【プログラミング4ヶ月目】案件受注額が55万円を突破しました!

こんにちは。

元銀行員エンジニアブロガーのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

プログラミング4ヶ月目の成果報告です!

 

プログラミング4ヶ月目の成果〜

  • 収益:0円
  • 新規案件受注:2
  • 勉強時間:113時間

 

プログラミング4ヶ月目は営業に注力した結果、案件受注額が55万円を突破しました

とはいえ、案件を受注しただけで収入ではないので納品するまで気を抜かずに駆け抜けます。

【プログラミング3ヶ月目】PHP基礎学習に専念してポートフォリオを完成させました!

2019-05-09

 

本記事では、プログラミング4ヶ月目を振り返ります。

プログラミング4ヶ月目は営業に注力して案件受注額が55万円を突破しました

プログラミング4ヶ月目は案件を獲得するべく営業活動に注力した結果、案件受注額が55万円を突破しました

プログラミングを始めて3ヶ月間は基礎学習やポートフォリオサイト制作にみっちり時間を使ってきたので、簡単なWebサイトを作れるレベルまでにはなっていました。

 

だけど、全く仕事がなかったんですよね・・・

 

仕事をこなせるスキルは身に付いてるけど仕事がない問題

 

未経験からフリーランスを目指してる人や副業で稼ぎたい人あるあるだと思います。

 

そこでぼくはクラウドソーシングを利用したり、フリーランスの友人に声を掛けまくるなど、本格的に営業しました。

 

結果的にはクラウドソーシングで提案した先は全滅したものの、フリーランスの友人繋がりで新規案件を2件獲得し、4ヶ月目の案件受注額が55万円を突破しました

 

クラウドワークスやランサーズはプログラミング初心者にとっては鬼門すぎる

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングはプログラミング初心者にとってはマジで鬼門です

1つの案件に対して50件以上の応募があるのは当たり前。

しかも、競合にはプログラミング歴10年以上のベテランエンジニアみたいな強者たちがゴロゴロいます

 

ぼくはクラウドワークスで毎日5件ほど真剣に提案文を考えて営業メールを送っていたのですが、すべて惨敗しました。

奇跡的に1社だけ「うちに来て話を聞かせて欲しい」と言われて、企業を訪問して担当者に提案したものの、結果はお断り。

 

「さすがにクラウドソーシングで営業メールするだけでは厳しい」と感じたぼくはフリーランスの友人に声を掛けまくりました。

すると、運良くフリーランスの友人繋がりで仕事が2件ほど舞い込んできたんですね。

 

クラウドソーシングで案件を獲得するためには過去の制作物で実力を証明すべし!

ぼくがクラウドソーシングで営業をしてみて痛感したのは過去の制作物がないと顧客の信用は獲得しずらいということです

「プログラミングを始めて3ヶ月で制作したポートフォリオサイトがあれば、制作実績としては十分だろう」とぼくは考えていたのですが、正直かなり甘かったです。

 

直接お会いしたお客さんにぼくのポートフォリオサイトを見せたら、「過去の制作物が見当たらないんですけど、制作実績はこれだけですか?」とほぼ100%の確率で言われました

 

つまり、案件を獲得するためには過去の制作実績をお客さんに見せて実力を証明する必要があるということ

ポートフォリオサイト1つだけでは全くをもって不十分です。

過去の制作実績として5つ以上のWebサイトが欲しいところ。

 

制作実績の内容はなんでもいいです。

  • 模写したサイトやLP
  • 友人に頼まれて作ったサイト
  • 自身のポートフォリオサイト

 

「私はスキルがある優秀なエンジニアですよ!」とお客さんにいくら口で言ったところで、過去の制作実績がないとお客さんは信用してくれません

逆に制作実績として5つくらい綺麗なサイトがあれば、お客さんは信用してくれます。

 

案件の受注率を上げるためには制作実績でお客さんの信用を勝ち取る必要があるのです

 

