銀行員を辞めてよかった!銀行を辞めたら後悔する?と不安なあなたへ。

▼スポンサーのminto様です!!!▼

こんにちは。

銀行を5年で辞めた元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「銀行を辞めて後悔したらどうしよう・・・」

 

本当は銀行を辞めたいけど、銀行を辞めて後悔したら嫌だからなかなか辞めることができない

 

あなたはいまこのような状況に陥っていませんか?

 

銀行はノルマがきついし上司との人間関係にも疲れるけど、給料は安定していて世間体も良いから辞めても本当に後悔しないのかが本当に不安

ましてや銀行を辞めて別の会社に転職したとしても、転職先が銀行よりブラック企業だったら元も子もないですよね。

 

できることなら、銀行を辞めたあとは銀行よりもホワイトな企業に確実に転職して後悔したくない

 

本記事では、銀行に5年間務めたぼくが銀行を辞めてよかったと感じていることを7つお伝えします。

「本当は銀行を辞めたいけど、銀行を辞めたら後悔するのでは?」と不安なあなたはぜひこのまま読み進めてみてください。

銀行を辞めたいけど辞めれないもどかしさを払拭してノルマや上司との人間関係で悩む日々から脱却しましょう。

銀行員を辞めてよかったと感じている7つのこと

銀行員を辞めてよかった①:ノルマに対する上司からの詰めがなくなった

銀行員に一生つきまとう悩みといえば、ノルマに対する上司からの詰めです

銀行は部署で変わりますが、「半期で投資信託3億!住宅ローン10億!カードローン50件!」など到底達成不可能なノルマを割り振られ、「いつまでにやるんだ!」と上司から詰められるのが当たり前。

 

ほとんどの銀行員が担当しているお客さんだけではノルマ達成がほぼ無理なので、途方もない電話営業やアポなし訪問を余儀なくされているのではないでしょうか

たとえ、必死にノルマを達成したとしても給料は全然上がらないし、どうやってモチベーションを保てばいいのかも分かりませんよね。

 

なぜ、こんなにも銀行ではノルマに対して上司から理不尽に詰められるのかというと、銀行業界全体の業況が下降の一途を辿っているからです

「1万9千人リストラだ!」「統合だ!」「合併だ!」と言われているのは、銀行業界の市場規模が縮小している証拠。

 

いまはお金を借りたいお客さんが少なくて、お金を貸したい銀行が多いので需要と供給のバランスが崩れています。

分かりやすく言うと、銀行はお金を借りたいお客さんが全然いないのに「お金を借りてください!」と一生懸命営業しているようなもの

お客さんが少ないのに頑張って営業をしても成果が上がらないのは当たり前なんですよね。

なのに、銀行はバブル全盛期と同じようなやり方でノルマを課し続けているから、銀行員は上司から詰められてアポなし訪問や電話営業などの売り込み営業をせざるを得ないのです

 

銀行のノルマに対する上司の詰めは本当に異常なので、ぼくは銀行を辞めてよかったなと心の底から思いますね。

銀行はきつい営業ノルマを達成しても給料が上がらないから本当に辛い。

2018.08.13

 

銀行員を辞めてよかった②:細かすぎる事務処理から解放された

銀行は徐々にペーパーレス化が進んでいるとはいえ、まだまだ書類で管理することが多くて事務処理が細かすぎです

  • 書類を綴っている場所
  • 印鑑を押す箇所
  • 書類への記入の仕方

など覚えることも多すぎ。

 

初めての事務処理でやり方が分からなくて、先輩に教えてもらおうとしたら「そんなことも分からないの?」と理不尽に怒られた経験のある銀行員は多いと思います

ぼくも銀行に入った当初、お局様との人間関係で悩みまくったのでよく分かります。

 

ぼくはいまパソコンを使って仕事をしていてペーパーレスが当たり前なので、銀行を辞めたあとに銀行で住所変更をしたとき、あまりの記入用紙の多さに元銀行員なのに驚いてしまいました。

 

金融庁からの厳しいご指摘により、銀行の管理体制はミスを未然に防ぐためにかなり厳重です。

ですが、管理体制が度を過ぎていてミスをしないための管理のための管理というもはや訳の分からない状態になってるんですよね

「どれだけ印鑑を押せば気が済むの?」と疑問に思ったことがある銀行員は多いはずです。

 

管理体制が厳しすぎるのは銀行が旧態依然の組織体質である証拠

銀行を辞めて外から銀行を見てみると、銀行は古臭すぎる組織であることがよく分かります。

 

