RaiseTech(レイズテック)AWSコースで月収55万円エンジニアヘ!卒業生に徹底インタビュー!

きたしょー
前職は銀行で5年勤務、現在はフリーランスエンジニアのきたしょーです。

  • Twitter:フォロワー1.5万人
  • プログラミング:最高月140万円
まさる
  • RaiseTech AWSコースについて詳しく知りたい
  • RaiseTechを受講すればAWSエンジニアになれる?
  • RaiseTech AWSコースのメリットデメリットは?
  • RaiseTech AWSコースはどんな人に向いてる?

と疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事を書きました。

 

本記事を読めば、RaiseTech AWSコースのリアルな実態を全て把握することができます

 

今回はAWSコースの裏側を徹底解剖すべく、実際にRaiseTechでAWSコースを受講したわかやまゆうやさんにお話を伺いました

 

きたしょー
わかやまさん、よろしくお願いします!
わかやまさん
わかやまです!よろしくお願いします!

わかやまゆうやさんの経歴

文系未経験の機械音痴だったけど、3年でフルリモートのAWSエンジニアになれた人。エンジニアとブログでコスパ良く、満足度の高い人生を送ってます。インフラエンジニアとしてのキャリアアップ、ブログの稼ぎ方について発信中。在宅で副業初心者が月1万稼ぐためのここから稼ぐサロン共同運営。

 

本記事では、わかやまさんの実体験を元にRaiseTech AWSコースのメリットデメリットから向いてる人向いてない人まで全てを洗い出しました。

未経験からAWSエンジニアになりたい方やAWSエンジニアへのキャリアチェンジを考えている現役エンジニアの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼

 

▼ブログで公開してない有料級情報を配信中▼

RaiseTech(レイズテック)の特徴

RaiseTech公式サイトのトップ画像
  • 受講形式:オンライン
  • コース名:AWSフルコース
    期間:4ヶ月
    料金(税込):398,000円→学割適用後238,000円〜
  • コース名:AWS自動化コース
    期間:2ヶ月
    料金(税込):248,000円
  • 言語:EC2、S3、ELB、RDS、CloudWatchなど

RaiseTechは、未経験から現場で即戦力となるエンジニアを育成するWEBエンジニアリングスクールです

現場主義にこだわっており、生徒をサポートする講師は全員が月単価80万円以上の現役エンジニアです

 

きたしょー
RaiseTech運営者エナミさんの最高月単価は驚きの160万円です!

第一線で活躍してるプロのエンジニアがいま現場で求められている技術を全て叩き込んでくれます。

 

そんな最強エンジニア集団のRaiseTechがAWSエンジニアになりたい人向けに提供してるサービスがAWSコースです。

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼

 

RaiseTech AWSコースを受講した理由

きたしょー
まず初めにRaiseTech AWSコースを受講したきっかけを教えてください。
わかやまさん
元々、僕は派遣でインフラエンジニアをやっていました。

ですが、満足した収入を得ることができず、「これからもっと収入を上げるにはどうすればいいんだろう?」とずっと悩んでいました。

そんなときに人生逃げ切りサロンでRaiseTech運営者のエナミさんと出逢ったのがキッカケですね。

人生逃げ切りサロンとは?
元エンジニアブロガーのやまもとりゅうけんさんが運営する日本最大規模のオンラインサロン。
わかやまさん
当時はまだRaiseTechがリリースされる前段階で、これからエンジニア向け教育サービスをやっていく前のテストマーケティングとしてAWSをやるとお聞きしたんです。

僕もインフラ2年目でクラウドにシフトしていきたい気持ちがあったので、「それなら、ぜひやらせてください…!」という流れで受講することになりました。

 

RaiseTech AWSコースのカリキュラムの流れ

きたしょー
RaiseTech AWSコースはどんな流れで学んでいきましたか?
わかやまさん
カリキュラムについてはRaiseTech公式サイトを見てもらうのが早いです。
RaiseTech AWSフルコースのカリキュラムの画像
わかやまさん
上記のカリキュラムに沿って以下の流れで進めていきます。
  1. 課題が出される
  2. 自分でググりながら進める
    →いつでも質問OK
  3. 週1回2時間のオンライン授業
    →直接質問OK
わかやまさん
名前はAWSコースですが、いきなりAWSは勉強しません

まずはアプリケーションがどのように動いているのか?を学び、実際にRuby on Railsの環境構築、プログラミングの基礎、簡単なアプリの開発を行っていきます

その後、AWSでの環境構築、環境のコード化、テスト化、構成管理まで行っていく感じですね。

 

RaiseTech卒業後から現在に至るまで

きたしょー
RaiseTech AWSコースを受講して実際にAWSエンジニアになれましたか?
わかやまさん
はい、当時はAWS未経験でしたが、フリーランスAWSエンジニアとして月単価55万円の案件を獲得することができました

現在はフルリモートの派遣社員として時給2,800円でAWS構築案件に携わっています

きたしょー
いきなり月単価55万円はすごい…!

