銀行に行きたくないは甘えじゃない。悲鳴をあげる心の声を無視するな!

こんにちは。

銀行を5年で辞めた元銀行員のきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

「もう銀行に行きたくない・・・」

 

「はぁ〜、今日もまた仕事かぁ〜」とため息交じりで起床し、「今日もミスしてまた上司に怒られたらどうしよう」と不安いっぱいで通勤する毎日。

銀行で働いていて嬉しいのは金曜日の夜と土曜日だけで日曜日の夜にはサザエさんを見るだけで「もう明日から仕事かぁ〜、銀行に行きたくないなぁ〜」と思ってしまいますよね。

 

できることなら、「仕事に行きたくない」と思うことなく毎朝起きて通勤したいし、銀行のことを考えることなく土日も過ごしたい。

 

そんなあなたにぼくからお願いしたいことがあります。

 

「もう銀行に行きたくない・・・」という心の声を無視し続けないでください

 

「銀行に行きたくない」という心の叫びはあなたの本心です

このままずっと自分の気持ちを押し殺して銀行で働き続けるといつか必ずあなたの心は病んでしまいます。

あなたの心の悲鳴に気付いてあげれるのは、あなたしかいないんです

 

本記事は、「銀行に行きたくない」という素直な気持ちを無視して銀行で働き続けているあなたに、自分の心の悲鳴に気付いて欲しいという願いを込めて書きました。

あなたの心が病んでしまう前に、いまここで自分の心の声と向き合ってみてください。

 

銀行に行きたくないという心の悲鳴があなたの本当の気持ち

まず始めに、「もう銀行に行きたくない・・・」という心の叫びがあなたの本当の気持ちであることを受け入れてください

 

あなたが「銀行に行きたくない」と思うのは、銀行に行くと辛いことが待っているからですよね。

  • 上司にノルマで理不尽に詰められる
  • お局様から陰口を言われる
  • 上司にパワハラまがいのことをされる

 

日本には我慢をすることが美しいという風潮があるので、自分の気持ちを押し殺して嫌なことを我慢し続ける銀行員は本当に多いですよね

たしかに、銀行で働くうえで、「もう嫌だ!うざい!」と感じたことをグッと堪えてその場を乗り切る力は必要です。

あなたもお客さんに迷惑を掛けて怒られたり、事務ミスをして上司に注意されて反論したくなっても、相手の怒りを鎮めるために我慢しなければならない場面を経験したことがあると思います。

 

あなたが銀行で働くうえで本当に必要なのは辛いことを我慢する力なのでしょうか?

 

当たり前ですが、銀行員として本当に必要な力は嫌なことを我慢する忍耐力ではなく、お客様のために仕事をする力ですよね

あなたは銀行に就職したての頃、「お客様に喜んでもらうためにいち早く仕事を覚えよう!」と意気込んでいたと思います。

 

しかし、いまのあなたはどうでしょう?

 

「お客様のために」という本来あるべき姿勢が銀行特有の上司絶対主義のせいでいつの間にか

  • 上司に怒られたくないからミスしないようにしよう
  • お局様に悪口を言われたくないから言葉遣いには気をつけよう
  • 上司からの評価を下げたくないからもっと気を遣おう

 

と徐々に銀行内部に目を向けるようになっていませんか?

「銀行で働くためには自分の気持ちを押し殺して上司に合わせないといけない」と自分に言い聞かせているのだとしたら、それはもう銀行独特の雰囲気に染まりきった典型的なダメ銀行員になりつつある証拠です。

 

だからまずは、「銀行に行きたくない気持ちを我慢して働き続けるのが当たり前だ」という呪縛から自分を解放してあげて欲しいのです

あなたが銀行で働くうえで一番必要とされるのはお客様のために仕事をすることであり、辛いことを我慢し続けることではありません。

 

「銀行に行きたくない」と思いながらも無理して銀行で働いている現状を変えるには、まずは「銀行に行きたくない」という心の悲鳴に耳を傾けることです

「銀行に行きたくない」という本音を無視しないでください

銀行に行きたくないのは決して甘えではありません。

「銀行に行きたくないという気持ちが自分の本音なんだ」と受け入れることが、「銀行に行きたくない」と四六時中考えてしまうあなたを変えるための大事な第一歩なのです。

 