プログラミング初心者はコネや人脈を使って案件を獲得するのが手っ取り早い

クラウドソーシングはプログラミング初心者にとってはかなり狭き門なので、まずはコネや人脈を使って案件を獲得する方法がおすすめです。

赤の他人から案件を獲得するのと友人の繋がりで案件を獲得するのでは心理的な負担に雲泥の差があります。

それに友人の繋がりであれば、納期などの条件面に柔軟に対応してくれる可能性が高いので、最初の取っ掛かりとしてはGOODです

 

プログラミングを始めて基礎学習しつつポートフォリオサイトを制作したら、次は友人や知人に声を掛けまくって制作実績を作る。

そして、その制作実績を元にクラウドソーシングやリアル営業に注力するという方法が最大限に受注率を上げるための営業戦略です

 

プログラミング4ヶ月目:勉強方法はLaravel参考書・Webサイト制作

プログラミング4ヶ月目はスキルアップのために以下の勉強をしました。

〜プログラミング4ヶ月目の勉強方法〜

  • 参考書:Laravel
  • Webサイト制作:友人の会社のWebサイト

 

勉強方法①:PHPフレームワークLaravel入門

これまでにHTML/CSS/JavaScript/PHPの基礎学習を行ってきたので、「次はLaravelだぁ〜!」ということでPHPのフレームワークLaravelの参考書を使って勉強しました。

参考書を読み書きするのに約1ヶ月、理解度は「Laravelってこんな感じかぁ〜!」という程度ですね

現状、Laravelで制作物を作る予定がないので参考書を1周して一旦終了。

今後Laravelを使ってサイト制作する機会があるときにまた学習し直します。

 

Laravelについては以下の参考書を利用しました。

Laravelの参考書の中ではダントツで人気らしくネットショップではほとんど売り切れだったので本屋さんまで買いに行きましたよ。

勉強方法②:Webサイト制作

クラウドソーシングで惨敗したぼくはとにかく制作実績が欲しかったので、いま友人の会社のホームページを作っています。

とあるWebサイトの構成を参考にしながら作っているのですが、やはりモノづくりすることが一番のスキルアップになりますね

この機能を実装したいからググってコードを書いて、正常に動かなかったらまたググってコードを書いてを繰り返す。

目的物を作るために試行錯誤するこの過程こそが成長の源です

 

勉強中心になっているプログラミング初心者の方はプロダクトを作りながら学ぶスタイルに早めに切り替えましょう。

 

ちなみに、こちらがぼくが作った友人が代表を務める応援団づくり株式会社のホームページです。

応援団づくり株式会社ではWEB制作や動画制作の仕事やってるのでなにかあれば気軽にご相談ください。

プログラミング5ヶ月目は新規案件獲得・収益150,000円を目指します!

ぼくのプログラミング4ヶ月目の振り返りが少しでもあなたのお役に立てたなら大変嬉しいです。

5ヶ月目は収益150,000円を目指します

 

おそらく、5ヶ月目は案件を納品するためにサイト制作に奔放しなければならないためほとんど営業ができません。

新規案件の獲得は難しいかもしれませんが、フリーランスの友人に声を掛けつつサイト制作と営業の両方を同時にやっていきます

 

引き続き、プログラミング頑張っていきます!!!

 

プログラミング5ヶ月目の成果報告記事はこちらです。

【プログラミング5ヶ月目】ど素人がWEBデザインに初挑戦しました!

2019-08-06

 

  • プログラミングに関する人気記事

プログラミング未経験者が月収100万円稼ぐまでの過程を実況する!

2019-02-06

プログラミング完全初心者が月15万円稼ぐまでの過程を大公開!

2019-09-21

【無料体験あり】おすすめプログラミングスクール5選【業界人が厳選】

2019-02-24

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員Webエンジニアブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している29歳。当ブログのメインジャンルは「プログラミング・働き方・お金」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマに運営中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。Web制作のお仕事絶賛大募集中!!!