銀行を辞めたら、細かすぎる事務や「事務ミスをして上司から怒られたらどうしよう?」という不安から一切解放されますよ。

 

銀行員を辞めてよかった③:いきなり転勤することがなくなった

銀行を辞めると、3年に1度のペースで訪れる転勤がなくなるので、自分の好きな場所に住むことができます。

銀行って意地悪なもので、新居を構えた途端に遠隔地に転勤になるケースが多いんですよ

なぜなら、ほとんどの銀行員が自分の働いている銀行で住宅ローンを組んで家を買うので、一度住宅ローンを組んで家を買ってしまってからでは、ほぼ辞めることができないからです。

結婚して子供ができて家族との時間を大切にするために家を買ったのに、幼少期の子供や結婚したばかりの奥さんと一緒にいてあげられないなんて悲しすぎます

 

次にどんな仕事をするのかにもよりますが、銀行を辞めたら、理不尽な転勤がほぼなくなるので、家族との大事な時間を過ごすことができるようになりますよ。

 

銀行員を辞めてよかった④:ほぼ強制参加の店内コンペがなくなった

ぼくが大嫌いだったのがほぼ強制参加の店内コンペです

お客さんとの接待ゴルフであれば、仕事なのでまだ頑張れますが、遊びの店内コンペで土日のどちらかを潰されるのがもう嫌で嫌でたまりませんでした。

参加するかしないかの権利は参加者本人にあるはずなのに、上司から「もちろん参加するよね?」と詰められて、ほぼ強制参加することになるんですよね

「1ヶ月後の店内コンペに向けて練習するぞー!」となれば、平日の夜は仕事終わりにゴルフの打ちっ放しに行く羽目になるので、平日も土日も休めない事態になります。

 

店内コンペがあるだけで、練習の打ちっぱなし代と本番のコース代で軽く2万円は余裕で飛んでいきます。

それなりに給料をもらっている上司なら良いでしょうが、若手は本当に給料が少ないので、給料のほとんどが結婚式のお祝儀代やゴルフ代、飲み会代で消えていくんですよ

店内コンペなんてやりたいのは上司だけで、過去のぼくのように若手でゴルフがしたい銀行員はほとんどいないはずです。

 

銀行を辞めると、付き合いゴルフが減って時間に余裕ができるし、無駄な出費も減ってお金も貯まりやすくなりますよ。

 

銀行員を辞めてよかった⑤:無駄な飲み会が激減した

ぼくは頻繁に行われる無駄な飲み会が大嫌いでした。銀行は飲み会多すぎ!!!

歓迎会や送別会、期末の打ち上げならまだしも、週1会、月末会、係ごとの飲み会、〇〇さんを囲む会、同期会、帰り際にノリで行く飲み会は本当に嫌でした

飲み会に参加して実のある話ができるならいいんですが、ほとんど上司への愚痴や銀行への不満なんです

多いときは週5で飲みに行くこともあったので、いま考えると時間とお金を無駄にしすぎましたよね。

 

銀行を辞めると、無駄な飲み会に行く必要がなくなり、飲み会での上司への異常な気遣いがなくなってストレスも軽減されて、時間とお金にも余裕ができるので控えめに言って最高ですよ。

目的のない飲み会は時間の無駄!会社の上司との付き合い飲みは断れ!

2018.03.02

 

銀行員を辞めてよかった⑥:人間関係で悩まなくなった

人間関係のストレスはノルマと同じくらい銀行員が抱えやすい悩みの一つです。

銀行って不思議なもので、部署や支店に理不尽な上司や言い方がきついお局様が必ず一人はいるんですよね

なので、銀行に入ったばかりの若い子はかなりの確率で銀行特有の難しい人間関係の壁にぶち当たります。

あなたもお局様から「いまは忙しいからメモを取っている暇はないでしょ!」と言われたと思いきや、「なんでメモ取らなかったの?」とあとで理不尽なことを言われた経験があるのではないでしょうか。

 

銀行は金融庁からの徹底指導でミスに対して敏感で基本的に減点方式の評価体系です

ミスしたら支店の成績が減点されるので、支店の雰囲気はいつもピリピリしていてどこか殺伐としています。

ゆえに、言い方のきつい上司は多いし、部下は神経を尖らせている上司に常に気を遣わないといけないので、人間関係に苦労することが多いですよね。

 

