銀行はきつい営業ノルマを達成しても給料が上がらないので本当に辛い。

▼スポンサーの沖ケイタ様です!!!▼

こんにちは。

銀行を5年で辞めた元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

銀行ってノルマがきつい割には頑張って達成しても、給料が上がらないから本当につらいですよね。

 

ぼくも銀行員時代、若手はいくら頑張っても給料が上がらない銀行の給与体系に不満を持っていました。

どうせなら成果を上げた分だけ給料も上がって欲しいし、全然仕事をしないのに若手の3倍以上の給料をもらっている上司も撲滅させたい。

 

ですが、「頑張って成果を上げた人が報われるような給与体系に変更しろ!」と訴えたくらいで昔ながらのお堅い銀行が変わってくれるわけがありません。

 

はっきり言いますが、頑張ってノルマを達成した分だけしっかり給料を上げて欲しいと思っている人に銀行は合わないので、別の選択肢を考えた方がいいです。

 

本記事ではぼくの銀行員時代のノルマに関する体験談をお伝えします。

ノルマを達成したのに給料が上がらないと不満な方や単純に銀行のノルマがきついと感じている方はぜひ読んでみてください。

きつい営業ノルマを達成しても給料が上がらない銀行に不満を抱いた3年目の春

ぼくは銀行に入ってから2年目まではノルマを達成するために死に物狂いで仕事をしてました。

朝礼が終わったらすぐに原付で外出しお客さんの自宅を訪問。

お昼は軽いコンビニ弁当で済ませ夕方の終礼までアポなしで営業

その後、夕方の終礼に参加するため一旦支店に戻って、夜は日中仕事で不在にしているお客さんへの営業をしてました。

 

「銀行って15時にお店が閉まるから、銀行員の人たちって毎日早く帰ってるんですよね?」とよく聞かれましたが、むしろ、銀行は15時以降からが勝負です。

窓口係りの人たちは15時になってシャッターが閉まると、手元の現金とシステム上の数値が合っているかの確認作業をします。

そして、約1時間半の現金確認作業が終わってから、電話で営業したり、お客さんの自宅へ訪問したりしているんですよね。

ぼくは営業係りで基本的にずっと外回りをしていたので、15時以降などの時間帯は関係ありませんでしたが、窓口係の人たちも含めて銀行は15時以降からが本番なんです。

 

このような日々を5年間続けて、2年目まではノルマを達成するために鬼のように仕事をしました。

当時は個人のお客さんを担当していて、クレジットカード、カードローン、定期預金、投資信託、保険、住宅ローンなどのノルマがありました。

もちろん自分の担当しているお客さんでは到底達成不可能なレベルのノルマを割り振られることもありましたね。

具体的な数値で言うと、半期で住宅ローン3億、カードローン30件、定期預金1億、投資信託1億といった感じです。

 

なので、ノルマ達成まで足りない分は友達や知り合いに頼み込んでクレジットカードを作ってもらったり、親にお願いして個人年金保険に入ってもらったりもしました。

 

そのくらい当時のぼくは数字にこだわっていたので、与えられたノルマは毎回達成してました。

 

「よし!これだけ実績を上げれば給料も上がるはず!」と期待に胸を膨らませながら仕事をしていたのをよく覚えています。

 

しかし、給料は全く上がりませんでした。

周りの同期より毎月1,000円くらいは上がりましたが、その程度は上がっていないに等しいですよね。

 

一番悔しかったのは、ノルマを達成していない上司の方が給料が圧倒的に高かったことです。

ぼくよりノルマの達成率が半分しかないのに、自分より多く給料をもらっている。

この現実をすぐに受け入れることはできませんでした。

ぼくは一日中外出して必死こいて営業しているのに、タバコばかり吸ってサボっているような上司の方が給料が高いんですよ。おかしくないですか?

 

「いやいや、上司の方が担当しているお客さんはVIPだし、こなしている仕事のレベルも高いから給料が高いのは当たり前だよ」という意見もあるでしょう。

 

でもですよ、ノルマって上司なら上司のレベルに合わせたノルマなので達成して当たり前だし、上司だからといってサボっていいわけではないですよね?