RaiseTechで習得したスキルは現場で通用しました?

わかやまさん
間違いなく通用しました。

ていうか、RaiseTechで学んだことが現場でバンバン出てきました

いまの現場でもRaiseTechで学んだことがダイレクトで生きています。

 

RaiseTechの良かった点5つ

きたしょー
続いて、RaiseTechを受講して良かった点をいくつか教えてください。
わかやまさん
僕がRaiseTechを選んで良かったと感じてる点は以下の5つです。 それぞれ説明していきます。

 

RaiseTechのメリット5つ

  1. カリキュラム以外の質問にも答えてくれる
  2. 現場に即したカリキュラムで学べる
  3. 月単価80万円超の現役エンジニアから学べる
  4. 受講期間終了後も学習サポートしてくれる
  5. 転職の意思がある限り転職サポートしてくれる

1:カリキュラム以外の質問にも答えてくれる

わかやまさん
RaiseTechはカリキュラム以外の質問にも答えてくれるので学びが本当に多いです。

僕は講義の際にトラブルシューティングや案件の単価に関する現場のリアルな話を直接聞くことができました

きたしょー
カリキュラム以外の質問が禁止されてるプログラミングスクールが多い中、RaiseTechは寛大ですね。

当然ですが、カリキュラムに関する質問も答えてくれるんですよね?

わかやまさん
もちろんカリキュラムの内容に関しても、分からないことがあれば、無制限に質問することができます

講師が勤務している時間であればすぐに返事も返ってきます。

RaiseTechはエンジニアに必要とされるプログラミングスキル以外の技術や情報も満遍なく教えてくれたので受講して本当に良かったと思っています。

 

2:現場に即したカリキュラムで学べる

わかやまさん
RaiseTechのカリキュラムは現役エンジニアの意見を元に作られているので、未経験者でも現場で即使えるスキルを身に付けられます。

実際に現役AWSエンジニアに「未経験からAWSエンジニアになるために必要なスキルを教えてください」とアンケートを取ったらしいです

きたしょー
そこまで…!
わかやまさん
冒頭でも話しましたが、実際に僕の現場でもRaiseTechで学んだことが出まくりなので、現場に即したカリキュラムであることは間違いないですね

 

3:月単価80万円超の現役エンジニアから学べる

わかやまさん
RaiseTechは講師全員が現場で働いている月単価80万円以上の現役エンジニアです。
きたしょー
月単価80万円以上はマジですごいと思います…!
わかやまさん
講師の本業はエンジニアで講師は副業にすぎません。

むしろ、現役エンジニアではない講師はクビになってしまいます

きたしょー
とことん現場主義ですね…!
わかやまさん
まさにその通りです。

カリキュラムや講義では、いま講師が現場で使ってる生のスキルを学び取ることができます

例えば、エラーが発生したとき、「エラーのどのあたりを見ればいいのか?」とか「なぜそこが怪しいと思ったのか?」など、実際の現場でも起こり得るトラブルシューティングを間近で見ることもできます。

教材では学べないプログラミングスキル以外の重要なスキルが学べるってわけですね。

 

4:受講期間終了後も学習サポートしてくれる

わかやまさん
本人のやる気次第ではありますが、RaiseTechは受講期間終了後も学習のサポートをしてくれます。

僕は仕事が忙しくて受講期間内にカリキュラムを終えることができなかったのですが、受講期間終了後も補講という形でサポートしていただきました

きたしょー
VIP待遇ですね…!
わかやまさん
はい、本当にありがたかったです。

基本的にカリキュラムは受講期間中に修了させるのが大前提となります。

ですが、受講生の忙しさや進捗度合いによっては無料で補講をしてくれるケースもあるみたいです

きたしょー
他のRaiseTech卒業生に聞きましたが、カリキュラム終了後もSlackで質問し放題みたいですし、挫折しない環境としては申し分ないと思います。

 

