だれかを徹底的に応援することってこんなにも幸せなことなのか。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

きたしょー
応援ってなんて素晴らしいんだ・・・。応援するブロガーとなったきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

先日、こんなツイートを見かけました。

きたしょー
無償の愛を注いでるこの方はいったい何者なんだ!?

 

「やはり、ブログは書いても読まれないのが一番きつい・・・」

 

たしかに、こう感じているブロガーは多いと思います。

特にブログを始めたばかりの頃は全然PV数が伸びないから精神的に堪えますよね。

ぼくもブログを始めたばかりの頃は自分しか見ていない「PV数1/日」が何日も続きました。

 

きたしょー
ブログを読んでもらえないと悩むブロガーのためにぼくができることはないのだろうか?

 

そう考えたぼくは、「とりあえず、中村さんのマネをしてみよう!まずは行動あるのみ!」ということで・・・

昨日、こんなツイートをしてみました。

ぼくはTwitterのフォロワー数が少なく、拡散力に魅力がなかったので、FacebookとLINEでも拡散すると告知しました。

 

すると、予想外に60件以上の応募があり我ながら驚きました。

まさかこうなるとは思ってなかったので、ブログを書く予定を急遽変更し、丸一日TwitterとFacebookとLINEで記事を拡散し続けました。

 

この応援する企画をやってみて一番感じたのは「応援するってものすごく幸せを感じる」ということ。

もういま幸せの絶頂って感じなんですよね。

応援はされる側だけでなく、実はする側も同じくらい嬉しい

世間一般的に応援は「される側が一方的に嬉しいもの」という認識だと思います。

でも、今回徹底的にだれかのことを応援してみて感じたのは、「応援する側もされる側と同じくらい嬉しい」ということです。

 

だれかを真剣に応援して喜んでもらう。

応援したあとに感謝の言葉を掛けてもらえると、幸せな気分になるんですね。

感謝の言葉を掛けてもらえると、心の底から込み上げてくるものがありました。

真剣に応援してると、なぜか逆に応援されることもありました。

 

初めてぼくのことがブログ記事になりました。これは嬉しすぎて鳥肌立ちましたよ。

限界突破!gktpのブログ – 「きたしょーさんのツイートが秀逸だったので紹介」

せいこ宅 ―セクマイオタクメンヘラ、生きてます―応援することで幸せになれる。win-winな人生を送るための極意とは

今回の応援する企画の元になった中村さんにもお声掛けをいただくなど、本当に嬉しかったです。

 

ここで感じたことがもう一つあります。

それはだれかに与えてもらって大喜びする人ただそれだけで周りの人を幸せにしているということです。

つまり、大喜びしてなにかを受け取ることができる人はただそれだけで十分に価値があるということ。

 

応援して相手が大喜びしてくれると応援した側も嬉しいですよね。

「本当にありがとうございます!めちゃくちゃ嬉しいです!」と言ってくれるとすごく嬉しい。

素直に大喜びできることはすごい能力なんだと改めて思いました。

 

だからって、「応援したから喜べよ!」って話じゃないですよ。

ただ、いろんな人を真剣に応援してみてそう感じたのです。

 

だから、これからぼくが応援されることがあったら、大喜びして応援してくれた人のことを幸せにしたいと思います。

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

ブログを読んで欲しいと思っているブロガーはかなり多い

この応援する企画では「ぼくのわたしのブログを紹介してください」という応募が60件以上ありました。

「こんなにも応募が来るなんてビックリした」というのが正直な感想です。

「ブログを読んで欲しいと思っているブロガーって実はかなり多いんだな」と感じました。

 

  • ブログ書いたけど、まだ人に見せれるレベルじゃない・・・
  • ブログ始めたばかりだから、まだTwitterへの投稿はやめておこう・・・
  • もう少し書き方が上手になってから、人には見せよう・・・

表ではこんなこと言って強がってるけど、せっかく頑張って書いた記事なんだから、本当は読んでもらいたいはずなんですよね。

 

ぼくはこの企画を通して、「自分のブログを読んで欲しい!」という熱烈な想いを応募いただいたみなさんから感じ取りました。

だから、これからも一生懸命ブログを書いている人をぼくは応援したい。

 

  • 一生懸命書いた記事をツイートしても「いいね」がひとつもつかない・・・
  • Twitterでは有名ブロガー同士でツイートし合ってて羨ましい・・・
  • ブログ仲間もいないし、ブログの書き方も全然わからない・・・

ぼくはこのように悩むブロガーに手を差し伸べられるような器の大きいブロガーになりたい。

 

別になにかを成し遂げたわけでもないし、有名ブロガーたちと肩を並べたわけでもない。

でも、いつか、いつか、いつかブログで有名になったときには、そんな心の広いブロガーでありたいのです。

 

応援したブロガーのみんなとはもう友達だ

この企画に応募してくれたみんなとはもう友達です。

ブログで分からないことがあったら、気軽にSNSで絡んできて欲しい。ていうか、ぼくが絡みたいだけ。笑

もし、聞いてくれたらぼくの可能な限り協力したい。

Twitterで見かけたら、「いいね」もできるだけするし、記事を読んで良いと思ったら「RT」もする。

 

そうやって支え合う仲間って絶対に必要だと思う。

ブログを書くのはいつも一人で孤独です。

そんなときにTwitterで自分のツイートに反応があるだけで嬉しいはず。

 

ぼくが応援した人とはもう友達です。

少なくとも、ぼくはそう思ってこれからブログを書いて、Twitterにも投稿していこうと思う。

 

実はこの応援する企画にはまだ続きがあったんです。

これからは伸びシロサロンで自分の伸びシロに賭けてみることにした。

2018.04.10
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。