銀行はきつい営業ノルマを達成しても給料が上がらないから本当に辛い。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

銀行を5年で辞めた元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

銀行はきついノルマを頑張って達成しても、給料が上がらないから本当に辛いですよね

 

ぼくも銀行員時代、若手はいくら頑張っても給料が上がらない銀行の給与体系に不満を持っていました。

ノルマを達成したなら給料はちゃんと上がって欲しいし、全然仕事をしないのに若手の3倍以上の給料をもらっている上司も撲滅させたい

 

しかし、「ノルマを達成した若手が報われるような給与体系に変更しろ!」と訴えたくらいで昔ながらのお堅い銀行が変わってくれるわけがありません。

 

はっきり言いますが、ノルマを達成したらちゃんと給料を上げて欲しいと思っている優秀な若手に銀行は合わないです。

 

本記事ではぼくが銀行員時代の体験したノルマに関するお話とノルマを達成しても給料が上がらない銀行の給与体系に不満を持っている若手へのアドバイスをお伝えします。

銀行のノルマがきついと感じていたり、いま働いている銀行の給与体系に不満を持っているのなら、ぜひ続きを読んでみてください。

 

きつい営業ノルマを達成しても給料が上がらない銀行に不満を抱いた3年目の春

ぼくは銀行に入って2年目まではノルマを達成するために死に物狂いで仕事をしてました

午前中は朝礼が終わったらすぐにバイクで外出しお客さんの自宅を訪問し、午後は軽いコンビニ弁当を食べて夕方の終礼までアポなしで営業。

残業がある日は、夜の20時くらいまで日中仕事で家を不在にしているお客さんへ営業をしてました。

 

「銀行は15時にお店が閉まるから、銀行員の人たちって毎日早く帰ってるんですよね?」と銀行員時代はよく聞かれましたが、むしろ、銀行は15時以降からが勝負です。

窓口係りの人たちは15時になってシャッターが閉まると、手元の現金とシステム上の数値が合っているかの確認作業をします。

そして、約1時間半の現金確認作業が終わってから、電話で営業したり、お客さんの自宅へ訪問したりしているんですよね。

ぼくは営業係りで基本的にずっと外回りをしていたので、15時以降などの時間帯は関係ありませんでしたが、窓口係の人たちも含めて銀行は15時以降からが本番なんです

 

このような日々を5年間続けて、2年目まではノルマを達成するために鬼のように働きました。

当時は個人のお客さんを担当していて、クレジットカード、カードローン、定期預金、投資信託、保険、住宅ローンなどのノルマがありました。

もちろん自分の担当しているお客さんでは到底達成不可能なレベルのノルマを割り振られることもありましたね。

具体的な数値で言うと、半期で住宅ローン3億円、カードローン30件、定期預金1億円、投資信託1億円みたいな感じです。

 

なので、ノルマを達成できそうにないときは友達や知り合いに頼み込んでクレジットカードを作ってもらったり、親にお願いして個人年金保険に入ってもらったりしてました。

 

銀行員2年目のぼくは「絶対にノルマは達成しなければならない!達成できなかったら営業失格!」と本気で思っていたので、毎期ノルマは達成してました。

 

「よし!これだけ実績を出せば給料も上がるはず!」と期待に胸を膨らませながら仕事をしていたのをよく覚えています。

 

しかし、給料は全く上がりませんでした

周りの同期より毎月1,000円ほどは上がりましたが、その程度はもはや上がっていないに等しいですよね。

 

一番悔しかったのは、ノルマを達成していない上司の方が圧倒的に給料が高かったことです

ぼくよりノルマの達成率が半分しかないのに、ぼくの3倍近い給料をもらっている。

 

この現実をすぐに受け入れることはできませんでした

 

ぼくは一日中外出して必死こいて営業しているのに、タバコばかり吸ってサボっているような上司の方が給料が高いんですよ。

おかしくないですか?

 

「いやいや、上司の方が担当しているお客さんはVIPだし、こなしている仕事のレベルも高いから給料が高いのは当たり前だよ」という意見もあるでしょう。

 

でもですよ、ノルマって上司なら上司のレベルに合わせたノルマなので達成して当たり前だし、上司だからといってサボっていいわけではないですよね?

