組織の時代から個人の時代へ移り変わってるのに気付いてる?

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

サラリーマンのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

あなたは今、個人の時代に突入していることを知っていますか?

 

「そんなこと考えたことないよ。」

 

と言う声が聞こえてきそうですね。

日本では高校や大学を卒業したら、会社に就職することが当たり前となっています。

だから、まだまだその事実に気付いていない人の方が多いのではないでしょうか?

ぼくはこれからは組織の時代から個人の時代へと移り変わっていくと考えているんですね。

 

 

みんなテレビ見てますか?

ぼくはテレビをほとんど見ません。

一般的なご家庭やご高齢の方はテレビをよく見ているでしょう。

ですが、今の若い世代はだんだんテレビを見なくなってきてるんですね。

 

ぼくの会社の先輩の子供たちは家に帰ってくるとすぐに、お母さんのスマホを借りてYouTubeで動画を見始めるそうです。

小さい頃にテレビのリモコンを取り合っていたのが懐かしい。

時代は移り変わって行くもんなんですね。

 

情報化社会と言われる昨今、情報を得るための媒体はマスメディアであるテレビからスマホへと移行しています。

昔は有名人と言えば、テレビに出ている芸能人や俳優などでした。

ですが、今ではスマホを見る機会が多いので、SNSで有名な人も芸能人に負けじと有名になることが増えたんですね。

 

 

YouTuberの登場

個人の時代の到来を告げたのは、YouTuberの登場と言っても過言ではありません。

みなさん、HIKAKIN(ヒカキン)という人を知ってますか?

この人は元々一般人でYouTubeの出だしの頃にひたすらYouTubeに動画を投稿し続けて、ボイスパーカッションの動画がヒットして有名になった人です。

 

HIKAKINの登場は一般的な個人でも稼げる時代が到来したということ象徴しています。

今までは会社の御曹司やイケメン俳優、プロスポーツ選手など、何か特別な能力がある人しか個人で稼げない時代でした。

しかし、YouTube、大きく捉えるとインターネットの登場によって、個人で稼げる時代へと大きく変わったんです。

 

▼スポンサーのアキ様です!!!▼
 

若者に有利な時代

ぼくはインターネットの登場によって、現代は個人の時代になりつつあると考えてます。

それと同時に、今は特に若者に有利な時代にもなりつつあると確信しております。

なぜなら、人口減少により働き手である20〜30代の若者が少なくなってきており、就職戦線において圧倒的に若者が有利だからです。

 

企業としては会社存続のために毎年一定数の従業員を採用したい。

だけど、働き手である若者が減っているため、今までのようにしていては新入社員を採用できない。

そのため、会社の待遇を良くしたり、初任給を上げたりせざるを得ないのです。

 

最近、働き方改革という言葉がよく聞かれるようになりました。

それは働き手である若者が減っているため、ブラック企業のままでは誰も就職してくれない。

だから、どの企業も働き方改革をせざるを得ないということなんじゃないでしょうか。

 

働き手と企業では圧倒的に働き手の方が有利な時代。

特に年齢が若い人ほど有利な時代になってるんです。

 

 

若者よ、絶好のチャンスを逃すな

今はインターネットの到来で個人で稼げる時代になっています。

そして、働き手である若者にも有利な時代になっている。

だから、この絶好のチャンスを逃すなとぼくは言いたい。

 

決して会社員を否定しているわけではありません。

会社員でも日々目標に向かって、志高く生きている人はたくさんいます。

そういう人には本当に頭が上がりません。

 

ですが、上司との人間関係に悩み日々ストレスを抱えながら仕事をしている人、自分には特別な能力なんてないしこのまま働き続けるしかないんだと思い込んでる人にはこう言いたい。

 

一生に一度の人生なのに今のままでいいの?

 

今は個人でも輝ける時代。

そして、若者に有利な時代。

さらには、好きなことを仕事に出来る時代なんです。

 

失敗しても就職先はいくらでもあります。

動かなければ何も始まりません。

さあ、まずは一歩踏み出してみましょう。

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。