銀行で働いていると銀行の雰囲気が当たり前に感じてしまうと思いますが、はっきり言って、銀行特有の難しい人間関係は異常ですよ

精神衛生上良くありません。

銀行を辞めたら、銀行の上司との難しい人間関係から逃れられて、ストレスのない世界で働くことができますよ。

 

銀行員を辞めてよかった⑦:悪口や文句を言わなくなった

ぼくは銀行を辞めて悪口や文句を全く言わなくなりました。

銀行を辞めたいま思うのは、銀行は職場でも飲み会でも愚痴が多すぎるということです

「あいつは年下のくせに偉そうにしやがって」「あの上司は全然仕事できないよな」「担当先少ないのにノルマ多すぎなんだよ」と飛び交う内容は愚痴ばかりです。

おそらく、愚痴をこぼしてストレスを発散しないとやっていけないくらい仕事がきついのだと思います

 

ぼくも銀行員時代は常にだれかの不平不満を言っていたので気付きませんでしたが、悪口や文句を言わなくなると、心が綺麗になって幸せな気分になるんですよね。

「ありがとう」や「感謝しています」などのプラスの言葉を使うと、心が浄化されていくことに気付きました。

心にプラスの状態とマイナスの状態があることを知ったぼくは銀行を辞めてから一切愚痴を言わなくなりましたね

不平不満を言う人とは付き合いたくないくらいです。

 

銀行を辞めて愚痴が多い世界から離れると、悪口や文句で汚染されていた心が綺麗になってポジティブに生きていけるようになります。

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

ぼくは5年勤めた銀行を辞めたけど全く後悔してない

ぼくは銀行を辞めて安定した給料や手厚い福利厚生制度を手放しましたが、全く後悔していません

むしろ、ノルマに対する上司からの詰めや上司への異常な気遣い、無駄な飲み会、付き合いゴルフなどがなくなったことで幸福度が増したので「銀行員を辞めてよかった!」と心の底から思っています

銀行員時代は本当はやりたくないことを無理矢理やろうとしていたので、過剰なストレスがかかっていたんだなといまは強く感じます。

 

「銀行を辞めたいけど、本当に辞めて後悔しないのだろうか?」と不安な気持ちはよく分かります。

ぼくも銀行を辞めるかどうか迷っているときは「銀行を辞めたあとちゃんと生きていけるのかな?」と正直かなり不安でした。

「これからの人生どうしよう?」と悩みに悩み続けた結果、「一度きりの人生なのにストレスを抱えながら55歳まで銀行で働きたくない」という結論に至りました。

 

あなたは本当にこのまま55歳まで銀行で働き続けますか?

 

時間は過ぎ去ったらもう二度と戻ってきません。

たった一度きりの人生の大切な時間をノルマや上司との人間関係に悩むことに使い続けるのはもったいないですよね。

だから、いまあなたが「銀行を辞めて後悔したらどうしよう」と心の底で思っているのなら、いまここで行動してほしいのです

 

銀行を辞めて後悔するかどうかは銀行を辞める前の準備で決まる

あなたが銀行を辞めて後悔したくないなら、銀行で働いている間に次を見据えて転職活動をする必要があります

「もう銀行で働くのは嫌だ!もういますぐ辞める!」と勢いで銀行を辞めて無職になってしまったら、お金に困って生活していけないですよね。

実家で親に養ってもらえれば生きていけますが、社会人になってから収入ゼロの無職で親に養ってもらうのは正直ダサいです

ましてや年間何十万円レベルの税金の支払いも親に支払ってもらうのはさすがに心苦しいですよ。

 

だから、銀行を辞める前に必ず転職活動をして転職先まで決めておくべきなのです

 

そして、いまの時点で「銀行を辞めて後悔したらどうしよう」と思っているのなら、転職サイトにだけはいま必ず登録しておいてください

「銀行を辞めたいけど、辞めて後悔したら嫌だからまだ銀行で頑張らなきゃ!」とこのままノルマや人間関係を我慢しながら働き続けるといつかストレスや疲労が限界に達してしまいます。

ストレスや疲労が限界に達してうつ病になってしまったら、転職活動をするどころか転職サイトに登録する気力すら起きなくなってしまいます。

一度でも精神的に病んでしまうと、転職活動に悪影響を及ぼしてしまい、終いには転職することができず、これからもずっと銀行で働き続けなければならないという最悪の状況に陥りかねません

 

だから、「銀行を辞めて後悔したらどうしよう」と思っているあなたには、本記事を読む余裕があるいまのうちに転職サイトにだけは登録しておいて欲しいのです

 

