元銀行員が新社会人に伝えておきたい3つのこと。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

新社会人の皆さん、いまの気分はいかがですか?

H30/3末で銀行を辞めたきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

晴れて高校、大学を卒業し、これから新社会人として働くのを前にさぞかし緊張していることでしょう。

ぼくも入社初日、右も左も分からない銀行にドキドキしながら行ったのをよく覚えています。

 

そこで、今回は5年間銀行で働いたぼくが新社会人の皆さんに向けて、「これを入社したときから知っていればなぁ・・・」と思える3つのことをお伝えします。

 

 

元銀行員が伝えておきたい3つのこと

1:入社したときに感じた違和感は正しい

ぼくは銀行に入社して間もない頃、銀行の雰囲気にすごく違和感を感じてたんですね。

上下関係が厳しい体育会系な割には裏で陰口も多くて、なんだかネチネチした雰囲気だったんです。

そして、上司の理不尽な発言にイライラを募らせることも多かった。

でも、「これが社会人なんだ」、「お金を稼ぐとはこういうことだ」、「これで辞めたら次も続かない」と自分に言い聞かせて、仕事を続けたんですね。

 

その結果、胃が痛むようになり、過呼吸気味にもなりました。

いま考えると、「身体に支障をきたすまで我慢しなければよかったなぁ」と思います。おかげでいまも胃が痛むクセが治らないんですよ。

 

ぼくはこれからの人生について悩んでいる頃、たくさんの人に会いに行きました。

そこには、好きなことを仕事にしている人たちがたくさんいたんです。

嫌な上司と付き合う必要もない、過大なストレスを感じることもない、変に気を遣う必要もない、そういう世界で生きている人たちがそこにはたくさんいました。

 

このタイミングでぼくは、「銀行の環境がおかしかったんだ。これまではただ自分を銀行に無理矢理適応させていただけ。やはり入社したときに最初に感じた違和感がやはり正しかったんだ」と気付いたんです。

 

だから、入社してすぐに会社に違和感を感じたら「その違和感」を忘れないでほしいのです。

いまは、人手不足で就職先はいくらでもあります。ましてや、好きなことで稼げる時代。

とにかく、自分の心に嘘をついてまで無理して働き続けないでほしい。

 

ぼくが入社したときに感じた違和感についてはこちらの記事に詳しく書いてます。

 

2:意味のない飲み会には行くな

社会人になると、とにかく飲み会が増えます。

歓迎会、送別会、月末会、〇〇さんを囲む会、帰り際にちょっと一杯やりますかなど、とにかく飲み会が多い。

そして、飲み会には結構なお金がかかるんですよね。飲み会のせいで借金を抱える人までいます。笑

ぼくも飲み会でどんだけ散財したことか。

 

いま思えば、無駄でした。

もちろん社会人として参加するべき必要最低限の飲み会には行った方がいいです。

でも、なんら目的のない、ただノリで行くような飲み会はまじで無駄。

お金が飛んで消えて行きます。

 

しかも、二日酔いになろうものなら、次の日まで無駄にしてしまいます。まじで時間がもったいない。

なので、あなたが「この飲み会は行っても意味ないな」と思った飲み会には素直に行かないようにしましょう。

 

「でも、先輩から誘われたら断りきれない」という優しい新社会人の方もいますよね。

 

しかし、それでも勇気を出して断るのです。

行きたくない飲み会に行って人生の貴重な時間を無駄にするのと、一瞬だけ勇気を振り絞って断り、そのあと有意義な自分の時間を過ごすのとでは、どっちがいいですか?

 

目的のない飲み会はまじで無駄だということを覚えておいてください。

 

飲み会の誘いを断りきれない優しいあなたはこちらの記事をどうぞ。

 

スポンサードリンク

3:自分で稼ぐ力をつけて気持ちの余裕を生み出せ

ひとつの会社で働くとなると、どうしても会社にしがみつきがちになるんですよね。

特に、仕事やマナーも分からない新入社員とあろうものなら、力関係は会社の方が圧倒的に強い。

なので、もしかすると、会社に入ってしばらくは肩身の狭い思いをして、働きにくい環境かもしれません。

 

でも、こういうときに自分で稼げる力のある人は気持ちに余裕が出るんですよね。

「別にこの会社で働かなくてもなんとか生きていける」くらいの余裕がある方がのびのび仕事ができるんです。

結果、自分の成績も上がって万々歳というケースも珍しくない。

 

なので、仕事と並行して自分で稼ぐスキルを身につけていきましょう。

ぼくはブログをオススメします。稼ぐ稼がない抜きにしてに、これからの時代は自分のメディアを持つ重要性は高いですよ。

ぼくも入社したときからブログをやっておけばよかったなといまさら思いますね。

 

自分で稼ぐ方法を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

新社会人にはこれからの人生を楽しんでほしい

少し厳しめのお話になりましたが、新社会人の皆さんには、これからの人生を思いっきり楽しんでほしいです。

これからは親の管理下から離れ、ひとりの立派な社会人として生活していきます。

人生は社会人になってからの方が長いんですよ。100歳まで生きるとしたら、あと約80年もありますからね。

 

そして、人生の醍醐味はこれからの人生を自分でどうアレンジしていくかです。

自分の生き方次第では小学校の夏休みのような気分で毎日を過ごすこともできます。

考えるだけでワクワクしますよね。

新社会人の皆さん、とにかく、毎日を全力で楽しんでくださいね。心より応援しております。

 

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。