銀行員1年目で辞めたい!嫌なら新卒でもすぐに辞めるべき5つの理由。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

銀行を5年で辞めた元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「せっかく入った銀行を1年目で辞めるのは親に申し訳ない」

「新卒ですぐに辞めるのはもったいないからせめて1年は働こう」

「銀行を1年で辞めて次の仕事は見つかるのかな」

 

あなたは就職したばかりの新卒1年目にも関わらず、もうすでに「銀行を辞めたい」と思っていませんか?

 

毎日上司から営業目標で詰められてきついし、お局様との人間関係もめんどくさいから銀行を早く辞めたい・・・。

だけど、他の会社に比べて給料は安定して福利厚生も充実しているし、なにより世間体が良いから辞めてしまっていいのか本当に悩む

親に相談したら「簡単に銀行を辞めるな!」と引き止められるし、仮に辞めることができたとしても次の仕事がちゃんと見つかるのか不安。

 

できることなら、親に銀行を辞めることを快く受け入れてもらい、銀行で働いている間に早く次の仕事を見つけてしまいたいですよね

あなたがいますぐに銀行を辞めたいのになかなか辞めれないのにはいくつかの理由があるはずです。

 

本記事では、銀行に5年勤めた元銀行員のぼくが1年目で「銀行を辞めたい」と思ったらいますぐにでも辞めるべき理由を5つお伝えします。

いますぐに銀行を辞めたいのに辞める決心がなかなかできない銀行員1年目の方はぜひ続きを読んでみてください。

この機会に銀行を辞めることを決意して、達成不可能な目標や上司との面倒な人間関係から1日でも早く解放されましょう

銀行員1年目で辞めたいなら新卒でもすぐに辞めるべき5つの理由

辞めるべき理由①:1年目で銀行を辞めるのは親に申し訳ないことではない

「せっかく入った銀行を1年目で辞めてしまうのは親に申し訳ない」とあなたは思っていませんか?

 

立派な大人に育つように高校や大学まで通わせてくれたのに、せっかく入った銀行をたった1年で辞めてしまうなんて親に合わせる顔がない。

だから、「親のためにも頑張って銀行で働き続けなきゃ!」と自分に言い聞かせて無理をしているのではないでしょうか?

 

よく考えてみてください。

 

仮にあなたがこのまま無理をして銀行で働き続けて、ストレスに押し潰され精神的に病んでうつ病になってしまったとしたら、親はどう思うでしょうか?

 

きっと親は悲しみますよね。

 

1年目で銀行を辞めることよりも無理して銀行で働き続けて身体を壊してしまうことの方が親に心配を掛けるので申し訳ないことなんです

 

親は子供の元気な姿を見ることが一番の喜び。

「親に申し訳ない」という理由で自分の身体に嘘をついてまで働き続けないでください

親は子供が精神的に病んでしまうまで働いて欲しいとは思ってないはずです。

 

辞めるべき理由②:親世代と若者の銀行に対するイメージにギャップがありすぎる

親や親戚に「まだ1年目だけど、もう銀行を辞めたい」と伝えたら、「せっかく入った銀行を簡単に辞めるな!」とあなたは引き止められませんでしたか?

 

はっきり言って、親世代に「銀行を辞めるな!」と引き止められたとしても、聞く耳を持つ必要はありません

なぜなら、親世代と若者の銀行に対するイメージにギャップがありすぎるからです。

 

親世代のイメージする銀行とは、給料が高くて経営も安定していて潰れることなんて考えられない超優良企業です

「一昔前は銀行にお金を預けているだけで利息が何万円もついた」という昔話を親世代から聞いたことがある銀行員は多いと思います。

ぼくも銀行員時代の上司からよく聞きましたが、「1年目でボーナスを50万円もらった」とか「成績優秀者はハワイ旅行に行った」など、銀行ってバブルが崩壊するまでは本当に儲かってたんですよね

 

逆に、いまの銀行はどうでしょうか?