ぼくは銀行に行きたくないと思いながら働き続けて精神的に病みました

ぼくは銀行に入って1ヶ月もしないうちに「銀行に行きたくない」と思うようになりました。

なぜなら、配属された支店の雰囲気が最悪だったからです。

支店に一人いればいいレベルのお局様が5人もいたので、至る所で陰口が横行し人間関係はドロドロ

支店の雰囲気は幽霊が住み着いているかのように重苦しくてどんよりしていました

 

ぼくは最初の半年間、窓口のサポートや出納係をしていたのですが、同じ係の女性行員さんとの関係が上手くいかずにかなり苦しみました

いままで見たことがなかった書類を見つけたので、「この書類はどこに綴ればいいですか?」と聞いたら、「それこの前も教えたよね?一回で覚えなさいよ」と嫌味っぽく言われるのは当たり前。

2人のお局様が離れたところでぼくの方を見ながらコソコソ話をしていて、「あぁ〜、ぼくの悪口を言ってるんだろうな〜」と思うことも多々ありました。

 

銀行に入って最初の半年間は「マジでもう銀行に行きたくない」と思いながら銀行で働いていました。

特に朝起きてから通勤して支店に入るまでの約1時間半は本当に地獄でした。

「同じバスの中に嫌いな上司がいたら嫌だなぁ」「また今日もお局様からきつく言われるのかなぁ」「ノルマで詰められたくないなぁ」と頭の中は嫌なことでいっぱいでした。

 

「銀行に行きたくない」と思いながらも、「社会人は辛いことを我慢して働くのが当たり前なんだ」と言い聞かせながら銀行で働いて1ヶ月が過ぎた頃、突然呼吸の仕方が分からなくなる事態に見舞われました

「はぁー、はぁー、はぁー」と意識的に息を吸ったり吐いたりしないと呼吸ができないんです。

おそらく、過呼吸。

 

さらに、胃も痛むようになりました。

上司から声を掛けられたり、同期に驚かされたり、嫌な上司を思い出したりすると胃がキューンっと痛むんです

当時のぼくは、銀行の先輩のほとんどが「胃が痛くなったことがある」と言っていたので、過呼吸になったり胃が痛くなることは銀行員にとって当たり前のことだと信じてました

 

「銀行に行きたくない」という心の悲鳴を無視し続けて銀行で働き続けた結果、ぼくは心身ともにズタボロになったのです

 

あなたも過去のぼくのように精神的に病みたくないのなら、「銀行に行きたくない」という気持ちがあなたの本当の気持ちだということに気付いて欲しいのです

 

みんな辛いことを我慢して頑張っているから自分も頑張らないと!はいらない

「銀行に行きたくないけど、周りの同期も辛いことを我慢して頑張っているから自分も頑張らないと!」と自分に言い聞かせて、自分を追い込むのだけはやめてください

銀行員は真面目で頑張り屋さんが多いので、「支店のみんなも嫌なことを我慢してるのだから自分も我慢しないと!」と周囲を気にして自分の辛い気持ちを押し殺してしまいがちなんですよね。

 

物事の考え方や嫌な出来事の捉え方は人それぞれなので、周りの人を基準にして「自分も頑張らないといけない!」と思う必要はありません

あなたは「いつになったらノルマを達成するの?」と上司から詰められると、「もう嫌だ!いますぐにでも銀行を辞めたい」と思ってしまうかもしれません。

しかし、人によっては「よし!絶対にノルマ達成してやるぞ!」と前向きに捉えることができる人もいるんですよ。

 

お局様から陰口を言われようが、上司から理不尽に怒られようが、感じ方なんて人それぞれなので、「みんなも頑張っているから!自分も頑張らないと!」と周りを基準にするのはおかしいことなんです

周りの人を基準にして自分で自分を追い込むのはもうやめにしましょう。

 

あなたと他の人では感じ方や捉え方が違います。

周りの人に無理に合わせようとするから辛くなるんです。

周りの人が頑張っているからとか一切関係ありません。

大事なのは、あなたがどう感じているか

 

あなたが「きつい」と思ったらきつい、「辛い」と思ったら辛い、「銀行に行きたくない」と思ったら銀行に行きたくない

それでいいんです。

 

「銀行に行きたくないから辞める=甘え」の発想がうつ病の原因

「銀行に行きたくないからもう辞めたい」と親に愚痴をこぼしたら、「銀行に行きたくないくらいで辞めるんじゃない!甘えるな!」と言われた経験がある銀行員は多いのではないでしょうか。