 

「上司と同じくらいの給料にしてくれ!」と言っているわけではありません。

「頑張って成果を出したのなら、せめてもう少し給料は上げてくれよ!」という話なのです。

 

いくら頑張ってノルマを達成しても給料が上がらない銀行に絶望したぼくは一気にやる気がなくなりました。

なぜなら、「頑張っても頑張らなくてもどうせ給料は変わらないんだから、頑張る必要なくない?」という思考回路にならざるを得なかったからです。

銀行の給与体系についてよく知らないまま、仕事に打ち込んでいた当時のぼくは大きなショックを受けました

 

給料を上げる方法が歳を取るしかない銀行には無能な上司が多い

では、どうやったら銀行は給料が上がるのか?

それは普通に仕事をして普通に歳を取っていけばいいのです

銀行では仕事がデキなくても、必要最低限の仕事をしていればほぼ自動的に昇格していくので、自然と給料も増えていきます。

これが年功序列を採用している銀行の給与体系

 

だから、銀行って若手より使えない無能な上司が多いんですよ

もちろん全員が全員無能というわけではないですし、優秀な上司もたくさんいます。

でも、明らかに「この人は部下の上に立ってはいけない」というレベルの上司もいました。

一度給料が上がってしまえば、ノルマを達成しなくても同じ給料をもらえるので、無能な上司は役職が上がれば上がるほど銀行にしがみついて居座り続けようとします。

 

ほとんどの銀行はノルマの期間が半年間なので、いくら必死こいて数字を積み重ねても半年経てばまたゼロからのスタートです

だから、「ノルマは達成したのか?いつまでにやるんだ?」と上司からいくら詰められても、「はい!今月中にやります!」とその場では言っておいて、そのままやり過ごす上司も多かったんですよね。

 

ぼくはノルマを達成していないのに高い給料をもらっている上司から指図されるのが本当に嫌でたまりませんでした。

「明日までに提案書を仕上げろ!」「今週中にカードローンのノルマを必ず達成しろ!」「今月中に全ノルマの80%を達成しろ!」と言われてもイライラしかしませんでした。

「部下に命令する前にお前がやれよ!」と心の中で文句を言っていたくらいです。

 

銀行にしがみ続ける無能な上司は撲滅させたいところですが、銀行が上司に有利な年功序列を採用している以上、この現実は変わらないんですよね

 

きつい営業ノルマを達成しても給料が上がらない銀行は優秀な若手を飼い殺している

ここまで話した通り、銀行で若手はいくら頑張ってノルマを達成したとしても給料は上がりません。

残念ながら、銀行は歳を重ねた上司には優しく、若い部下には厳しい環境です

典型的な年功序列の銀行は優秀な若手を飼い殺しているも同然。

 

銀行に入ってきたばかりの優秀な若手は実績を上げても給料が上がらないという事実を知らないままノルマを達成するためにひたすら働きます。

多くの優秀な若手は「ノルマは絶対に達成しないといけない!」と自分自身にプレッシャーをかけて一生懸命仕事に取り組むんです。

 

でも、あるとき気が付きます。

 

ノルマを達成しても給料が全然上がらないじゃないかと

 

すると、成果を上げても給料が上がらない事実を知った優秀な若手は無理に頑張ろうとしなくなります

そりゃ当たり前です。

頑張っても頑張らなくても、どうせ給料は変わらないんだから、頭の良い若手なら頑張らなくても給料がもらえるコスパがいい方を選びますよね。

 

実際にぼくが務めていた銀行や友達が務めている別の銀行でも、1年目から3年目で早々に名を挙げた優秀な若手ほど早く銀行を辞めて転職していく傾向がありました

「あれ?なんでノルマを達成したのにノルマ達成してない同期と給料が同じなんだ?」と疑問に思うわけです。

優秀な若手はノルマを達成しても給料が上がらない事実に気付くと、やる気がなくなって銀行で腐ってしまう前にさっさと辞めていきます。

優秀な若手は仕事をこなすのも早いですが、成果を上げても報われない銀行に見切りをつけるのも早いんです

 

このように年功序列の銀行は過去のぼくのようにやる気がなくなってしまう若手を生み出しやすい環境なんですよね。

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

営業ノルマを達成しても給料が上がらない銀行が嫌なら早めに行動せよ!

