目標を達成できないのは絶対に達成しなければならない理由がないから。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

目標達成コーチのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

毎年目標を立てるけど、結局いつも中途半端になってしまって達成できない・・・。

 

「目標を書いた紙を目に付く場所に貼ると効果的」と聞いて、目標を書いた紙を部屋の壁やトイレに貼ったりしてるけど、いつの間にか曖昧になって終いにはどうでもよくなってる

 

せっかく立てた目標なのだから、目標を設定したときの「絶対にやってやるぞー!」という熱い気持ちのまま努力し続けて必ず達成したいですよね。

実は、目標を書いた紙を毎日見て目標を意識し続けたとしても目標を達成できないのには理由があるんです。

本記事では、ぼくが目標を達成するために意識していることを自身の体験談を織り交ぜながらお伝えします。

 

目標を設定したときをピークにやる気が下がり続けて最終的に目標が達成できない自分を変えたい方はぜひ読んでみてください。

あなたの目標には絶対に達成しなければならない理由がありますか?

ズバリ、あなたが目標を達成できないのは絶対に目標を達成しなければならない理由がないからです。

目標を達成しなくても自分の人生に大して影響がないから必死に努力する必要がない。

だから、目標を達成できないのです。

 

例えば、毎日30分ランニングをすると決めても3日坊主で終わってしまうのは、毎日30分走らなくてもあなたの人生にはなんら影響がないからなんですよね。

毎日30分のランニングを継続するには、毎日30分走らなければならない理由が必要になってくるわけです。

 

あなたはこれまでの人生で目標を達成するために必死に努力をしたことがありますか?

  • 学生時代の部活動で全国大会に出場するために必死に練習した
  • 大学受験で志望校に合格するために死ぬ気で勉強した
  • 就職活動で第一志望の企業に内定をもらうために入念に準備した

 

では、なぜ当時のあなたは目標を達成するために死ぬ気で頑張れたのでしょうか?

  • できるだけ長く同じメンバーと一緒に部活動をしたいから
  • 偏差値の高い大学に進学して大企業に就職したいから
  • 優良企業に就職して高い給料をもらって安定した人生を送りたいから

 

このように過去のあなたが目標に向かって必死に努力できた背景には、絶対に標を達成しなければならない理由があったはずなんです。

 

目標を書いた紙を部屋の壁に貼ったり、目標を書いた画像をスマホのホーム画面にして、常に目標を意識させるのは大事です。

ですが、視覚的に目標を意識させたところで、次第になんとなく目標を目にするだけになって、最終的に「そういえば目標を立てたよな〜」くらいにしか思わなくなってしまうんですよね。

目標を達成するためには目標を意識するだけではなく、「目標を達成しないと人生が終わる」くらいの絶対に達成しなければならない理由を見つけないといけないのです。

 

あなたの目標には絶対に達成しなければならない理由があるか考えてみてください。

 

スポンサードリンク

ぼくは大学受験で滑り止め私立受験の選択肢がなかったので死ぬ気で勉強した

ぼくは大学受験のとき、頭が狂ったように勉強しました。

7時半からの朝補習に間に合うように毎朝6時に起床して通学中は歴史の教科書を読み込んで、授業と授業の合間の10分休憩昼休みも友達と雑談することなく英単語帳を見てました。

休み時間は同級生の笑い声がうるさかったので、耳栓をして「おれに話しかけるな」オーラを出しながら勉強してました。

「友達から嫌われてもいいのでとにかく勉強させてくれ」と本気で思ってるくらい必死だったんですよね。

 

土日祝日は勉強できるチャンスだったので、食事、風呂、トイレ、睡眠以外の時間はずっと勉強してました

時間にして15時間くらい。

 

なぜ、高校3年生のぼくは学校で耳栓をして「おれの邪魔をするなよ」オーラを出してまでも勉強ができたのか?

 

それは、親に「私立大学には行かせてあげられない」と言われて、国公立大学に合格するという選択肢しか残されていなかったからです。

高卒で就職するつもりもなかったので就職活動もしておらず、国公立大学に一発で合格するしかない状況で精神的にかなり追い込まれてました。

高校3年生になってからはテレビを見る余裕すらなかったので、当時流行ったドラマや日本の総理大臣がだれだったかさえ知りません

 

つまり、当時のぼくは「国公立大学に合格しなければならない」という絶対に目標を達成しなければならない理由があったから死ぬ気で頑張れたんですよね。

「大学受験に失敗したら人生が終わってしまう」と本気で思っていたので、いくら勉強しても苦痛に感じたことはありませんでした。

 

死ぬ気で努力した結果、ぼくは国公立大学に合格することができました。

目標を達成するためには絶対に達成しなければならない理由が必要だという事実を教えてくれた経験でした。

 

目標を達成したいなら最高の結果と最悪の結末を想像すること

とはいえ、過去のぼくのように受験に失敗したら人生が終わるレベルで自分を追い詰めるのは難しいですよね。

そんなあなたには、目標を達成した場合の最高の結果と目標を達成できなかった場合の最悪の結末を想像して欲しいです。

 

例えば、あなたに3ヶ月で10キロ痩せて彼女を作るという目標があるのなら、以下のように想像してみてください。

最高の結果:3ヶ月で10キロ痩せて合コンに行ったら、石原さとみ似の可愛い女の子に連絡先を聞かれて、デートに行く流れになり付き合うようになって2年後に結婚した。

最悪の結末:3ヶ月で10キロ痩せることができずに合コンに行ったら、自分以外美男美女で話に入ることさえできずに終いには3次会まで付き合わされて3万円吹き飛んだ。

 

あなたはどっちがいいですか?

 

もちろん最高の結果を得たいし、最悪の結末になんて絶対になりたくないですよね。

「じゃあ、いまやるしかないよね?さぁ、目標達成に向けて行動しようよ!」ということ。

いま頑張るか頑張らないかで最終的な結果がこんなにも違ってくると考えれば、自然とやる気が出てくるはずなんです。

 

ぼくはやる気が出ずにゴロゴロしてしまうときは、「いまここでブログを書かないと銀行員時代のようなサラリーマンにまた逆戻りしてしまう」と考えて自分を奮い立たせています。

 

目標を達成した場合の最高の結果と目標を達成できなかった場合の最悪の結末を毎日10分でもいいから想像してみてください。

  • 絶対に目標を達成して最高の結果を迎えたい!
  • 目標を達成できずに最悪の結末だけにはなりたくない!

 

「じゃあ、いまやるしかないよね?」絶対に目標を達成しなければならない理由を見つけることができて、自然と身体も動くようになります。

 

毎年目標を立てるけど、いつも時間が経つにつれて曖昧になって達成できないとお悩みの方は、絶対に目標を達成しなければならない理由作りから始めてみてください。

 

なんでもお悩み相談やってますので、目標を達成できないとお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

きたしょーなんでもお悩み相談を始めるよ٩( 'ω' )وうぃ!

2018.07.25

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。