【体験談】RaiseTech(レイズテック)で月収55万円のAWSエンジニアへ

こんにちは。

元銀行員エンジニアブロガーのきたしょー(@KitamuraShohei)です。

 

あなたはRaiseTechという最速で稼げるエンジニアになるためのWebエンジニアリングスクールを知っていますか?

 

RaiseTechは大手スクールと比較すると後発組なのでまだ世間的な認知度は低いですが、他ではなかなか取り扱っていないAWSに力を入れているスクールです。

 

とはいえ、「RaiseTechどころかAWSという言葉すら知らないよ・・・」という方がほとんどですよね。

 

そこで今回は実際にRaiseTechを受講して月収55万円のAWSエンジニアになったわかやまゆうやさんに突撃インタビューしてきました!

 

結論から言うと、未経験から稼げるエンジニアになりたいならAWSエンジニアはマジでおすすめです

 

  • そもそもAWSエンジニアとは?
  • なぜRaiseTechを選んだの?
  • 未経験からでもAWSエンジニアになれるの?

 

RaiseTechやAWSエンジニアについて詳しく話を聞いてきたので、エンジニアとしてのキャリアを模索しているプログラミング初心者の方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

▼2週間無料&全額返金保証付き!▼

AWSエンジニアとはAmazon Web Serviceに特化したエンジニア

AWSとは、Amazonが提供するインフラストラクチャーサービス、Amazon Web Serviceの略称です。

そして、インフラストラクチャーサービスとは、Webサービスを稼働させるサーバー、通信するために必要な回線、サービスを継続するための運用体制のこと。

簡単にまとめると、AWSエンジニアとは、Amazonが提供するWebサービスを利用するための基盤となる設備を構築するエンジニアのことです

 

従来、ITインフラについてはサーバーやソフトウェアなどを企業が管理する設備内に設置して運用するオンプレミスという方法が主流でした。

分かりやすく言うと、企業は社内ITシステム構築のためにでっかいコンピューターを設置する必要があったってことです

 

しかし、オンプレミスは実物の機械を社内に設置する必要があるのでシステム導入費用や運用管理コストがどうしても高くなってしまいます。

なので、最近はクラウドと呼ばれるインターネット上にサーバーやデータベースを構築する方法が主流になりつつあるんです

クラウドなら実物の機械を購入して自社で運用する必要がないのでコストが非常に安いんですよね。

 

クラウドにはAWSの他にGoogleが提供するGCPやMicrosoftが提供するAzureなどがありますが、初期費用の安さや強固なセキュリティが特徴のAWSを取り入れる企業が多いです。

AWSを導入する企業が増えているにも関わらず、AWSを扱えるエンジニアが不足しているので、高単価な案件が多く稼ぎやすいというのがAWSエンジニアを取り巻く環境なんですよ

 

RaiseTech(レイズテック)は最速で稼げるエンジニアになるためのWebエンジニアリングスクール

  • 受講形式オンライン
  • 教室:なし
  • 料金(税抜):189,000円〜315,000円(早割あり)
  • 期間:2〜4ヶ月
  • 就活サポート:あり
  • コースAWSフルコース・Javaフルコース・AWS自動化コース・Javaフレームワークコース
  • 言語:Ruby・Ruby on Rails・SpringFramework・MySQL

 

RaiseTechは最速で稼げるエンジニアになるためにAWSとJavaに特化したWebエンジニアリングスクールです。

「徹底した現場主義」をモットーにサポートしてくれる講師全員が現役エンジニアなんですよ!

 

RaiseTechはメインの動画による学習に加えて現役エンジニア講師によるオンライン授業が週1回開催されます。

もちろん受講期間中は講師への質疑応答は無制限に行えるので途中でつまずく心配も不要です。

 

RaiseTechは就職・転職支援制度がとても充実しており、受講者にやる気があれば就職・転職するまで半永久的にサポートしてくれます

受講者に「エンジニアとして就職・転職したい!」という意思がある限りずっとサポートしてくれるので実質的に就職・転職を保証してくれるってことなんです。

 

AWSフルコースとJavaフルコースは受講開始から2週間は全額返金保証付きで受講できるので「高額な受講料を支払って自分に合わなかったらどうしよう」と不安な方も安心して受講できますね。

 

▼2週間無料&全額返金保証付き!▼

 

未経験からインフラエンジニアを経て月収55万円のAWSエンジニアになるまで

きたしょー
まず始めに未経験からエンジニアになろうと思ったキッカケを教えてください!
わかやまさん
ぼくが未経験からエンジニアになろうと思ったキッカケは人生逃げ切りサロン代表でぼくと同じ神戸大学卒のやまもとりゅうけんさんです。

2〜3年前、すでにフリーランスエンジニアとして月収50万円以上稼いでいるりゅうけんさんを見て「エンジニアって稼げるんやな!」と初めて気付いたんですよね。

人生逃げ切りサロンとは?
月収600万円超のインフルエンサーやまもとりゅうけんさんが主宰するオンラインサロン。

きたしょー
キャリアアップするためにエンジニアになろうと思ったんですね!
わかやまさん
ぼくがエンジニアになろうと思ったのは完全にキャリアアップが目的です

当時、ぼくは正社員で経理をしていたのですが、給与水準があまり良くありませんでした。

これから経理はAIや人工知能の導入で自動化が進んでいくと予想されていたので、「このまま経理をしていても先は望めないな」と思いエンジニアになることを決意しました。

きたしょー
たしかに、経理みたいな事務職はAIや人工知能に代替されそうですよね・・・。

なぜエンジニアの中でもインフラエンジニアを選んだのですか?