決して「上司と同じくらいの給料にしてくれ!」と言っているわけではありません。

「頑張って成果を出したのなら、せめてもう少し給料は上げてくれよ!」という話なのです。

 

いくら頑張ってノルマを達成しても給料が上がらない銀行に絶望したぼくは一気にやる気がなくなりました。

なぜなら、「頑張っても頑張らなくてもどうせ給料は変わらないんだから、頑張る必要なくない?」という思考回路にならざるを得なかったからです。

それくらい当時はノルマ達成のために必死になってました。

「ノルマを達成できないなら、営業係として失格!」と自分に言い聞かせて追い込んでいたくらいですからね。

 

銀行の給与体系についてよく知らないままに、仕事に打ち込んできた当時のぼくは大きなショックを受けたのです

▼スポンサーのあやちん様です!!!▼

給料を上げる方法が歳を取るしかない銀行には無能な上司が多い

では、どうやったら銀行は給料が上がるのか?

それは普通に仕事をして歳を取っていけばいいのです。

仕事がデキなくても、必要最低限の仕事をしていれば勝手に等級は上がっていくので、自然と給料も増えていきます。

これが年功序列を採用している銀行の給与体系

 

だから、銀行って若手より使えない無能な上司が多いんです。

もちろん全員が全員無能というわけではありませんし、優秀な上司もたくさんいました。

でも、明らかにこの人は部下の上に立ってはいけないようなレベルの上司もいましたね。

一度給料が上がってしまえば、ノルマを達成しなくても同じ給料をもらえるので、無能な上司は役職が上がれば上がるほど銀行にしがみついて居座り続けようとします

 

銀行のノルマは期間が半年なので、半年ごとにノルマの実績はリセットされます。

つまり、いくら必死こいて数字を積み重ねても半年経てばまたゼロからのスタートなのです。

なので、「ノルマは達成したのか?いつまでにやるんだ?」と上司からいくら詰められても、「はい!今月中にやります!」とその場では言っておいて、そのままやり過ごす上司も多かったです。

 

ぼくはノルマを達成していないのに高い給料をもらっている上司から指図されるのが本当に嫌でたまりませんでした。

「明日までに提案書を仕上げろ!」「今週中にカードローンのノルマを必ず達成しろ!」「今月中に全ノルマの80%を達成しろ!」と言われてもイライラしかしませんでした。

「部下に命令する前にお前がやれよ!」と心の中で文句を言っていました。

 

銀行にしがみ続ける無能な上司は撲滅させたいところですが、銀行が年配者に有利な年功序列を採用している以上、この現実は変わらないんですよね。

 

きつい営業ノルマを達成しても給料が変わらない銀行は優秀な若手の成長を阻害している

ここまで話した通り、銀行で若手はいくら頑張ってノルマを達成したとしても給料は上がりません。

残念ながら、銀行は歳を重ねた上司には優しく、若い部下には厳しい環境です。

典型的な年功序列の銀行は優秀な若手の成長を阻害しているも同然。

 

銀行に入ってきたばかりの優秀な若手は実績を上げても給料は上がらないという事実を知らないまま、ノルマを達成するためにひたすら働きます。

「ノルマは絶対に達成しないといけない!」と自分にプレッシャーをかけて一生懸命仕事に取り組むのです。

でも、あるとき気が付きます。

ノルマを達成しても給料が全然上がらないじゃないかと。

 

すると、成果を上げても給料が上がらない事実を知った優秀な若手は無理に頑張ろうとしなくなります

そりゃ当然です。

頑張っても頑張らなくても、どうせ給料は変わらないのなら、頑張らなくても給料がもらえるコスパがいい方を選びますよね。

 

実際にぼくが務めていた銀行や友達が務めている別の銀行でも、1年目から3年目で早々に名を挙げた優秀な若手ほど早く銀行を辞めて転職していく傾向がありました。

「あれ?なんでノルマを達成したのにノルマ達成してない同期と給料が同じなんだ?」と疑問に思うわけです。

優秀な若手はノルマを達成しても給料が上がらない事実に気付くと、やる気がなくなって銀行で腐ってしまう前にさっさと辞めていきます。

彼らは仕事をこなすのも早いですが、成果を上げても報われない銀行に見切りをつけるのも早いんですよね。

 

このように年功序列の銀行は過去のぼくのようにやる気がなくなってしまう若手を生み出しやすい環境なのです。

 