5:転職の意思がある限り転職サポートしてくれる

わかやまさん
RaiseTechは本人にやる気がある限り、最終的に転職に成功するまでサポートしてくれます

僕はカリキュラムが受講期間内に終わらずに補講をしてもらう形になりましたが、最終的に仕事が見つかるまでサポートしてもらいました。

きたしょー
もう至れり尽くせりですね。
わかやまさん
しかも、未経験から月単価55万円の案件を紹介してくれるなど本当に感謝してもしきれません
きたしょー
RaiseTechは転職先も紹介してくれるってことですか?
わかやまさん
いえいえ、基本的には転職サポートまでですね。

RaiseTechに案件があって、かつその案件に参画できるレベルの受講生がいれば、紹介してくれる可能性はあります

ただ、RaiseTechとしては企業への人材紹介や案件紹介は行っていませんので、あくまでも転職サポートまでです

きたしょー
転職先や案件は自力で探す必要があるってことですね。

 

RaiseTechの悪かった点2つ

きたしょー
では、逆にRaiseTechの悪かった点をいくつか教えてもらえますか?
わかやまさん
僕がRaiseTechを受講して「もうちょっと改善して欲しい…!」と感じた点は以下の2つになります。

それぞれ詳しく説明していきます。

 

RaiseTechのデメリット2つ

  1. AWSコースはカリキュラムが難しい
  2. 関西圏の就職先や案件が多い

1:RaiseTech AWSコースはカリキュラムが難しい

わかやまさん
RaiseTech AWSコースはカリキュラムが難しかったです。

当時は講義が週1回2時間制だったんですが、基本的に内容が凝縮されており、復習を毎回やらないと理解しきれないことが多かったですね

きたしょー
AWSとなると、未経験者は理解するのが大変そうです…。
わかやまさん
そうなんです。

それに一度どこかでつまずいてしまうと、次回の講義ではその部分をクリアしておかないと置いてけぼりになる感覚がありました

講義についていけなくなる前に講師陣のサポート体制を上手く使って問題を解消していければいい話ですけどね。

きたしょー
RaiseTechの講師陣を使い倒すくらいの勢いが必要ってことですね。

 

2:関西圏の就職先や案件が多い

きたしょー
RaiseTechのデメリットをネットで探してるところ、就職先や案件は関西圏が多いとありましたが、そのあたりはどう思われますか?
わかやまさん
RaiseTechの運営会社は関西に拠点がありますし、そもそもRaiseTechは就職斡旋スクールではないので、その部分は致し方ないのかなと。

RaiseTechとしては、「求人があるときは紹介しますが、基本的には自分で仕事を探してくださいね!半永久的に転職サポートしますから!」みたいなスタンスなんだと思います

僕は元々の繋がりで仲良かったこともあり、運良く求人を紹介してもらえましたが、基本的には就職先や案件を紹介してもらったらラッキーくらいに考えておいた方が良いかなと思います

 

RaiseTechには良い点と悪い点がある

ぼくがRaiseTechについてネットやSNSで調査した結果とわかやまさんの実体験を元にメリットデメリットを整理しました。

 

1:RaiseTechのメリット

  • どんな内容の質問にも答えてくれる
  • 現場で即使えるスキルが身に付く
  • 月単価80万円超の現役エンジニアから学べる
  • 進捗度合いが芳しくないときは補講してくれる可能性もある
  • 受講期間終了後も質問対応してくれる
  • 転職の意思がある限り転職サポートしてくれる
  • 完全オンラインで学べる
  • 週1回のオンライン授業で現場のリアルな話が聞ける
きたしょー
RaiseTechを受講して感じた一番のメリットについて教えてもらえますか?
わかやまさん
いま思い返すと、やはり超実践的なカリキュラムが一番価値があったと思います

最初に入った現場でもいまの現場でもRaiseTechのカリキュラムで学んだことがバンバン出てます

RaiseTechなら、未経験からでも即戦力のAWSエンジニアになれますね。

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼

 

2:RaiseTechのデメリット

  • AWSコースはカリキュラムが難しい
  • 関西圏の就職先や案件が多い
  • 手取り足取り教えてくれるわけではない
きたしょー
逆にRaiseTechを受講して一番デメリットに感じた部分を教えてください。
わかやまさん
カリキュラムが現場に即した内容になってるので、未経験者には難しい点が最大のデメリットですね

