣にサッカーと向き合わなかったんだ」と何度も何度も自分を責めました

 

本当に死ぬほど後悔しました。

 

高校時代に長崎大学サッカー部の先輩のように毎日サッカーと向き合って練習していたら、もしかしたらプロサッカー選手になれてたかもしれない

そう思うと悔やんでも悔やみきれませんでした。

 

人生最大の後悔を経験して以来、ぼくは高校時代に戻って綺麗な人工芝でプレーしている夢を何度も見ました。

当時は心の奥底で「あのときに戻ってくれ!」と真剣に願うほどに後悔してたんだと思います。

 

これがぼくの人生最大の後悔です。

 

高校サッカー時代の後悔を糧に長崎大学では真剣にサッカーに取り組んだ

ぼくは高校時代の後悔のお陰で長崎大学では毎日真剣に自分と向き合ってサッカーに取り組むことができました

同じ後悔は二度としたくなかったので、これ以上ないくらいにサッカーに打ち込みました。

 

指導してくれるコーチがいなかったので、トレーニングメニューから戦術まで全部自分で考えてプレーする選手兼コーチ的な立ち位置でチームを率いました。

いま考えると、大学時代の恵まれない環境のお陰で「自分で考えて取り組む」という自分の良さが身についたんじゃないかなと思います。

 

毎日全力でサッカーに取り組んだ結果、ぼくが4年生になる頃には長崎大学サッカー部の部員は40名超になり、最終的には九州大学3部リーグから2部リーグに昇格させて引退することができました

長崎大学全学サッカー部での最後の試合での集合写真

ぼくは自分の能力に限界を感じるまでサッカーに打ち込んできたので、いまはサッカーに対する未練はないし、あの頃に戻りたいという想いもありません。

本当にやりきったという感じです。

 

サッカーを辞めて後悔はしていない!あなたは真剣に自分と向き合っているか?

アビスパ福岡ユース時代の集合写真

ぼくはアビスパ福岡ユース時代を後悔していましたが、長崎大学でサッカーを思う存分やりきったのでいまは全く後悔していません

 

あなたは真剣に自分と向き合っていますか?

 

この質問に対するあなたの答えが「No」であるならば、いつか後悔することになるかもしれません。

 

「あのとき、もっと一生懸命やっていればよかった」と

 

ぼくはこの後悔を長崎大学1年生の頃にしたので、もうこれからの人生で同じことを繰り返しません。

だから、ぼくは毎日全力で生きるし、やりたいことをいまこの瞬間にやります。

 

ありきたりの言葉ですが、本当に人生は一度きりなんです。

歳をとって「あのとき〇〇すれば良かった」と後悔しても、あの頃に戻ることはできません

将来の不安や過去の後悔などがあるかもしれませんが、人生を楽しむことができるのは「いま」しかないのです。

いまを全力で生きましょう。

 

これからの人生で後悔をしたくないならこちらの記事を読んでみてください。

いまのあなたがあるのは未来に原因がある。後悔しない生き方をするには過去を振り返りすぎないこと。

2018-05-15

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員Webエンジニアブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「プログラミング・働き方・お金」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマに運営中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。Web制作のお仕事絶賛大募集中!!!