 

「銀行に行きたくないから辞める=甘え」という発想はうつ病の原因なので、「辞める=甘え」という考え方は捨て去りましょう

「銀行に行きたくない」という心の悲鳴は「これ以上我慢するとうつ病になっちゃうよ〜」とあなたの心が発する危険信号です。

心が発する危険信号を無視して銀行で働き続けると精神的に病んでうつ病になってしまいます

 

一度うつ病になってしまうと、「もうこれ以上我慢できない!銀行を辞めてやる!」となったときに転職ができなくなる可能性が高いんですよね。

 

ぼくの銀行員時代に、いきなりうつ病が発症して銀行に来なくなった上司がいました。

後々分かったのですが、その上司は元々うつ病を患っていて、銀行で働いてはいきなり休んでを繰り返してきたそうなんです。

おそらく、その上司も銀行を辞めて転職したいけど、うつ病を患っているから転職できない

ゆえに、銀行で働き続けるしかない

 

うつ病を患っているから、いきなり銀行を休んでは復帰してを繰り返しながら銀行で働き続けるしかない状況だったんです。

結局、その上司はうつ病が再発してから支店には来なくなり、3ヶ月後くらいに本部に異動しました。

 

「銀行に行きたくないから辞める=甘え」という考えを持っているといつか必ず精神的に病んでうつ病になります。

一度うつ病になると、銀行を辞めたいけど辞めれないから、これからも銀行で働き続けないといけないという最悪の状況に陥りかねません。

55歳まで銀行で嫌々働き続けるという最悪の結末を防ぐためにも「銀行に行きたくない!もう無理だ!」と思ったときは、銀行を辞める選択肢を考える必要があるのです

 

銀行に行きたくないなら自分に逃げ道を作って心の余裕を持たせること

「銀行に行きたくない!だけど、行かないわけにはいかない」と考えるともうどうすればいいのか分からなくなって憂うつになってしまいますよね

そんなときは、いつでも辞めれる状況を作ってあげると心に余裕ができて気持ちが楽になりますよ。

銀行を辞めて転職するかどうかは別として、とりあえず転職サイトに登録して、銀行以外にどのような求人があるのかをチェックするんです

 

特にリクナビNEXTの場合は、あなたの経歴や希望を入力しておくと、適正にあった求人情報を紹介してくれます。

リクナビNEXTで銀行以外の求人を見ながら、「銀行を辞めても転職先はたくさんあるんだ」と実感するだけで、いまの重苦しい気持ちがすごく楽になるんです

「本当に辞めたくなったらいつでも辞めれる」と「自分は銀行で働くしかないからこれからも頑張って働き続けるしかない」という状況とでは、精神的な負担に雲泥の差があります

 

ぼくも銀行員4年目で「上司と合わなすぎてもう無理」と病んでいるときに、リクナビNEXTに登録して銀行以外の求人を見て、「あ、意外と求人出してる企業って多いんだな」と自分を安心させていました。

リクナビNEXTはいますぐに転職する予定がない人でも登録できる転職サイトなので、「とりあえず登録しておく」という感じでも全く問題ありません。

 

登録したからといって絶対に転職しなければならないわけではありませんし、リクナビNEXTに「早く転職してください!」と催促されることもありません。

 

リクナビNEXT登録無料なので、あなたの金銭的な負担も全くありません。

 

「銀行に行きたくないなぁ〜」「銀行でお局様に会いたくないなぁ〜」「ノルマで詰められたくないなぁ〜」と思ったときはリクナビNEXTの求人を見ながら、次の仕事を探してみてください。

それだけで「別に銀行を辞めても次はある」と思えるので、気持ちがものすごく楽になりますよ

 

リクナビNEXTに登録するとあなたの適正や強みに合った求人からスカウトメールが届くようになります。

あなたが求人に応募しようと思わない限りはメールに返答するなど具体的に行動する必要はありません

まずは登録してみて気になる求人を眺めることから始めましょう。

 

▼銀行が辛い気持ちを和らげたいなら▼

 

もう我慢の限界!一刻も早く銀行を辞めたいなら転職のプロに相談しよう!

