会社にしがみつくサラリーマンは我慢するだけのつらい人生を送る。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

会社にしがみつかないきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

あなたは会社にしがみついていませんか?

 

ぼくは3月末に銀行を退職するので、ありがたいことに今月は送別会をたくさん開いていただきました。

飲みの席で銀行の同僚とこれからの人生について話したりしたんですが、やっぱりいまの自分は会社員の話すことに違和感しか感じないんです。

 

「サラリーマンって会社にしがみついていて保守的だな〜」ってすごく思います。

 

いつも保守的で仕事で失敗しないように生きている。

なにをするにしても先にマイナスなことに目がいきがち

このまま会社にしがみついて守りの姿勢で生きるだけで本当にいいのでしょうか?

必ず出世したいと思えば思うほど会社にしがみつく人生になる

あなたは会社で出世したいですか?

  • 会社で早く昇進して給料を上げたい
  • 同期の出世競争で一歩リードしたい
  • 社内で「仕事デキるやつ」と思われたい

 

このような出世欲があるサラリーマンはとても多いと思います。

ぼくも仕事に対するモチベーションは出世したい願望でした。

出世したい欲がサラリーマンの仕事のモチベーションになることはぼくもよく分かっています。

 

ですが、「会社で出世したい」という気持ちが強すぎると、会社にしがみついてしまうようになります。

 

ぼくは銀行に入って2年目までは「絶対に会社で出世する」と意気込んで仕事をしてきました。

どんなに上司に怒られようが、周りから変な噂を流されようが、毎週休日に出勤しようが、仕事への熱量は落ちることはありませんでした。

 

しかし、3年目に入ったくらいから、出世欲があまりにも強すぎたせいで途中からミスを恐れるようになりました。

  • お客さんに迷惑を掛けて、評価が下がったらどうしよう
  • 期限に間に合わなくて、上司を怒らせたらどうしよう
  • 実績を上げないと、会社で出世できないかもしれない

 

気付いたときにはこのような後ろ向きな気持ちに心を支配されていました。

銀行に入った頃の「会社で出世したい」という前向きな気持ちが、いつの間にか「良い人生を送るために会社で出世しなければならない」という義務感にすり替わっていたんです。

 

ぼくは完全に守り姿勢で仕事をしていました。

銀行で出世するには上司から良い評価を得なければならない。

だから、ミスは絶対にしてはいけない。

そう考えれば考えるほど、『いまの会社で』生き残るためにはどうすればいいか?」と視野が狭くなって会社にしがみつくようになってしまってたんです。

▼スポンサーのアキ様です!!!▼

会社にしがみついて守りの姿勢で生きることはつまらない

会社にしがみついて守りの姿勢で生きるサラリーマンが本当に多いと感じます。

果たしてそんな人生で楽しいんですか?って話。

「ミスしたらどうしよう」「失敗したらどうしよう」「上司からの評価が下がったらどうしよう」マイナスな面ばかりに目を向けながら生きていく。

 

ぼくははっきり言って全然楽しくなかったし、つまらなすぎました。

 

たった一度きりの人生を周りの目ばかり気にしてビクビク生きていくことのどこが楽しいんですか?

 

そんなことを聞くと「年齢的に新しいことは無理」「結婚してるからチャレンジできない」「家を建てたからいまさら身軽に動けない」と反論してくるサラリーマンは多いと思います。

 

あなたがいまのままでいいのなら、ぼくはそれで別に構いません。

だって、「〇〇のせいでできない」できない理由ばかり言う人に対して、ぼくがなにを言っても変わりませんからね。

 

人生の楽しいところって「自分はこういうことがしたい!」と攻めの姿勢で生きることです。

たしかに分からない未来に対して突き進んでいくのは失敗する恐れがあるので不安で仕方ないのはたしかです。

でも、失敗してもいいんですよ。

 

ぼくは目標に向かって努力していく過程が楽しいです。

もちろん人間なので成功したいという気持ちはあります。

ですが、一生懸命努力した結果の失敗だったら、それはそれで仕方のないことじゃないですか。

またやり直せばいいだけの話。

 

人間は分からない未来に対して確実に成功させようとしすぎると失敗を恐れるあまりチャレンジできなくなってしまいます。

ミスを恐れて挑戦できなくなってしまった結果、守りの姿勢で生きていくことになる。

 

それよりも「自分はこういうことがしたい!」攻めの姿勢で人生を過ごしていく方が楽しいですよね。

 

会社にしがみつきたくなければ心の余裕を持つこと

「そんなこと言われても、出世するためには上司からの良い評価は必要でどうしても保守的になってしまう」と思われたサラリーマンも多いかもしれません。

なぜそのように思うかというと、それはあなたが会社にしがみついているからです。

「いまの会社で出世したい」「いまの会社で」という縛り付けがあなたを守りの姿勢にさせているんです。

 

  • 上司になにを言われてもペコペコするだけ
  • 上司に対しては「はい!はい!はい!」といつもイエスマン
  • 上司には気を遣うけど、部下には当たり散らす

このように会社にしがみついているあなたが攻めの姿勢に転じるには心の余裕が必要不可欠です。

 

心の余裕とは、極端に言えば「いまの会社をクビになっても生活していける自信」のこと。

他で食っていける自信さえあれば、心にゆとりが生まれます。

心にゆとりができれば、上司にペコペコするという全く会社の利益にならない行動をする必要はなくなりますよね。

 

では、あなたが心の余裕を持つにはどうすればいいでしょうか?

 

それは実力をつけるしかないんです。

  • いまの会社で実績を残す
  • 資格を取って転職しやすい状態を作る
  • 副業で自ら稼ぐ力をつける

 

特に副業に関しては、いまは個人で稼ぎやすい時代になっています。

これから大企業はどんどん副業解禁となりサラリーマンに有利な時代がやってくるでしょう。

 

会社にしがみつく人生は我慢ばかりで楽しくないですよね。

将来安定して暮らすために「いま」という貴重な時間を嫌なことを我慢するだけに費やす人生では、生きている時間のほとんどがつらくなってしまいます。

人生楽しめるのは「いま」しかありません。

たったいま、この一瞬一瞬しか楽しむことはできないんです。

 

いまこの瞬間の人生を楽しむためにも自分に実力をつけて攻めの姿勢で生きていきましょう。

 

サラリーマンの副業はブログがオススメですよ。

プロブロガーとは?初心者がブログで稼ぐコツやオススメの方法を世良菜津子さんに教えてもらったよ!

2018.03.22

▼スポンサーのくりぷとバイオ様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。