「マイナス金利」「メガバンク1万9千人リストラ」「統合・合併」「AI」など、銀行を取り巻く環境は非常に厳しくなっています。

昔の銀行は就活人気企業ランキング上位で就職するのでさえも大変だったのに、いまでは「銀行は危ない」というイメージがついてしまっていて、銀行を志望する学生も激減しています

 

親世代の銀行に対するイメージはいまの若者のイメージと真逆と言ってもいいほどにかけ離れているんです。

だから、親や親戚から「簡単に銀行を辞めるな!」と言われたからといって、無理して働き続ける必要はありません。

昔といまの銀行では置かれている状況に天と地ほどの差があるので親世代の意見は参考になりません

 

いまのあなたはどうしたいのか?

 

自分の心に問いかけて、自分の心の声を尊重してください

 

辞めるべき理由③:「せめて1年は頑張って働こう」の1年がもったいなさすぎる

「たった3ヶ月で銀行を辞めるのはもったいないからせめて1年は働こう」とあなたは考えていませんか?

 

正直、嫌な気持ちを押し殺して働き続けるのは時間の無駄です

3ヶ月働いて辞めようが、1年働いて辞めようが、大して差はないですし、なにより辞めるまで無理して働く時間が無駄すぎます。

 

たしかに、銀行でより長く働くことで、社会人のマナーや飲み会での礼儀作法、お金の知識などが身に付くのかもしれません。

ですが、このまま人間関係を我慢してストレスを抱えながら働き続けてしまうと、「早く銀行を辞めたいけど、うつ病になってしまって転職すらできない」という事態に陥りかねません。

一度でも身体の体調を崩してしまうと、転職活動に悪影響を及ぼしてしまうため、これからもずっと銀行で働き続けなければならないという最悪のシナリオを迎えることになるかもしれないのです

 

これからずっと銀行で働き続けることになって本当にいいのでしょうか?

 

人生は1度きりで過ぎ去った時間はもう二度と戻ってきません。

若くて身体を自由に動かせる20代の時間は身体を満足に動かせないような80代の時間より何十倍も価値があるんですよね。

人生で重要な20代の時間をずっと嫌な気持ちで過ごしてしまうのは本当にもったいないことです

大切な時間を無駄にしないためにも「銀行を辞めたい」と本気で思ったのなら、素直に自分の気持ちに従うようにしましょう

 

辞めるべき理由④:「2年目になれば環境は変わるよ」という励ましには根拠がない

「銀行を辞めたい」と先輩に相談したら、「2年目以降になればきっと環境は変わるよ」とあなたは励まされませんでしたか?

 

「苦手な上司が転勤すればこれから働きやすくなるかもしれないからもう少し頑張ろう」という意味合いの励ましの言葉だと思います。

ですが、たとえ嫌いな上司が転勤でいなくなったとしても、代わりに変な上司が転勤してくる可能性があるので、実はこの手のアドバイスは根本的な解決策にはなりません

苦手な上司が転勤して環境が変わるのを待つのは他力本願です。

もしかしたら、苦手な上司がなかなか転勤せずに、さらに強烈な上司が転勤してきてずっと人間関係に悩み続けることになるかもしれません

 

だから、「2年目以降になればきっと環境は変わるよ」というアドバイスは全く根拠がないので信じる必要はないのです。

あなたの心にある「銀行を辞めたい」という本当の気持ちを信じてください

 

辞めるべき理由⑤:1年目で銀行を辞めても転職先はたくさんある

「銀行を1年未満で辞めたとして、次の仕事はちゃんと見つかるのかな」とあなたは不安になっていませんか?

 

大丈夫です。

転職先は山ほどあります。

 

ぼくは銀行員時代に法人を担当していたんですが、ほとんどの企業が人手不足で困っていました。

いまは昔と違って日本の人口が減っていて、働き手となる若者も減っているので、採用する会社と就職する若者との需要と供給のバランスが崩れています。

若者の人口が少なくなってるので、就職活動をするうえで採用する企業よりも働き手となる若者の方が有利になっているんですよね

 

「社会人1年目で銀行を辞めたら転職に不利」というのは真っ赤な嘘で遠い昔の話

 

むしろ、人手不足で困っている企業は「銀行を辞めたらぜひうちに来てくれ」と心の底で思っているくらいですよ。

だから、「銀行を1年で辞めたら次の仕事がないかもしれない」と心配する必要はありません

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

世間体のために銀行で無理して働くのは時間の無駄!1日でも早く行動すること!

