「投資は危ない」と思考停止している貯金大好きクンに元銀行員が「投資」について説明する。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

投資大好きクンのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「投資は危ないからやめておきなさい」

 

このように小さい頃から親に「投資は危ない」と言われてきませんでしたか?

 

昔から、ぼくたちは「貯金をしなさい、貯金をしなさい」と口酸っぱく言われてきました。

「毎日汗水垂らして働いて、万が一のために貯金をする」というのがぼくの日本人のイメージです。

なので、「お金が手元にあったら投資をしなさい」と言われた人はほとんどいないはずです。

 

ぼくは銀行で働いていたときによく感じていたことがあります。

それは「投資は危ない」の一点張りで思考停止している日本人が多すぎるということです。

 

過去に投資で大損したことがある人がそう言うならまだ理解できますが、全く投資をしたことがない人がそう言うのは、完全に思考停止しているだけです。

投資をしたことがないうえに投資について知ろうとしていない人が投資について語る資格はありません。

 

なので、今回は投資についてもっと知ってもらいたく、元銀行員のぼくが「投資」について説明します。

 

 

そもそも投資ってなに?

投資とは「使ったお金<価値」ということです。

分かりやすく言うと、投資は「価値を生み出し、価値が上がる「資産」とお金を交換する」ということ。

 

つまり、投資はお金をどのような「資産」と交換するかが重要となってくるわけです。

そして、この「資産」は大きく分けてヒト資産とモノ資産の二つに分けられます。

 

 

ヒト資産

さらに、ヒト資産は自分資産と他人資産の二つに分けられます。

 

1:自分資産

自分資産とは、自分自身の能力を上げたり、新たなスキルを手に入れたりすることです。

自分の能力やスキルが上がると、新たな収入をもたらしてくれますよね。

 

例えば、営業のスキルが上がる3万円のセミナーに参加したとします。

このセミナーのおかげで、月収が3万円上がったとしたら、年利1,200%の投資です。

1,200%ですよ?いまの銀行の金利は0.01%です。もし、この年利の投資案件があったら、みんな絶対に投資しますよね。

 

でも、セミナーやコンサルのような「お金を払った対価が目に見えないモノ」に投資をすることに抵抗感がある日本人って本当に多い。

貯金のように通帳残高に明確に記載されていないとなんだか損した気分になる。

お金を払った対価が見えないからお金が消えていくように感じてしまう。

 

しかし、セミナーに参加したり、コンサルを受けることで収入が上がれば、それは立派な投資になるんです。

 

ぼくも昔は、見えないモノにお金を使うことに抵抗がありました。

お金を使ってもどうせなくなるだけだし「なんだかもったいないなぁ〜」と思っていたんですね。

でも、お金と「自分資産」を交換するという「自己投資」の概念を知ってからは考え方が180度変わりました。

 

なので、いまではセミナーやイベントにはどんどん参加しています。

参加費3万円とか当たり前です。

なぜ、そこまでして積極的に参加するのかというと、自分のスキルを上げるのはもちろんのこと、新しい人脈を作るためです。

人脈を作ることで新しいビジネスが生まれるかもしれない。そこで生まれたビジネスが収入アップに繋がるかもしれないからです。

 

数ある投資方法において、お金と「自分資産」を交換するという「自己投資」で収入を上げることが、実は一番効率的な投資なのです。

 

2:他人資産

他人資産とは、自分ができないことを人に手伝ってもらうことです。

これは人生の時間が短縮されるので間違いなく投資になるんですね。

他の人にいろんな仕事をやってもらったり、労力をお金で買うということ。

会社を作って従業員を雇うことで圧倒的な利率を手に入れることができるんです。

 

例えば、会社を作って、営業マンを10人雇ったとします。

それぞれに給料を月に50万円支払ったとしても、それぞれが100万円の利益を生み出してくれたら、50万円分の利益を享受できるんです。

自分一人ではできない仕事をやってもらうために、従業員を雇って、人の時間をお借りするというイメージですね。

 

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

モノ資産

「資産」のうち、モノ資産とは、自分が働かなくても、自動的に価値をもたらしてくれるものです。

土地、株券、債権、コンテンツ、リスト、マンション、アパート、仮想通貨・・・。

利益をもたらしてくれて、将来的に価値が上がるものであれば、それは投資になります。

 

ただし、ここで一つ気をつけなければならないことがあります。

 

それは、「その価値というのが誰にとっての価値なのか?」ということです。

 

例えば、あなたが将来有望と思われるA社株を買ったとします。

A社株が将来有望と思っているのは自分だけだったとしたら、それは将来的に価値が上がる可能性が低いです。

しかし、世の中のたくさんの人もA社株が将来有望と思っているのであれば、それは将来的に価値が上がるでしょう。

 

さらに言うと、世の中の価値とは希少価値です。

 

「みんなが欲しい!」と思うものは価格が上がるので、価値が上がる。

なので、「自分も欲しいし、他の人も欲しがる」ものを手に入れることが大事なのです。

 

お金は人が運んできてくれるもの。

だから、人が欲しがるものでないと価値が上がるわけがないんです。

これは株であっても、不動産であっても、原理は同じ。

「あなたが欲しいかどうか?」だけじゃなくて、「世の中の多くの人たちがそれが上がると思っているかどうか?」が大事なのです。

 

 

まず少額からでもいいので「投資」をしてみよう

「投資は怖い・・・」と思われる方はまず少額でもいいので投資をしてみましょう。

 

いまの日本のインフレ率(物価上昇率)は約1.5%です。

そして、先ほども言いましたが、日本の銀行の預金金利は0.01%です。

つまり、あなたが預けるお金は1.5%を超える金利でなければ、常に目減りしていることになるんですよ。

 

常に資産が目減りする危機にさらされている日本において、自分の資産を守っていくためには、やはり投資をしていく必要があるのです。

銀行に1年預けておくだけでお金が倍になったというのは遠い過去の話。

いまはいまの経済状況に合わせて資産運用をしていく必要があるのです。

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。