「銀行に行きたくないどころかもういますぐにでも銀行を辞めたい」というあなたは転職を全面的にサポートしてくれる転職エージェントを使いましょう。

これからぼくが実際に「使ってみて良かった!」と感じている転職エージェントを2つご紹介します。

2つとも登録無料なので、我慢の限界を超える前に早めに転職エージェントに相談して新たな未来への第一歩を踏み出しましょう。

 

1:ウズキャリ〜二度とブラック企業で働きたくない人向け〜

ウズキャリは内定率86%、定着率93%という驚異の実績を持つ既卒・第二新卒向けの転職エージェントサービス。

あなたと同じ境遇を経験してきた元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーさんたちが20時間以上かけて親身に相談に乗ってくれて、素早く転職の準備を手伝ってくれます

 

個別面談を通じて、キャリアカウンセラーさんがあなたの現状や強み・弱みをしっかりと把握。

銀行での経験を元にした転職先や他業界を希望する場合の転職活動のポイントなど、具体的な事例を交えて教えてくれます。

そして、一人一人の適正に合わせた求人のみを厳選して紹介してくれるため、マッチング重視の転職活動を希望するなら絶対に登録しておくべきです

 

ちなみに、求人サイトにありがちな「登録直後から鳴り止まない求人紹介メールの嵐」ということは一切ありません。

「毎日来るメールが煩わしくて、転職サイトへの登録には抵抗がある」という方にもオススメです。

 

なによりウズキャリの一番の良さは、

ブラック企業が除外されているところ!!!

 

就職する前の銀行のイメージって「安定している」「15時に店が閉まる」「給料が高い」など、比較的好印象でしたよね。

でも、いざ働いてみると「ノルマがきつい」「上司との人間関係が辛い」「残業が多い」など、就職する前の華やかなイメージと異なりませんでしたか?

このように就職する前のイメージと実際に働いてみて分かる現実との差に絶望してきた銀行員ってかなり多いはずです。

ウズキャリぼくたちが経験してきたような就職する前と就職した後でギャップがあるブラック企業を除外してくれています

 

つまり、ウズキャリこそ銀行員にはもってこいなんですよ!

 

労働時間や雇用形態、離職率などに厳しい基準を設け、あなたが知らぬ間にブラック企業を受けて採用されてしまうことのないように事前にブラック企業を除外してくれているウズキャリ

「ただでさえいまの銀行もブラックなのに、転職した先がまたブラック企業だったら本当に最悪・・・」と不安なあなたにはピッタリです。

 

ウズキャリではいますぐに本格的な転職活動をしない場合でも、自分の正しい市場価値や選択肢を知ることができるので安心です。

「本気で転職しようと思えば、いつでも次の会社に転職できる」と思えたら、心の支えになりますよね

もし、今後も銀行で働き続けることになっても、自分の市場価値を知らないまま我慢して働くのと、自分で納得して働き続けるのでは心理的な負担が全然違いますよ。

 

ウズキャリに登録するとキャリアカウンセラーさんからあなたに連絡があります

あなたの方から具体的にアクションを起こす必要はなく、キャリアカウンセラーさんの案内に沿って進めていけばいいので「登録したあとどうすればいいのかな?」という心配は一切不要です。

 

あなたがマッチング重視の転職活動を行いたい場合や自分の市場価値を正しく知りたいならウズキャリを選ばない理由はないでしょう。

〜ウズキャリの特徴〜 

  • 第二新卒の内定率86%、定着率93%以上
  • 取り扱う求人にブラック企業がない
  • 20時間以上のカウンセリングサポート付き
  • マッチング重視で効率良く転職活動できる

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

当ブログからウズキャリに登録すると、いまなら2,000円分のAmazonギフト券が無料でもらえます!

ぼくのブログからウズキャリをご利用いただいている読者様が多いので、ウズキャリ様より期間限定のプレゼントキャンペーンをいただきました!