わかやまさん
たまたま転職エージェントから紹介された仕事がインフラエンジニアだったんですよね。

キャリアアップができるなら、エンジニアの種類はなんでも良かったんです。笑

しかも、未経験からでもOKな案件だったので速攻で会社を辞めてインフラエンジニアに転職しました。

インフラエンジニアとは?
インフラエンジニアとは、ITインフラの設計・構築・運用・保守を行うエンジニアのこと。

きたしょー
まさに実利主義って感じですね!

インフラエンジニアからAWSエンジニアになろうと思ったキッカケはなんだったんですか?

わかやまさん
当時は派遣でインフラエンジニアをやっていたのですが、「これからもっと収入を上げるにはどうすればいいかな〜?」と今後のキャリアを模索しているときにRaiseTechと出逢ったのがキッカケです
きたしょー
RaiseTechのAWSカリキュラムを受講してAWSエンジニアになったんですね!

 

RaiseTech(レイズテック)を選んだ3つの理由

きたしょー
数あるプログラミングスクールの中からRaiseTechを受講した理由を教えてください!
わかやまさん
ぼくがRaiseTechを受講した理由は以下の3つです。

  1. 実践に即したカリキュラム
  2. 講師全員が現役エンジニア
  3. 圧倒的な就職・転職サポート

 

それぞれ説明していきますね。

 

RaiseTech(レイズテック)を選んだ理由①:実践に即したカリキュラム

きたしょー
RaiseTechの実践に即したカリキュラムとは具体的にどんな内容ですか?
わかやまさん
RaiseTechのカリキュラムは実際に現場で働いているエンジニアの意見を元に作られています。

つまり、現役AWSエンジニアが実務で使っている技術をまとめたものがRaiseTechのAWSカリキュラムなんです

きたしょー
RaiseTechを受講すれば実務で使っているスキルを丸ごと学べるってことですね!

実際にRaiseTechのAWSカリキュラムで学んだスキルはいまの現場で活きていますか?

わかやまさん
いまのAWSの現場ではRaiseTechで学んだスキルを使うケースが多いので本当に助かっています

RaiseTechを受講すれば未経験からでも現場で十分に通用するスキルが身に付くと言えますよ。

 

RaiseTech(レイズテック)を選んだ理由②:講師全員が現役エンジニア

きたしょー
RaiseTechは本当に講師全員が現役エンジニアなんですか?
わかやまさん
RaiseTechは講師全員が現在進行形で現場で働いている現役エンジニアです

むしろ、現役エンジニアではない講師はクビになってしまいます。笑

きたしょー
講師を本業にしたらクビになるんですね・・・。笑
わかやまさん
あくまでも講師の本業はエンジニアでRaiseTech講師は副業に過ぎません。

サポートしてくれる講師が全員現役エンジニアなので現場で使っている生のスキルを教えてくれます

RaiseTechには他のプログラミングスクールのように講師を本業とするエンジニアはいないんですよ。

きたしょー
他のスクールは講師に当たり外れがありますが、RaiseTechの講師は全員がハイレベルなエンジニアなので安心ですね!

 

RaiseTech(レイズテック)を選んだ理由③:圧倒的な就職・転職サポート

きたしょー
RaiseTechの圧倒的な就職・転職サポートについて具体的に教えてください。
わかやまさん
RaiseTechは受講者本人にやる気がある限り、最終的に就職・転職するまでサポートしてくれます

しかも、RaiseTechの運営会社が直接仕入れてきた仕事を紹介してくれるケースが多いので割と高単価な案件が多いですね。

もちろんカリキュラム内容で分からない点があれば、無制限に質問にできますし、講師が勤務している時間であればすぐに返事が返ってきますよ。

きたしょー
受講者本人にやる気があればカリキュラムの受講期限を過ぎても就職・転職支援サポートしてくれるってことですか?
わかやまさん
もちろんです!

