目的のない会社の付き合い飲み会は時間の無駄だから迷わず断るべし。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

無駄な飲み会が嫌いなきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

上司
今日もお疲れさん!さあ、今日は早帰りだし飲みに行きますか!
きたしょー
い、いきますかー!(今日も行くのかよ〜)

 

2時間後・・・

 

上司
いや〜、飲んだな〜!2軒目は餃子食いに行くぞ!
きたしょー
あぁ、はい!(金欠だから勘弁して〜)

 

1時間後・・・

 

上司
餃子うまかったな〜!よし!最後はラーメンで締めよう!
きたしょー
ラーメンいいですね、先輩!(もう夜中の1時だし早く帰りたい・・・)

 

翌朝・・・

 

きたしょー
昨日はお疲れさまでした。いろいろとありがとうございました。
上司
おつかれさんやったな!あんまり覚えてないけど!ハッハッハッ!
きたしょー
(いやいや、記憶ないんかい!飲み会代返せや!)

 

サラリーマンの日常ってだいたいこんな感じですよね。

ぼくも多いときは週3〜5回飲み会が入ってたこともありました。

社会人になると飲み会が本当に多いんです。

会社の人と交流を深めるなど目的のある飲み会ならまだいいのですが、飲みの席で話す内容は会社の愚痴や同僚への文句がほとんど・・・。

 

正直、無駄。

 

ぼくはいつも「飲み会に誘うな!」と心の中で叫びながら仕事をしていました。

無駄な飲み会なんて行かずに、早く帰って自分や家族との時間を過ごす方が人生は圧倒的に充実します。

愚痴や文句を垂らして記憶が曖昧になるまで飲むような飲み会は

 

無駄。

 

サクッと断ってもっと有意義な時間を過ごすべきです。

目的のない飲み会が時間の無駄

ぼくはすべての飲み会が無駄だと言っているわけではありません。

なんとなく付き合いで行く目的のない飲み会が無駄だと言っているのです。

  • 会いたい人と話をするため
  • 人脈を作るため
  • 親睦を深めるため

 

このように明確な目的があるなら、目的を達成するための手段としてお酒の力を借りることは素晴らしいことだと思います。

 

ですが、上司に誘われたから渋々参加する飲み会やその場のノリでなんとなく行く飲み会は時間の無駄です。

週に1度くらいならまだしも、週に2〜3回も飲みに行くとなると、お金もすごい勢いで減っていきます。

 

そもそも飲み会に行ってばかりのサラリーマンは飲みに行く目的が分かっていません。

飲み会に行く理由が「誘われたから」「付き合いだから」「断れないから」などで完全に思考停止しています。

 

なんとなく付き合いで飲みに行くサラリーマンは、飲み会のせいでどれだけの時間を失っているのかを考えたことあるのでしょうか?

1回の飲み会を3時間とすると、週3回飲みに行けば、1週間で9時間も無駄にしていることになります。

9時間という時間を副業の時間大事な家族との時間に充てた方が人生充実すると思いませんか?

 

無駄な飲み会を減らすためには、飲み会に誘われたらまず「飲みに行く目的はなんなのか?」を考えるようにした方がいいです。

  • 今日はノリで行く飲み会だから断ろう
  • 今日の飲み会は尊敬する上司と話せる絶好の機会だから参加しよう
  • 今日はいつものメンバーで愚痴の言い合いになりそうだから断ろう

 

人間は目的が分かっていれば、いまどのように行動するべきかが明確になります。

だから、なんとなく飲みに行く前にまずは飲み会の目的を考えること。

 

飲み会に目的があれば参加すればいいし、目的がなければ参加しない。

別に飲み会を断ったからと言って死ぬわけではありません。

飲み会を断るくらいで評価が下がるような会社は昔ながらの古い体質で時代遅れの会社なので早めに足を洗った方がいいです。

 

「今日の飲み会の目的はなんだろう〜?」と考える癖をつけて、無駄な飲み会を断り、人生の時間の無駄を減らしていきましょう。

飲み会嫌いで有名だった元銀行員が教える会社の飲み会の断り方5選。

2018.03.14
▼スポンサーのアキ様です!!!▼

無駄な飲み会が多いのはストレスが原因

社会人になると飲み会が多くなるのは日本のストレス社会が原因だとぼくは考えています。

 

サラリーマンを経験したことがある人なら分かると思いますが、日本の会社で働くのは本当にストレスが溜まるんですよね。

年功序列、理不尽な言葉、言いたいことが言えない、周りに気を遣う、上司は絶対、など挙げればキリがありません。

 

働き方改革と叫ばれるいまでこそ、リモートワークフレックスタイムなどの先進的な働き方を実践する企業も増えてきたのはたしかです。

ですが、「残業するのが偉い」に代表される昔ながらの古臭い労働環境の会社はまだまだ多いのが現実でしょう。

 

ストレスを抱えながら働いてお金を貯めたとしても、同時にストレスも溜まっていきます。

そして、ストレスを発散するために無駄な飲み会に行って、一生懸命稼いだお金を飲み代に使ってしまう。

これが一般的なサラリーマンです。

 

覚えておいて欲しいのが、ストレスを溜めながら稼いだお金はストレスを発散することに使われるということです。

 

せっかく汗水垂らして稼いだお金なのに、無駄な飲み会で使ってしまったら一生懸命働く意味がないと思いませんか?

 

無駄な飲み会にお金を使うより、家族旅行のために貯金したり、子供におもちゃを買ってあげたり、自己啓発のために本を買う方がよっぽどいいですよね。

 

自分の人生において本当に大切なものはなんですか?

 

無駄な飲み会にお金を使う前にもっと大切なことにお金は使うべきではないでしょうか。

浪費はストレスが原因!情熱を傾けられることに熱中して無駄遣いを減らそう。

2018.04.21

 

ストレスを発散して無駄な飲み会を減らそう

「でも、どうしても仕事のストレスで飲みに行ってしまう」というサラリーマンも多いと思います。

嫌な上司がいる職場ではどうしてもストレスが溜まってしまいますよね。

 

そんなサラリーマンは飲み会以外でストレスを発散することをオススメします。

 

仕事で溜まったストレスを発散する手段があれば、自然と飲みに行く必要もなくなります。

副業、家族サービス、好きなスポーツ、ランニング、筋トレ、ゲーム、漫画など、熱中できるものであればなんでもいいです。

 

ストレスを発散できるものがない人は「自分の好きなことはなんだったかな?」と昔を思い出してみて、久しぶりにやってみるのはどうでしょうか?

これまでやったことないけど、興味があるからやってみるってのもいいと思いますよ。

 

自分の熱中できることに取り組んでストレス発散して無駄な飲み会を減らしていきましょう。

 

ぼくのオススメはお金も稼げてストレス発散もできるブログですね。

ブログを始めて1ヶ月目の初心者が語るブログを書く3つのメリット。

2018.03.12

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。