正直、一度挫折したら追いつくのは簡単ではないです。

僕も受講期間終了後に補講してもらってやっとカリキュラムを修了させることができました

そのあたりは講師陣のサポートをフル活用して乗り切るしかないと思います

 

RiaseTechには向き不向きがある

以上、RaiseTechのメリットデメリットを参考にRaiseTechに向いてる人と向いてない人をまとめます。

あなたがRaiseTechに向いてるかどうかの判断材料にしてみてください。

 

1:RaiseTech AWSコースが向いてる人

  • 未経験からAWSエンジニアになりたい人
  • 常駐勤務でもいいので早くエンジニアになりたい人
  • AWSエンジニアにキャリアチェンジしたい現役エンジニア
  • インフラの技術を身に付けたい現役エンジニア
  • 最短最速で未経験から稼げるエンジニアになりたい人
きたしょー
わかやまさん自身の経験を踏まえて、RaiseTech AWSコースに向いてる人を教えてもらえますか?
わかやまさん
RaiseTechは未経験から最短最速で稼げるエンジニアになりたい人に向いてます

WEB系プログラミング言語を学びたいなどのこだわりがなく、とにかくエンジニアになることで収入をアップさせたい人にはピッタリかなと。

また、AWSを学びたい現役エンジニアやAWSエンジニアにキャリアチェンジしたい現役エンジニアにも向いてます

インフラやAWSを実務レベルで教えてくれるプログラミングスクールはRaiseTech以外にありませんからね。

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼

 

2:RaiseTech AWSコースが向いてない人

  • 未経験からフルリモートで働きたい人
  • 未経験からフリーランスエンジニアになりたい人
  • 副業プログラミングで稼ぎたい人
  • 自分から主体的に学べない人
きたしょー
逆にRaiseTech AWSコースに向いてない人を教えてください。
わかやまさん
カリキュラムが難しめなので、自分から主体的に学習できない人は厳しいです

講師から「進捗はどうですか?ちゃんと理解できてますか?」と手取り足取りサポートしてくれるわけではありません

分からないときは自分から積極的に手を挙げて質問していく姿勢が求められますよ。

 

AWSエンジニアに関する疑問点5つ

きたしょー
「そもそもAWSエンジニアってどうなの?」という方のために、これからAWSエンジニアに関するQ&Aを5つ、わかやまさんに質問していきたいと思います。
わかやまさん
なんでもどうぞ!

 

AWSエンジニアに関するQ&A5つ

  1. 未経験からでもAWSエンジニアになれる?
  2. AWSエンジニアはリモートワークできる?
  3. AWSエンジニアはフリーランスになれる?
  4. AWSエンジニアはどのくらい稼げる?
  5. AWSの技術があれば副業でも稼げる?

1:未経験からでもAWSエンジニアになれる?

わかやまさん
本人のやる気さえあれば、未経験者でもなれます

RaiseTechのカリキュラムは、未経験からAWSエンジニアになるために必要な技術を学ぶことができます。

実際に僕もRaiseTechを受講することで未経験からAWSエンジニアになれました

最近はコロナの影響で企業自体が未経験採用を見送る傾向が出ていて、以前より難易度が上がった印象です。

ですが、本人が最後まで諦めなければ、未経験からでもAWSエンジニアになることは十分に可能です

 

2:AWSエンジニアはリモートワークできる?

わかやまさん
最初は実務経験が2〜3年ないとリモートワークできないと思ってましたが、最近はコロナによるテレワーク化の影響でリモート可のAWS案件が少しずつ増えてきました

実際に僕もリモートで働いています。

元々AWSはクラウドですし、会社がセキュリティ問題をクリアできていれば、リモートワークは実現しやすい職業だと思います

 

3:AWSエンジニアはフリーランスになれる?

わかやまさん
なれますね。

僕は結婚して扶養の関係もあって一度派遣社員に戻ってますが、フリーでも案件自体は獲得できます

ただ、未経験からいきなりフリーランスは厳しいかもしれません。

AWSエンジニアとしての実務経験を派遣社員や会社員で積めば、問題なくいけると思います

 

4:AWSエンジニアはどのくらい稼げる?