ここはあえてはっきりと言いますが、「きついノルマを達成しても給料が上がらない!銀行はクソだ!」と不満なあなたに銀行は合わないので早めに転職してしまった方がいいです

「ノルマを達成しても給料が上がらない」と不満を抱えながらこのまま銀行で働き続けると、上昇志向で意識の高いあなたは銀行に潰されてしまいます

 

すでにお話しした通り、ぼくは銀行員3年目の春に「銀行はどんなに頑張っても給料が上がらない」と気付いてから、仕事に対するモチベーションを保つのが難しくなりました。

「頑張っても頑張らなくてもどうせ給料は変わらないんだから、頑張る必要なくない?」と思うようになったのです。

このような思考回路になってしまうと、ただただ給料をもらうために銀行に出勤して、ただただ与えられた仕事をこなすだけのつまらない人生になってしまいます

 

あなたの周りにいまさら転職できるわけがないから仕方なく銀行で働いている死んだ魚の眼をした上司はいませんか?

彼らは「銀行は給料が上がらない!クソだ!」と思いながらも、20代のうちに辞めることができずに嫌々働いてきた銀行員の成れの果てです。

ぼくも「銀行は頑張っても給料が上がらない」と気付いてからは仕事へのやる気がなくなり、部活動を引退したあとの燃え尽き症候群のような気持ちで銀行で働いていました。

結果的にぼくは5年で銀行を辞めることができたので良かったのですが、あのままお金のためだけに銀行で働き続けていたら、危うく死んだ魚の眼をした上司のようになるところでした。

 

つまり、いまは意識が高いあなたもこのまま銀行で働き続けると、仕事に対するモチベーションを見失い、お金のためだけに銀行で働く死んだ魚の眼をした上司のようになってしまう可能性があるということ

 

そうならないためにも、上昇志向で意識の高いあなたには早めに転職サイトに登録して次なるステージへの第一歩を踏み出して欲しいのです

 

「銀行は給料が上がらない!銀行はクソだ!」と不満を持つくらい意識が高いあなたにはリクルートエージェントがオススメです。

 

リクルートエージェントはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する転職実績No.1で業界最大手の転職エージェントサービス。

転職経験者の大半がリクルートエージェントを利用したことがあるというデータが出ているほど人気の転職エージェントサービスです。

 

リクルートエージェントの一番の良さは世間一般には出回っていない優良な非公開求人を多数取り揃えているところ。

一般的に給料が高いと言われている銀行員はハローワークや一般の転職サイトで転職してしまうと年収が下がる可能性が高いんですよね

そこで転職エージェントから給与などの条件面の良い非公開求人を紹介してもらうことでキャリアダウンを防ぐことができます。

実際に非公開求人を紹介してもらうと分かりますが、「あの優良企業が中途採用しているの?」と驚いてしまうくらいですよ。

 

ただし、非公開求人は公開したら応募が殺到してしまうような優良求人が多いので、基本的には採用人数が少なく急ぎの募集であることがほとんど。

つまり、いまあなたが本記事を読んでいる間にも、あなたの希望する条件にピッタリの求人が募集されていて、他の転職希望者が応募して締め切られているかもしれないのです

あなたの希望に合った優良な非公開求人を逃さないためにもリクルートエージェントには早めに登録しておきましょう。

 

また、リクルートエージェントでは専属の転職エージェントが求人の紹介、職務経歴書や志望動機のチェック、面接対策など幅広くサポートしてくれるので多忙な銀行員に相性抜群です

 

平日の通常業務、日々の残業、休日出勤、休日の資格試験、土日の地域行事や銀行行事への参加、銀行員は本当に忙しいですよね

ぼくも銀行員時代は、週3で残業日かつ毎週のように土日は地域行事、銀行行事、資格試験が入っていたので、転職活動する時間なんて全くありませんでした。

平日も休日も仕事が忙しい銀行員が転職活動をすべて自分自身で行うのは正直厳しいです。

 

でも、リクルートエージェントを使えば、本来自分でやるべきことを転職エージェントが代行してくれるので楽に転職活動を進めることができますよ

〜リクルートエージェントのサポート内容〜

  • 転職市場の分析と説明
  • キャリアプランの設計
  • 求人の紹介
  • 職務履歴書・志望動機の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 退職、内定、入社のサポート

 

リクルートエージェントに登録すると、1週間以内に転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

登録したあとは転職エージェントからの連絡を待つだけです

 

銀行の給料に不満を抱えていてキャリアダウンせずに転職したいならリクルートエージェントに転職活動をサポートしてもらいましょう。

 

▼銀行の給料に不満があるなら▼

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

 

ぼくが銀行を辞めるまでの経緯と銀行を辞めたいあなたへのメッセージをこちらの記事に書いてます。

「銀行を辞めたい」と思っているのならぜひ読んでみてください。

銀行を辞めたいあなたへ。元銀行員が辞めるまでの経緯と今伝えたいこと。

2018.03.28

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。