※登録後に掛かってくるお電話で、キャンペーンコード「uz20をお伝えください。面談への参加が確認できたのち、3週間以内にご登録いただいたメールアドレスに2,000円分のAmazonギフト券をお送りします!byウズキャリ

 

2:リクルートエージェント〜一人で転職活動する自信がない人向け〜

リクルートエージェントはリクルートグループのリクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントサービス。

転職経験者の大半がリクルートエージェントを利用したことがあるというデータが出ているほど人気の転職エージェントサービスです。

 

先に言っておきますが、一人で転職活動する自信がないなら、リクルートエージェントを使わない理由がありません

なぜなら、リクルートエージェントでは専属の転職エージェントが求人の紹介、職務経歴書や志望動機の添削、面接対策、面接の日程調整など全面的にサポートしてくれるからです

 

平日の通常業務、日々の残業、休日出勤、休日の資格試験、土日の地域行事や銀行行事への参加、銀行員は本当に忙しいですよね

ぼくも銀行員時代は、週3で残業日かつ毎週のように土日は地域行事、銀行行事、資格試験が入っていたので、転職活動する時間なんて全くありませんでした。

平日も休日も仕事が忙しい銀行員が転職活動をすべて自分自身で行うのは正直難しいです。

 

でも、リクルートエージェントを使えば、本来自分でやるべきことを転職エージェントが代行してくれるので楽に転職活動を進めることができますよ

〜リクルートエージェントのサポート内容〜

  • 転職市場の分析と説明
  • キャリアプランの設計
  • 求人の紹介
  • 職務履歴書・志望動機の添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 退職、内定、入社のサポート

 

リクルートエージェントには世間一般には出回っていない非公開求人を多数揃えています。

一般的に給料が高いと言われている銀行員はハローワークや一般の転職サイトで転職してしまうと年収が下がる可能性が高いんですよね

そこで転職エージェントから給与などの条件面の良い非公開求人を紹介してもらうことでキャリアダウンを防ぐことができます。

実際に非公開求人を紹介してもらうと分かりますが、「あの優良企業が中途採用しているの?」と驚いてしまうくらいですよ。

 

ただし、非公開求人は公開したら応募が殺到してしまうような優良求人が多いので、基本的には採用人数が少なく急ぎの募集であることがほとんど。

つまり、いまあなたが本記事を読んでいる間にも、あなたの希望する条件にピッタリの求人が募集されていて、他の転職希望者が応募して締め切られているかもしれないのです

あなたの希望に合った優良な非公開求人を逃さないためにもリクルートエージェントには早めに登録しておきましょう。

 

リクルートエージェントに登録すると、1週間以内に転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡がきます。

登録したあとは転職エージェントからの連絡を待つだけです

 

銀行の仕事が忙しくて一人で転職活動する自信がないならリクルートエージェントに転職活動をサポートしてもらいましょう。

〜リクルートエージェントの特徴〜

  • 転職実績No1、年収アップ率61%
  • 他転職サイトにない非公開求人が豊富
  • 地方の営業拠点や求人も多数あり

 

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

 

番外編:退職代行SARABA〜もういますぐにでも銀行を辞めたいなら〜

退職代行とは、あなたの代わりに退職の交渉や手続きを行ってくれるサービスです

  • 上司が怖くて銀行を辞めると言い出せない
  • 銀行を辞めると伝えてもなかなか辞めさせてもらえない
  • もう銀行と関わりたくないからいますぐにでも銀行を辞めたい

 

そんなあなたは退職代行SARABAを利用しましょう。

退職代行を使えば、大っ嫌いな上司と今後一切会うことなく退職することができますよ。

 

退職代行に依頼すれば、二度と銀行に行く必要がありませんし、銀行の上司と電話やメールで面倒なやり取りをする必要もありません

退職代行が銀行にあなたが退職する旨を説明してくれて、退職に必要な手続きをすべて代わりに行ってくれます。

退職代行は法律に則った手順で退職の交渉をしていくので、銀行も「無断で辞めると訴えるぞ!」なんて無茶なことは言えないんですよね。

 

退職代行SARABAが代行してくれる主な退職手続きはこちらです。

  • 退職手続きに関する連絡
  • 辞表提出
  • 郵送による貸与品の返却
  • 有給休暇の消化の依頼
  • 離職票や雇用保険被保険者証などの取得

 

基本的に退職代行サービスを契約してから銀行を退職するまで電話やメールで無制限に対応してくれます

「銀行を辞めたことを親に連絡しないで欲しい」と退職代行に依頼することもできるので、親にバレることなく銀行を辞めることもできますよ。

 

退職代行SARABAが退職を代行して過去に依頼主が退職できなかったケースはゼロ。

つまり、退職率は100%です

 