1年目で銀行を辞めたいけどなかなか辞めることができないあなたの背中を少しでも押すことができたのなら大変嬉しいです。

 

がしかし、ここで終わりではありません。

 

あなたが本記事を読んで「もう銀行を辞めようかな」と少しでも前向きに思ってくれたとしても、いま勢いで銀行を辞めてしまえば、収入ゼロの無職になって生活さえも困難になってしまいます

 

当たり前の話ですが、銀行を辞めたいなら辞めるまでの間に次の仕事を見つけておく必要があります

 

たしかに、勢いで銀行を辞めて無職になっても親が優しくて実家に住めるのであれば、ニートとして親のすねをかじって生きていくのもありなのかもしれません。

ですが、「銀行を辞めたい」と相談したら「簡単に銀行を辞めるな」と反対してくる親が銀行を辞めたあと働かずに実家でニート生活することを許してくれるでしょうか?

ましてや年間何十万円レベルの税金を親に支払ってもらうのもさすがに心苦しいですよ。

 

だから、本当の意味で親に迷惑を掛けないためにも銀行を辞める前に必ず転職活動をして転職先まで決めておく必要があるのです

 

そして、いまの時点で「銀行を辞めよう」と少しでも前向きに思っているのなら、いまここで転職サイトにだけは必ず登録しておいてください

「銀行を辞めたいけど、親に申し訳ないから」という理由でこのままノルマや人間関係を我慢しながら働き続けるといつかストレスや疲労が限界に達してしまいます。

ストレスや疲労が限界に達してうつ病になってしまったら、転職活動をするどころか転職サイトに登録する気力すら起きなくなってしまいます。

一度でも精神的に病んでしまうと、転職活動に悪影響を及ぼしてしまい、終いには転職することができず、これからもずっと銀行で働き続けなければならないという最悪の状況に陥りかねません

 

だから、「銀行を辞めようかな」と少しでも前向きに思っているあなたには、本記事を読んでいるいまのうちに転職サイトにだけは登録しておいて欲しいのです

 

これからぼくが過去に使ってみて「これは良かった!」と感じた転職サイトを3つご紹介します。

転職サイトはすべて登録無料。

登録についてもどれも簡単で最短で1分から最長でも5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動しましょう

 

1:ウズキャリ〜二度とブラック企業で働きたくない人向け〜

ウズキャリは内定率86%、定着率93%という驚異の実績を持つ既卒・第二新卒向けの転職エージェントサービス。

あなたと同じ境遇を経験してきた元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーさんたちが20時間以上かけて親身に相談に乗ってくれて、素早く転職の準備を手伝ってくれます

 

個別面談を通じて、キャリアカウンセラーさんがあなたの現状や強み・弱みをしっかりと把握。

銀行での経験を元にした転職先や他業界を希望する場合の転職活動のポイントなど、具体的な事例を交えて教えてくれます。

そして、一人一人の適正に合わせた求人のみを厳選して紹介してくれるため、マッチング重視の転職活動を希望するなら絶対に登録しておくべきです

 

ちなみに、求人サイトにありがちな「登録直後から鳴り止まない求人紹介メールの嵐」ということは一切ありません。

「毎日来るメールが煩わしくて、転職サイトへの登録には抵抗がある」という方にもオススメです。

 

なによりウズキャリの一番の良さは、

ブラック企業が除外されているところ!!!

 

就職する前の銀行のイメージって「安定している」「15時に店が閉まる」「給料が高い」など、比較的好印象でしたよね。

でも、いざ働いてみると「ノルマがきつい」「上司との人間関係が辛い」「残業が多い」など、就職する前の華やかなイメージと異なりませんでしたか?