これからぼくが過去に使ってみて「これは良かった!」と感じた転職サイトを3つご紹介します。

転職サイトはすべて登録無料

登録についてもどれも簡単で最短で1分から最長でも5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動しましょう

 

1:ウズキャリ〜二度とブラック企業で働きたくない人向け〜

ウズキャリは内定率86%、定着率93%という驚異の実績を持つ既卒・第二新卒向けの転職エージェントサービス。

あなたと同じ境遇を経験してきた元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーさんたちが20時間以上かけて親身に相談に乗ってくれて、素早く転職の準備を手伝ってくれます

 

個別面談を通じて、キャリアカウンセラーさんがあなたの現状や強み・弱みをしっかりと把握。

銀行での経験を元にした転職先や他業界を希望する場合の転職活動のポイントなど、具体的な事例を交えて教えてくれます。

そして、一人一人の適正に合わせた求人のみを厳選して紹介してくれるため、マッチング重視の転職活動を希望するなら絶対に登録しておくべきです

 

ちなみに、求人サイトにありがちな「登録直後から鳴り止まない求人紹介メールの嵐」ということは一切ありません。

「毎日来るメールが煩わしくて、転職サイトへの登録には抵抗がある」という方にもオススメです。

 

なによりウズキャリの一番の良さは、

ブラック企業が除外されているところ!!!

 

就職する前の銀行のイメージって「安定している」「15時に店が閉まる」「給料が高い」など、比較的好印象でしたよね。

でも、いざ働いてみると「ノルマがきつい」「上司との人間関係が辛い」「残業が多い」など、就職する前の華やかなイメージと異なりませんでしたか?

このように就職する前のイメージと実際に働いてみて分かる現実との差に絶望してきた銀行員ってかなり多いはずです。

ウズキャリぼくたちが経験してきたような就職する前と就職した後でギャップがあるブラック企業を除外してくれています

 

つまり、ウズキャリこそ銀行員にはもってこいなんですよ!

 

労働時間や雇用形態、離職率などに厳しい基準を設け、あなたが知らぬ間にブラック企業を受けて採用されてしまうことのないように事前にブラック企業を除外してくれているウズキャリ

「ただでさえいまの銀行もブラックなのに、転職した先がまたブラック企業だったら本当に最悪・・・」と不安なあなたにはピッタリです。

 

ウズキャリではいますぐに本格的な転職活動をしない場合でも、自分の正しい市場価値や選択肢を知ることができるので安心です。

「本気で転職しようと思えば、いつでも次の会社に転職できる」と思えたら、心の支えになりますよね

もし、今後も銀行で働き続けることになっても、自分の市場価値を知らないまま我慢して働くのと、自分で納得して働き続けるのでは心理的な負担が全然違いますよ。

 

ウズキャリに登録するとキャリアカウンセラーさんからあなたに連絡があります

あなたの方から具体的にアクションを起こす必要はなく、キャリアカウンセラーさんの案内に沿って進めていけばいいので「登録したあとどうすればいいのかな?」という心配は一切不要です。

 

あなたがマッチング重視の転職活動を行いたい場合や自分の市場価値を正しく知りたいならウズキャリを選ばない理由はないでしょう。

〜ウズキャリの特徴〜 

  • 第二新卒の内定率86%、定着率93%以上
  • 取り扱う求人にブラック企業がない
  • 20時間以上のカウンセリングサポート付き
  • マッチング重視で効率良く転職活動できる

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

当ブログからウズキャリに登録すると、いまなら2,000円分のAmazonギフト券が無料でもらえます!

ぼくのブログからウズキャリをご利用いただいている読者様が多いので、ウズキャリ様より期間限定のプレゼントキャンペーンをいただきました!

※登録後に掛かってくるお電話で、キャンペーンコード「uz20をお伝えください。面談への参加が確認できたのち、3週間以内にご登録いただいたメールアドレスに2,000円分のAmazonギフト券をお送りします!byウズキャリ

 

2:リクルートエージェント〜一人で転職活動する自信がない人向け〜

リクルートエージェントはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントサービス。

転職経験者の大半がリクルートエージェントを利用したことがあるというデータが出ているほど人気の転職エージェントサービスです。

 

先に言っておきますが、一人で転職活動する自信がないなら、リクルートエージェントを使わない理由がありません

なぜなら、リクルートエージェントでは専属の転職エージェントが求人の紹介、職務経歴書や志望動機の添削、面接対策、面接の日程調整など全面的にサポートしてくれるからです