いくら頑張っても給料は変わらない現実が嫌なら早めに行動すること

「きついノルマを達成しても給料が上がらない」と不満なあなたは、頑張って働いても給料が上がらない銀行は合わないので、早めに転職すること検討した方がいいでしょう。

「ノルマを達成しても給料が上がらない」と不満を持つのは、上昇志向が強くて意識が高い証拠

転職サイトSwitchは、DeNAやサイバーエージェントなどのIT業界の大手企業からベンチャー企業までの求人を取り揃えており、キャリアアップを図りたいあなたにはピッタリです。

 

なぜ、Switchが銀行からキャリアアップしたい人に向いているのかというと、メインで取り扱っている求人が業界的に伸びているIT企業やベンチャー企業だからです。

はっきり言って、銀行業界はマイナス金利資金調達ツールの多様化で市場規模が縮小しています。

分かりやすく例えると、銀行で働くということは沈没船に乗って航海をするようなもので、いくら頑張ってオールを漕いでもなかなか前に進まない状態なのです。

「給料が上がらない」「1万9千人リストラだ!」「合併だ!統合だ!」と銀行員が嘆いているのは、銀行業界が下降の一途を辿っているからなんですよね。

 

逆に、Switchが掲載している IT企業は市場規模が拡大しています。

その証拠にソフトバンク、楽天、サイバーエージェント、DeNAなどの日本の有名企業はほとんどがIT系の企業ですよね。

つまり、銀行業界からIT業界に転職をするということは沈没船から大型クルーズ船に乗り換えるようなもの。

これからキャリアアップしたいなら、自分の実力を上げるだけでなく「どこの業界に身を置くのか?」も非常に重要なんです。

 

「でも、資格やスキルなんてないし、業界未経験でも本当に大丈夫なんですか?」と不安な方は多いと思います。

たしかに、資格やスキルはあるに越したことはないですが、はっきり言ってなくても大丈夫です

ぼくもブログを始めたとき、WEBの知識は皆無でしたが、半年間分からないところが出てくる度に調べていたら、勝手にWEBの知識は身に付きました

最初は分からなくても働きながら徐々に学んでいけば、IT業界の知識も自ずと身に付いてくるので心配する必要はありません。

 

むしろ、銀行で学んだお金の知識や決算書を読む力は他の業界でかなり重宝されるので、自信を持ってください。

 

Switchの最大の特徴はFacebookアカウントさえあれば、たった1分で無料登録できるということ。

ぼくは30秒ほどで登録が終わりましたよ。

 

「でも、Facebookを利用すると友達に個人情報が漏れるのでは・・・」と心配する方もいるかもしれません。

大丈夫です。Switchを利用していることが友達にバレることはありません

実はSwitchは、Facebookの広告でよく見かける出会い系アプリ「Omiai」と運営している会社が同じなので、個人情報漏洩対策についてはバッチリなのです。

 

Switchの基本的な利用方法としては、プロフィールに希望職種や経歴などを入力して、あとは企業からのスカウトを待つだけ

普通の転職サイトのように自分の適正に合った転職先を自分で探してエントリーする必要がないので、毎日の銀行業務で忙しいあなたにピッタリですよ。

 

まずは実際にSwitchに登録して「どんな企業があるのか?」を自分の目で確かめてみてください。

ぼくが銀行を辞めて感じるのは、銀行の働き方が当たり前だと思っている人ほど、銀行以外の働き方を知る必要性があるということです。

リモートワークや副業OK、出勤するのは週1のみなど、銀行員の目から鱗が落ちるほど多様な働き方をしている会社が山ほどあります。

 

決してSwitchに登録したからといって、必ず転職しないといけないわけではありません

銀行と違う業界の企業を知ることで銀行の良さを再認識するきっかけになる可能性だってあります。

まずは銀行以外の企業文化に触れることから始めてみてください。

 

年功序列で給料が上がらない銀行から若手が活躍しやすくて歩合制の強いIT企業に転職すればキャリアアップすること間違いなしですよ。

 

▼銀行からキャリアアップしたいなら▼

>>Facebookで一発登録のSwitch<<

お得な情報!!!

Switch経由で転職するとAmazonギフト券10,000円分がもらえます!

 

ぼくが銀行を辞めるまでの経緯と銀行を辞めたいあなたへのメッセージをこちらの記事に書いてます。

「銀行を辞めたい」と思っているのならぜひ読んでみてください。

銀行を辞めたいあなたへ。元銀行員が辞めるまでの経緯と今伝えたいこと。

2018.03.28

▼スポンサーのminto様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間1万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している27歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。