このように就職する前のイメージと実際に働いてみて分かる現実との差に絶望してきた銀行員ってかなり多いはずです。

ウズキャリぼくたちが経験してきたような就職する前と就職した後でギャップがあるブラック企業を除外してくれています

 

つまり、ウズキャリこそ銀行員にはもってこいなんですよ!

 

労働時間や雇用形態、離職率などに厳しい基準を設け、あなたが知らぬ間にブラック企業を受けて採用されてしまうことのないように事前にブラック企業を除外してくれているウズキャリ

「ただでさえいまの銀行もブラックなのに、転職した先がまたブラック企業だったら本当に最悪・・・」と不安なあなたにはピッタリです。

 

ウズキャリではいますぐに本格的な転職活動をしない場合でも、自分の正しい市場価値や選択肢を知ることができるので安心です。

「本気で転職しようと思えば、いつでも次の会社に転職できる」と思えたら、心の支えになりますよね

もし、今後も銀行で働き続けることになっても、自分の市場価値を知らないまま我慢して働くのと、自分で納得して働き続けるのでは心理的な負担が全然違いますよ。

 

ウズキャリに登録するとキャリアカウンセラーさんからあなたに連絡があります

あなたの方から具体的にアクションを起こす必要はなく、キャリアカウンセラーさんの案内に沿って進めていけばいいので「登録したあとどうすればいいのかな?」という心配は一切不要です。

 

あなたがマッチング重視の転職活動を行いたい場合や自分の市場価値を正しく知りたいならウズキャリを選ばない理由はないでしょう。

〜ウズキャリの特徴〜 

  • 第二新卒の内定率86%、定着率93%以上
  • 取り扱う求人にブラック企業がない
  • 20時間以上のカウンセリングサポート付き
  • マッチング重視で効率良く転職活動できる

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

当ブログからウズキャリに登録すると、いまなら2,000円分のAmazonギフト券が無料でもらえます!

ぼくのブログからウズキャリをご利用いただいている読者様が多いので、ウズキャリ様より期間限定のプレゼントキャンペーンをいただきました!

※登録後に掛かってくるお電話で、キャンペーンコード「uz20をお伝えください。面談への参加が確認できたのち、3週間以内にご登録いただいたメールアドレスに2,000円分のAmazonギフト券をお送りします!byウズキャリ

 

2:リクルートエージェント〜一人で転職活動する自信がない人向け〜

リクルートエージェントはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントサービス。

転職経験者の大半がリクルートエージェントを利用したことがあるというデータが出ているほど人気の転職エージェントサービスです。

 

先に言っておきますが、一人で転職活動する自信がないなら、リクルートエージェントを使わない理由がありません

なぜなら、リクルートエージェントでは専属の転職エージェントが求人の紹介、職務経歴書や志望動機の添削、面接対策、面接の日程調整など全面的にサポートしてくれるからです

 

平日の通常業務、日々の残業、休日出勤、休日の資格試験、土日の地域行事や銀行行事への参加、銀行員は本当に忙しいですよね

ぼくも銀行員時代は、週3で残業日かつ毎週のように土日は地域行事、銀行行事、資格試験が入っていたので、転職活動する時間なんて全くありませんでした。

平日も休日も仕事が忙しい銀行員が転職活動をすべて自分自身で行うのは正直難しいです。

 

でも、リクルートエージェントを使えば、本来自分でやるべきことを転職エージェントが代行してくれるので楽に転職活動を進めることができますよ

〜リクルートエージェントのサポート内容〜

  • 転職市場の分析と説明
  • キャリアプランの設計
  • 求人の紹介
  • 職務履歴書・志望動機の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 退職、内定、入社のサポート

 

リクルートエージェントには世間一般には出回っていない非公開求人を多数揃えています。

一般的に給料が高いと言われている銀行員はハローワークや一般の転職サイトで転職してしまうと年収が下がる可能性が高いんですよね

そこで転職エージェントから給与などの条件面の良い非公開求人を紹介してもらうことでキャリアダウンを防ぐことができます。

実際に非公開求人を紹介してもらうと分かりますが、「あの優良企業が中途採用しているの?」と驚いてしまうくらいですよ。

 