わかやまさん
正直、本人の経験年数にもよるのですが、フリーランスのAWSエンジニア1年目で40〜50万円、数年後には70〜80万円、AWSのプロレベルで100万円前後です

僕の場合、最初の案件はエージェントを使わなかったので、月単価55万円でしたが、通常エージェント経由だと手数料が引かれるので、最初は40〜50万円となるのが相場ですね。

正社員の場合だと、会社の規模にもよりますが、最初は一般的な20~30万円ほどの給料となるかと思います。

 

5:AWSの技術があれば副業でも稼げる?

わかやまさん
どのレベルの仕事をするのかによりますが、EC2を作るといった簡単な案件ならクラウドワークスでもあると思います

ただ、基本的には長期の案件や大規模な仕事が多いので、AWSは副業より本業というイメージですね。

AWSスキルを活かして講師業やYouTube、ブログで発信して稼ぐなら十分に可能だと思います

 

RaiseTech AWSコースの受講を検討してる人に向けて一言

きたしょー
最後にこれからRaiseTech AWSコースの受講を検討している方に一言お願いします。
わかやまさん
インフラエンジニアでキャリアアップを考えている人、将来的にリモートワークしたい人、これからインフラエンジニアを目指す人にはとっておきのコースだと思います。

難易度は確かに高いですが、乗り越えられると確かなスキルと自信に繋がって、今後のエンジニアで役に立つこと間違いなしです

決して安い金額ではないですが、ぜひ受講を検討してみてください!

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼

 

まずは2週間の無料トライアルを受講しよう

以上、RaiseTech AWSコースのリアルな実態をお伝えしました。

ここからはブログやSNSでさらに情報収集するのではなく、実際にAWSコースを無料体験してみるといいですよ

 

RaiseTechのコースは全て受講開始から2週間以内の退会であれば、受講料は全額返金されます。

つまり、リスクはゼロです

 

とはいえ、本記事をここまで読んでも、実際に行動を起こす人は100人中1人もいません。

逆に考えると、いま行動するだけで上位1%に入れるってこと。

 

ぼくはプログラミングを始めて1年で月100万円以上稼ぐことができましたが、全てはスクール7社の無料カウンセリングや無料説明会に参加することから始まりました

 

いくらネットで2次情報を調べたところで、自分に合うかどうかは分かりません。

あなたの目標達成に最適なスクールを選ぶには、自分自身の目と耳で得た1次情報を元に判断するしかないのです

 

いまの生活に不満を感じていても、未来が変わることはありません。

 

未経験からAWSエンジニアになることができれば、後々はリモートワークといった自由な働き方やフリーランスとして月50~60万円稼ぐスキルは十分に手に入ります

 

実際に本記事でインタビューしたわかやまさんはRaiseTech卒業後すぐに月収55万円を達成しています

 

人生を変えるには行動するしかありません。

まずはRaiseTech AWSコースの2週間無料トライアルに参加して、プログラミングで人生を変えるための第一歩を踏み出しましょう。

 

▼無料で2週間カリキュラムを体験できる▼ 

 

受講料が高いと感じる方はAWS Hacksを受講しよう

AWS Hack公式サイトのトップ画像

RaiseTech AWSコースの料金が高いと感じる方はAWS Hacksを選ぶといいですよ。

AWS Hacksは、RaiseTech運営者のエナミさんがSkill Hacks運営者の迫祐樹さんとコラボして開発したAWS学習教材です

 

「AWSってなに?」という根本的な部分から、基礎まで満遍なく学べる動画教材となっています

「AWS Hacksで勉強すればAWSを完全マスター!」とまではいきませんが、AWSという新しい世界を知る助けには十分なるレベルです。

 

▼無料でサンプル動画教材を公開中▼ 

 

  • プログラミングスクールに関する人気記事

本気でおすすめできるプログラミングスクール5選【現役エンジニア厳選】

2019-02-24

無料プログラミングスクールおすすめ3選!完全無料だけはやめとけ

2019-04-13

【格安】安いけどガチで質が高いオンラインプログラミングスクール5選

2020-12-05

ABOUTこの記事を書いた人

当ブログ《きたらいふ》を運営している30歳男子。1990年生まれ。長崎県長崎市出身。新卒入社した銀行で丸5年で働いた後、完全未経験からプログラミング学習開始。1年で月120万円を達成。最高月140万円。現在はWEB制作フリーランスとして活動中。“朝活×プログラミング“で人生逆転!朝もくサロン主宰。会員数200名超。Twitterフォロワー15,000人超。人生は努力と継続で切り拓け。