 

平日の通常業務、日々の残業、休日出勤、休日の資格試験、土日の地域行事や銀行行事への参加、銀行員は本当に忙しいですよね

ぼくも銀行員時代は、週3で残業日かつ毎週のように土日は地域行事、銀行行事、資格試験が入っていたので、転職活動する時間なんて全くありませんでした。

平日も休日も仕事が忙しい銀行員が転職活動をすべて自分自身で行うのは正直難しいです。

 

でも、リクルートエージェントを使えば、本来自分でやるべきことを転職エージェントが代行してくれるので楽に転職活動を進めることができますよ

〜リクルートエージェントのサポート内容〜

  • 転職市場の分析と説明
  • キャリアプランの設計
  • 求人の紹介
  • 職務履歴書・志望動機の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 退職、内定、入社のサポート

 

リクルートエージェントには世間一般には出回っていない非公開求人を多数揃えています。

一般的に給料が高いと言われている銀行員はハローワークや一般の転職サイトで転職してしまうと年収が下がる可能性が高いんですよね

そこで転職エージェントから給与などの条件面の良い非公開求人を紹介してもらうことでキャリアダウンを防ぐことができます。

実際に非公開求人を紹介してもらうと分かりますが、「あの優良企業が中途採用しているの?」と驚いてしまうくらいですよ。

 

ただし、非公開求人は公開したら応募が殺到してしまうような優良求人が多いので、基本的には採用人数が少なく急ぎの募集であることがほとんど。

つまり、いまあなたが本記事を読んでいる間にも、あなたの希望する条件にピッタリの求人が募集されていて、他の転職希望者が応募して締め切られているかもしれないのです

あなたの希望に合った優良な非公開求人を逃さないためにもリクルートエージェントには早めに登録しておきましょう。

 

リクルートエージェントに登録すると、1週間以内に転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

登録したあとは転職エージェントからの連絡を待つだけです

 

銀行の仕事が忙しくて一人で転職活動する自信がないならリクルートエージェントに転職活動をサポートしてもらいましょう。

〜リクルートエージェントの特徴〜

  • 転職実績No1、年収アップ率61%
  • 他転職サイトにない非公開求人が豊富
  • 地方の営業拠点や求人も多数あり

 

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

 

3:リクナビNEXT〜いますぐに転職するつもりがない人向け〜

リクナビNEXTはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する圧倒的知名度とブランド力を誇る国内最大手の転職サイト。

就職活動でリクナビを使ったことがある社会人が多いので、転職希望者の8割が利用しています

実は利用者のほとんどが本格的に転職活動をしているわけではなく、とりあえず登録して気になる求人があれば応募したり、転職先の情報収集だけをしている人が多いんですよ

「これから銀行を辞めるなら、転職も考えておかないといけないな〜」とぼんやり考えている状況なら、いまのうちに必ず登録しておいてください。

 

とはいえ、いますぐに転職するつもりがなくても、辞めたい気持ちを隠して平然を装いながら銀行で働き続けるのは本当に辛いですよね

そんなときは、いつでも銀行を辞めれる状況を作ってあげると心に余裕ができて気持ちが楽になります。

リクナビNEXTを見て銀行以外にどのような求人があるのかをチェックするんです

 

リクナビNEXTで銀行以外の求人を見ながら、「銀行を辞めても転職先はたくさんあるんだ」と実感するだけで、いまの重苦しい気持ちがすごく楽になりますよ

「本気で辞めたくなったらいつでも辞めれる」と「自分には銀行しかないからこれからも頑張って銀行で働き続けるしかない」という状況とでは、精神的な負担に雲泥の差があります

 

ぼくも銀行員4年目で「上司と合わなすぎてもう無理」と病んでいるときにリクナビNEXTの求人を見て、「銀行以外にも転職先はたくさんあるんだな」と自分を安心させていました。

 

リクナビNEXTすぐに転職する予定がない人でも登録できる転職サイトなので、「いつか銀行を辞めたいと思ってるだけで、いますぐに転職するつもりはない」という方でも大歓迎です。

 

リクナビNEXTに登録したからといって絶対に転職しなければならないわけではありませんし、リクナビNEXTから「早く転職してください!」と催促されることもありません。

 

「銀行に行きたくないな」「上司に詰められたくないな」「お局様と話したくないな」と思ったときはリクナビNEXTの求人を見て、次の仕事を探してみてください。

それだけで「別に銀行を辞めても次はある」と思えるので、気持ちがものすごく楽になりますよ

 