ただし、非公開求人は公開したら応募が殺到してしまうような優良求人が多いので、基本的には採用人数が少なく急ぎの募集であることがほとんど。

つまり、いまあなたが本記事を読んでいる間にも、あなたの希望する条件にピッタリの求人が募集されていて、他の転職希望者が応募して締め切られているかもしれないのです

あなたの希望に合った優良な非公開求人を逃さないためにもリクルートエージェントには早めに登録しておきましょう。

 

リクルートエージェントに登録すると、1週間以内に転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

登録したあとは転職エージェントからの連絡を待つだけです

 

銀行の仕事が忙しくて一人で転職活動する自信がないならリクルートエージェントに転職活動をサポートしてもらいましょう。

〜リクルートエージェントの特徴〜

  • 転職実績No1、年収アップ率61%
  • 他転職サイトにない非公開求人が豊富
  • 地方の営業拠点や求人も多数あり

 

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

 

3:リクナビNEXT〜いますぐに転職するつもりがない人向け〜

リクナビNEXTはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する圧倒的知名度とブランド力を誇る国内最大手の転職サイト。

就職活動でリクナビを使ったことがある社会人が多いので、転職希望者の8割が利用しています

実は利用者のほとんどが本格的に転職活動をしているわけではなく、とりあえず登録して気になる求人があれば応募したり、転職先の情報収集だけをしている人が多いんですよ

「これから銀行を辞めるなら、転職も考えておかないといけないな〜」とぼんやり考えている状況なら、いまのうちに必ず登録しておいてください。

 

とはいえ、いますぐに転職するつもりがなくても、辞めたい気持ちを隠して平然を装いながら銀行で働き続けるのは本当に辛いですよね

そんなときは、いつでも銀行を辞めれる状況を作ってあげると心に余裕ができて気持ちが楽になります。

リクナビNEXTを見て銀行以外にどのような求人があるのかをチェックするんです

 

リクナビNEXTで銀行以外の求人を見ながら、「銀行を辞めても転職先はたくさんあるんだ」と実感するだけで、いまの重苦しい気持ちがすごく楽になりますよ

「本気で辞めたくなったらいつでも辞めれる」と「自分には銀行しかないからこれからも頑張って銀行で働き続けるしかない」という状況とでは、精神的な負担に雲泥の差があります

 

ぼくも銀行員4年目で「上司と合わなすぎてもう無理」と病んでいるときにリクナビNEXTの求人を見て、「銀行以外にも転職先はたくさんあるんだな」と自分を安心させていました。

 

リクナビNEXTすぐに転職する予定がない人でも登録できる転職サイトなので、「いつか銀行を辞めたいと思ってるだけで、いますぐに転職するつもりはない」という方でも大歓迎です。

 

リクナビNEXTに登録したからといって絶対に転職しなければならないわけではありませんし、リクナビNEXTから「早く転職してください!」と催促されることもありません。

 

「銀行に行きたくないな」「上司に詰められたくないな」「お局様と話したくないな」と思ったときはリクナビNEXTの求人を見て、次の仕事を探してみてください。

それだけで「別に銀行を辞めても次はある」と思えるので、気持ちがものすごく楽になりますよ

 

リクナビNEXTに登録するとあなたの適正や強みに合った求人からスカウトメールが届くようになります。

あなたが求人に応募しようと思わない限り、メールに返答する必要はないので面倒なことも一切ありません

 

いますぐに転職する気はなくてもこれから転職する可能性が少しでもあるなら、転職先の情報収集にも使えるリクナビNEXTは絶対に登録しておくべきですよ。

〜リクナビNEXTの特徴〜

  • 1万件の求人数を誇る業界No.1転職サイト
  • 他転職サイトにない求人が8割以上
  • 企業から逆オファーが届く機能も充実

 

▼いますぐに転職するつもりがないなら▼

 

リクナビNEXTにはあなたの長所や強みが分かるグッドポイント診断という自己分析ツールがあります。

銀行を辞める前に自己分析をして転職先とのミスマッチを防ぎたいならぜひグッドポイント診断を受けてみてください。

グッドポイント診断の受け方についてはこちらの記事に詳しく書いてあります。

グッドポイント診断!超絶当たる自己分析ツールで長所・強みを探せ!

