無駄遣いを減らしたいなら「お金の5つの使い方」を覚えるべし。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

無駄遣いが少ないきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

あなたは毎日なんとなくお金を使っていませんか?

 

なんとなく飲み会に参加してはお金を散財させ、店員さんの話術に乗せられては必要のない洋服を買ってしまう。

ぼくも昔はよく無駄遣いをしていました。

カッコ良さそうだからという理由だけで、必要もないポール・スミスの洋服をよく買ってましたね。

結局、一度も着ることなく押入れの中に眠ったままの洋服もいくつかあります。あぁ〜、もったいない。笑

 

しかし、こんなぼくでも「お金の5つの使い方」を知ってからは、明らかに無駄遣いが減ったんです。

なので、今回は無駄遣いを減らしたいあなたのために「お金の5つの使い方」をお伝えします。

 

 

お金の5つの使い方

1:貯金

お金の本来の機能のひとつである「保存」を生かした使い方です。

 

お金の本来の機能について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

日本では「給料が入ったら、毎月3万円は貯金する」などと決めて貯金している人が多いですよね。

 

しかし、現在の日本で貯金をするということは「貯めているつもりでも減っている」ことを知っていますか?

 

いまの日本のインフレ率(物価上昇率)は約1.5%です。

もし、物価が2倍になったら、お金の価値は半分になります。

つまり、これまで100円で買えたモノが200円出さないと買えなくなるってこと。

ということは、あなたが預けるお金は1.5%を超える金利でなければ、常に目減りしていることになるんです。

 

いまの日本の銀行の預金金利は0.01%ですよ?

100万預けて、100円の利子が付いても、税金が引かれて手取りは80円。さらに、時間外にATMを利用すればマイナスです。

 

なのに、日本人が銀行にお金を預けるのは安心したいから。

日本人って貯金が本当に大好きなんですよね。

なぜなら、小さい頃から「貯金をしなさい」と言われたからです。

 

実は、貯金って日本政府が戦後復興のための資金を集めるために日本国民に推奨したものなんですよ。

「貯金しなさい」と洗脳された親たちがその子供にも「貯金しなさい」と洗脳してきたのです。

そして、ほとんどの日本国民が貯金大好きになってしまった結果、日本のお金の巡りが悪くなり、不景気になってしまってるんです。

 

貯金にはこのような背景があるんですね。

 

上手に貯金する方法を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

2:消費

消費とは「使ったお金=価値」ということです。

日々生活していくうえで欠かせないモノの購入や使用料などのこと。

 

家賃、食費、交通通信費、水道光熱費、移動費、消耗品費などが消費にあたります。

 

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

3:投資

投資とは「使ったお金<価値」ということです。

文字だけ見ると、資金を投げると見えるのでギャンブルかなと思ってしまうかもしれないのですが、もちろん違います。笑

投資の言葉の概念は「価値を生み出し、価値が上がる「資産」とお金を交換する」ということです。

 

例えば、投資には以下のようなことが当てはまります。

・自分の能力やスキルを上げるためにセミナーに参加したり、コンサルを受けたり、本を読んだりすること。

・従業員を雇って、自分の代わりに仕事を手伝ってもらうこと。

 

・土地、マンション、株、仮想通貨などに投資すること。

 

 

日本人って目に見える株や不動産投資などだけが投資だと思いがち。

しかし、セミナーやコンサルに代表される「お金を払った対価として目に見えるモノが得られないもの」でも投資に当てはまります。

なぜなら、セミナーに参加した結果、収入がセミナー参加費以上に上がれば十分な投資と言えるからです。

 

投資についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

4:浪費

浪費とは「使ったお金>価値」ということです。

つまり、払ったお金よりも将来に渡って得られる利益やメリットが少ない支出のこと。

もっと簡単言えば、無駄な出支出のことです。

 

例えば、ギャンブル、見栄を張ろうとして買った自分に見合っていないブランド品や高級品、多すぎる飲み会代、必要以上のおしゃれ代、衝動買い、無駄な携帯代などが浪費に当たります。

また、自分への投資のつもりで商材を買ったけれど、なにもしないのも浪費です。

ジムに通ったり、習い事に通ったりしたけど、途中で通わなくなったりするのも浪費ですね。

 

浪費を減らしたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

5:寄付

コンビニのレジに置いてある募金箱にお金をチャリンと入れたりすることですね。

日本人は「自分のお金」という価値観が強い国なので、寄付をしない人が多い。

だいたい収入の1%くらい。その一方で、世界一豊かなユダヤ人は毎月収入の10%も寄付をしているんです。

 

「金は天からの周りもの」という言葉があるように、お金は全世界をグルグルと回ってるんです。

だから、どんどん寄付をして世の中を豊かにしていって欲しいですね。

 

 

どうやったら無駄遣いを減らせるのか?

繰り返しますが、無駄遣いを減らすには「お金の5つの使い方」を徹底的に覚えることです。

具体的にいうと、お金を使う前に「いまから使うお金は「お金の5つの使い方」の中のどれに当たるか?」ということを必ず考えて欲しいのです。

 

例えば、洋服を買うときは、「いまから買う洋服は「消費」なのか「浪費」なのか?」と考える。

本当に必要な洋服を買うのは、消費。カッコいいからとりあえず買うのは、浪費。

このようなことをお金を使う前に考えるだけで、「ちょっと待った!」と自分に制御がかかりやすい。

なぜなら、いまから買うモノが「浪費」だと分かっていて心地良く買い物はできないからです。

 

まずはこの「お金の5つの使い方」をしっかり覚えること。

そして、お金を使う前に「貯金」か「消費」か「投資」か「浪費」か「寄付」か、ということを頭の中で瞬時に考えれるようになってください。

 

そうすれば、自然と無駄遣いは減ってくるはずです。

 

無駄遣いを減らすよりもお金を稼ぎたい方はこちらの記事をどうぞ。

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。