リクナビNEXTに登録するとあなたの適正や強みに合った求人からスカウトメールが届くようになります。

あなたが求人に応募しようと思わない限り、メールに返答する必要はないので面倒なことも一切ありません

 

いますぐに転職する気はなくてもこれから転職する可能性が少しでもあるなら、転職先の情報収集にも使えるリクナビNEXTは絶対に登録しておくべきですよ。

〜リクナビNEXTの特徴〜

  • 1万件の求人数を誇る業界No.1転職サイト
  • 他転職サイトにない求人が8割以上
  • 企業から逆オファーが届く機能も充実

 

▼いますぐに転職するつもりがないなら▼

 

リクナビNEXTにはあなたの長所や強みが分かるグッドポイント診断という自己分析ツールがあります。

銀行を辞める前に自己分析をして転職先とのミスマッチを防ぎたいならぜひグッドポイント診断を受けてみてください。

グッドポイント診断の受け方についてはこちらの記事に詳しく書いてあります。

グッドポイント診断!超絶当たる自己分析ツールで長所・強みを探せ!

2018.06.02

 

銀行を辞めてよかったと感じているぼくからのアドバイス

せっかく入った銀行を辞めて、新しい会社に転職するというのは人生において大きな決断なので、ものすごく悩みますよね。

「銀行を辞めて後悔したらどうしよう?」とあなたが不安になるのもよく分かります

なぜなら、「銀行を辞めたい」と思い始めた銀行員4年目の頃のぼくがまさにいまのあなたと同じ状況だったから。

 

銀行はノルマで上司から異常に詰められるし、お局様との人間関係も面倒臭いけど、給料は安定していて、手厚い福利厚生を手放すのはもったいない。

これからも銀行で働き続けて安定を取るのか?それとも銀行を辞めて安定を捨てるのか?の葛藤でぼくも悩みました。

 

1年ほど悩んだ結果、これからもずっと銀行で辛い時間を過ごし続けるのは人生もったいなすぎるという結論に至りました。

それ以来、ぼくは銀行を抜け出すために必死に行動するようになったのです。

 

「銀行を辞めようかな」と考えているあなたにはこれから貴重な人生の時間を無駄にしないためにもいまここで行動して欲しいのです

 

ぼくが銀行を辞めることができたのは行動したからに他なりません。

本記事で紹介した転職サイトに登録して、実際に面接を受けたり、銀行以外の会社を見てみたりと、とにかく行動しまくりました。

 

頭で悩むだけでなく、転職活動をしていく中で、自分のやりたいことが見えてきたんです。

  • この会社でやりたいことがやれるのか?
  • あの企業で自分の強みを活かせるのか?
  • 会社に勤めるという働き方でいいのか?

 

実際に転職活動をしてみて、自分自身の内面や他の会社を理解することで初めてあなたの理想の働き方も分かってくると思います

 

本記事でご紹介した転職サイトを見てどんな転職先があるのかをまずは知ることが大切です。

 

「銀行を辞めたい」と感じているあなたはいまここで転職サイトに必ず登録しておいてください

ストレスを溜めながら無理して働き続けて精神的に病んでしまってから、転職サイトに登録しても転職活動をする気力すら起きません

「どんな転職先があるのかな〜?」と転職サイトを眺めておくだけで、本格的に転職活動を始めてから新しい会社に就職するまでにかかる時間は大幅に短縮できます。

 

転職サイトはすべて登録無料です

 

転職サイトに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ気になった求人に応募するだけです

あなたの適正に合った企業がいつも求人を出しているわけではないので、転職活動はいかに早く行動できるかがポイント

どの転職サイトも登録は1分から5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動しましょう。

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

>>ブラック企業を除外したウズキャリ<<

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

>>実績No.1のリクルートエージェント<<

▼いますぐに転職するつもりがないなら▼

>>業界最大手のリクナビNEXT<<

 

▼今後の人生に悩む20代銀行員はこちら▼

 

ぼくが銀行を辞めるまでの経緯と銀行を辞めたいあなたへのメッセージをこちらの記事に書いてます。

「銀行を辞めたい」と思っているのならぜひ読んでみてください。

銀行を辞めたいあなたへ。元銀行員が辞めるまでの経緯と今伝えたいこと。

2018.03.28

▼スポンサーのやっくん様です!!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員ブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「ブログ・お金・働き方」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。現在はブロガーとして活動しています。純広告募集中!趣味は応援。