2018.06.02

 

銀行を辞めるまでに5年もかかったぼくからのアドバイス

せっかく入った銀行を1年目で辞めて、新しい会社に転職するというのは人生において大きな決断なので、ものすごく悩むと思います。

 

がしかし、銀行員1年目の時点で「銀行を辞めたい」と思っているあなたはラッキーです

なぜなら、早めに銀行を辞めることができるから。

銀行の年功序列制度、絶対上司主義、支店のピリピリとした雰囲気、上司との人間関係、ノルマに対する上司からの異常な詰め、資格試験の多さ

銀行を辞めたいま改めて考えてみると、本当におかしなことばかりですよ。

 

ぼくは銀行員4年目までは「銀行きついな〜、もう嫌だな〜」と思うくらいで本気で「銀行を辞めたい」と考えたことはありませんでした。

つまり、「銀行を辞めたい」と思い立つまでに丸3年もの歳月を費やしたのです

 

ぼくから言わせてみれば、「銀行を辞めたい」と1年足らずで思えているあなたは本当に運が良いですよ

社会人なりたての20代前半はなにをやっても楽しいし、これからの人生において本当に重要な時期です。

20代前半という貴重な時間を銀行で消耗するために使わなくて済む可能性がいまここにあるのだから、あなたは恵まれています

 

銀行を辞めたいからといって悲観的になる必要はありません。

むしろ、前向きに捉えてください。

 

「銀行を辞めたい」と考えているあなたには20代前半という貴重な時間を無駄にしないためにもいまここで行動して欲しいのです

 

ぼくが銀行を辞めることができたのは行動したからに他なりません。

本記事で紹介した転職サイトに登録して、実際に面接を受けたり、銀行以外の会社を見てみたりと、とにかく行動しまくりました。

 

頭で悩むだけでなく、転職活動をしていく中で、自分のやりたいことが見えてきたんです。

  • この会社でやりたいことがやれるのか?
  • あの企業で自分の強みを活かせるのか?
  • 会社に勤めるという働き方でいいのか?

 

実際に転職活動をしてみて、自分自身の内面や他の会社を理解することで初めてあなたの理想の働き方も分かってくると思います

 

本記事でご紹介した転職サイトを見てどんな転職先があるのかをまずは知ることが大切です。

 

「銀行を辞めたい」と感じているあなたはいまここで転職サイトに必ず登録しておいてください

ストレスを溜めながら無理して働き続けて精神的に病んでしまってから、転職サイトに登録しても転職活動をする気力すら起きません

「どんな転職先があるのかな〜?」と転職サイトを眺めておくだけで、本格的に転職活動を始めてから新しい会社に就職するまでにかかる時間は大幅に短縮できます。

 

転職サイトはすべて登録無料です

 

転職サイトに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ気になった求人に応募するだけです

あなたの適正に合った企業がいつも求人を出しているわけではないので、転職活動はいかに早く行動できるかがポイント

どの転職サイトも登録は1分から5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動しましょう。

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

>>ブラック企業を除外したウズキャリ<<

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

>>実績No.1のリクルートエージェント<<

▼いますぐに転職するつもりがないなら▼

>>業界最大手のリクナビNEXT<<

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

 

ぼくが銀行を辞めるまでの経緯と銀行を辞めたいあなたへのメッセージをこちらの記事に書いてます。

「銀行を辞めたい」と思っているのならぜひ読んでみてください。

銀行を辞めたいあなたへ。元銀行員が辞めるまでの経緯と今伝えたいこと。

2018.03.28

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。