退職代行SARABAは退職の交渉から退職の手続きまですべて代行してくれて価格はたったの3万円

しかも、万が一、依頼主が退職できなかったときは全額返金を保証してくれています

オプションで追加料金を請求されることはありませんし、あとから上乗せされて請求されることもありません。

 

同じ退職代行業者の中には、即日対応でプラス1万円、電話対応でプラス1万円など、あとから追加料金を請求する会社も多いので、退職代行SARABAなら一律3万円と料金的にも安心して利用できます。

 

「でも、やっぱり退職代行ってなんだか怪しい」と思われる方も多いと思いますので、実際に退職代行を利用した人たちの声を載せておきます。

ひと昔までは「自分で退職を報告せずにいきなり辞めるなんて失礼だぞ!」というのが常識でしたが、時代は徐々に移り変わってきていますね。

もはや退職代行を使って銀行を辞めることは珍しいことではありません。

 

退職代行SARABAを使えば、あなたは嫌いな上司と退職のやり取りをすることなく銀行を辞めることができます。

「退職代行を使ったら、銀行内で変な噂が広まるんじゃないか?」と不安に思われるかもしれませんが、どんな形であれ、銀行を辞めることさえできれば、あなたの勝ちです

一度銀行を辞めてしまえば、上司と二度と会うこともありませんし、あなたの今後の人生において銀行という存在は全く関係なくなります。

ぶっちゃけ銀行の人たちからどう思われようが関係ないんですよ。

 

退職代行SARABAフリーダイヤルかつ24時間年中無休で対応しており、「もう無理!銀行なんて辞めてやる!」と我慢の限界に達した日に依頼したとしても即日で対応してくれます

 

電話もしくはメールで問い合わせて、お金を振り込んだら契約成立です。

もし、退職代行について疑問点などがあれば、一度メールで問い合わせてみてください。

 

▼もういますぐにでも銀行を辞めたいなら▼

 

退職代行サービスSARABAについてはこちらの記事に詳しくまとめています。

退職代行SARABA(さらば)の値段・評判・口コミ・体験談・感想!【いますぐ会社を辞めたいあなたへ】

2018.12.04

 

銀行に行きたくない気持ちを受け入れたら行動あるのみ

「銀行に行きたくないけど、みんな頑張ってるから自分も頑張らないと!」「『銀行に行きたくないくらいで辞めたい』と思ってしまうのは甘えだ!」という昔ながらの発想は捨ててください。

ノルマが「嫌」なら嫌でいい、上司との人間関係が「無理」なら無理でいい、銀行に「行きたくない」なら行きたくないでいい

いまのあなたの素直な気持ちを受け入れてあげてください

 

「銀行に行きたくない」という心の声を受け入れたら、次はどのようにすればいいのか?を考えて行動していきましょう。

いまの状況を「甘え」だと一言で片付けて銀行で働き続けるのか、それとも「銀行に行きたくない」と感じている自分の気持ちを受け入れて、現状を変えるために行動するのかで、これからのあなたの人生は180度変わります

 

ぜひこの機会に自分の心の悲鳴に耳を傾けて、真剣に向き合ってみてください。

 

「銀行に行きたくないなぁ〜」と感じたときはリクナビNEXTの求人を眺めて、「他にも働ける会社はたくさんあるんだ」と重苦しい気持ちを楽にさせてあげましょう

 

▼銀行が辛い気持ちを和らげたいなら▼

>>リクナビNEXTで転職先を見てみる<<

 

「銀行に行きたくない!もう無理!」と我慢の限界に達したときは、転職のプロに相談して素早く転職してしまいましょう

 

▼二度とブラック企業で働きたくないなら▼

>>ブラック企業を除外したウズキャリ<<

▼一人で転職活動する自信がないなら▼

>>実績No.1のリクルートエージェント<<

▼もういますぐにでも銀行を辞めたいなら▼

>>退職代行サービスSARABA<<

 

ぼくが銀行を辞めるまでの経緯と銀行を辞めたいあなたへのメッセージをこちらの記事に書いてます。

「銀行を辞めたい」と思っているのならぜひ読んでみてください。

銀行を辞めたいあなたへ。元銀行員が辞めるまでの経緯と今伝えたいこと。

2018.03.28

▼銀行を辞めようか迷っている銀行員へ▼

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員Freelance。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「働き方・お金・ブログ」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマにほぼ毎日更新中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。フリーランス起業したい若手銀行員のサポートもしています。