ぼくは仕事が忙しくて受講期間内にカリキュラムを終えることができなかったのですが、なんと受講期間終了後に補講という形でサポートしていただきました

基本的には受講期間中にカリキュラムを修了させるのが大前提なのですが、受講者の忙しさや進捗度合いによっては無料で補講をしてくださるケースもあるみたいです。

きたしょー
たまたまとはいえ、無料で補講までしてくれるなんてサポート体制が万全すぎる!
わかやまさん
受講者本人にプログラミングで人生を切り開いていく意思がある限りサポートしてくれるのがRaiseTechなんですよ。

 

▼2週間無料&全額返金保証付き!▼

 

AWSエンジニアとして1〜2年経験を積めば月収70〜80万円は稼げる

きたしょー
AWSエンジニアの月収ってどれくらいなんですか?
わかやまさん
ぼくの知る限り、AWSエンジニア1年目で40〜50万円、数年後には70〜80万円、AWSのプロレベルで100万円くらいですね
きたしょー
AWSエンジニア1年目で月収40〜50万円は高い!!!
わかやまさん
ぼくは転職エージェントを介さなかったので月収55万円でしたが、通常転職エージェントを介すると手数料が引かれるので40〜50万円だと思います。
きたしょー
AWSエンジニアになった初年度から月収40万円以上稼げるのであれば RaiseTechの受講費用なんて安いもんですよね!
わかやまさん
まさにその通りです。

一見、RaiseTechの受講料30万円は高く見えますが、スクール卒業後にAWSエンジニアとして働けば、最初の給料で元が取れてしまう計算なんですよ

きたしょー
RaiseTechはコスパ良すぎる!

ちなみに、RaiseTechからお仕事って紹介してもらえるんですか?

わかやまさん
ぼくはRaiseTechから月収55万円の案件を紹介してもらいました。

RaiseTechの就職・転職支援ではRaiseTechから直接案件を紹介してくれるだけでなく、他社の転職エージェントを利用することも可能です。

きたしょー
就職・転職については柔軟に対応してくれるんですね。

 

AWSエンジニアとして経験が浅いうちはリモートワークは難しい

きたしょー
AWSエンジニアってリモートワークできますか?
わかやまさん
AWSエンジニアになったばかりの方がリモートワークするのは正直難しいです

RaiseTechを受講するだけで現場で通用する完璧なスキルが得られる訳ではないので、やはり現場で実務を通してスキルを磨いていく必要があります。

きたしょー
他のエンジニアと一緒で実務経験を積んでからでないとリモートワークは難しいんですね。
わかやまさん
やはりAWSエンジニアでリモートワークしたいなら2〜3年の実務経験は必要です。

逆に考えれば、2〜3年の実務経験を積めばリモートワークも可能なので最初は修行のつもりで頑張ればいいと思いますよ!

 

RaiseTech(レイズテック)なら未経験からでもAWSエンジニアになれる

きたしょー
RaiseTechを受講すれば本当に未経験からでもAWSエンジニアになれるんですか?
わかやまさん
「絶対にAWSエンジニアになれる!」とは断言はできませんが、受講者本人にやる気さえあれば99%の確率でAWSエンジニアになれると思います

RaiseTechのAWSカリキュラムは現役AWSエンジニアに「AWSエンジニアに必要な技術を教えてください!」とアンケートを取って作られた超実践的なものです。

きたしょー
現役AWSエンジニアにわざわざアンケートを取ったのか・・・!
わかやまさん
だから、RaiseTechを受講すれば未経験からでも現場で使える技術が身に付きます。

実際にぼくはいまのAWSの現場でRaiseTechで学んだ技術がバンバン出てきてますよ

RaiseTechの教材が実務で通用する内容であることは間違いありません。

きたしょー
RaiseTechを受講すれば未経験からでもやる気さえあればAWSエンジニアになれそうですね!
わかやまさん
やる気さえあればイケますよ!!!

それにAWSを取り扱っているプログラミングスクールはほとんどないので、AWSエンジニアになりたいなら、いまのところRaiseTechを受講する以外選択肢がないと思います

きたしょー
AWSエンジニアになりたいならRaiseTech一択ですね!

 

AWSエンジニアになりたいならRaiseTech(レイズテック)を受講しよう!

今回のインタビューを通して最近流行りのWebエンジニアだけでなく、AWSエンジニアという選択肢も十分にアリだと思いました。

エンジニア不足が嘆かれる中でも特にAWSエンジニアは人手が足りていないので、未経験からでも一気に稼げるエンジニアになりやすいのがいまのAWSエンジニアを取り巻く環境です

 

「これからプログラミングを始めようかな」と思っている方やプログラミング言語選びに迷っている方はぜひこの機会にRaiseTechでAWSエンジニアになる選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?

 

▼2週間無料&全額返金保証付き!▼

 

わかやまゆうやさん、この度はインタビューさせていただき本当にありがとうございました!!!

〜わかやまゆうやさんのTwitterとブログ〜

 

  • プログラミングに関する人気記事

プログラミング未経験者が月収100万円稼ぐまでの過程を実況するぞ!

2019-02-06

【無料体験あり】おすすめプログラミングスクール5選!現役スクール生イチオシ!

2019-02-24

ABOUTこの記事をかいた人

元銀行員Webエンジニアブロガー。月間2.3万人に読まれる当ブログ《きたらいふ》を運営している28歳。当ブログのメインジャンルは「プログラミング・働き方・お金」の3つで「ぼくがあなたの背中を押します」をテーマに運営中。これからの人生についてハゲるほど悩んだ挙句、愛車ハリアーを売って丸5年勤めた銀行を辞めました。Web制作のお仕事絶賛大募集中!!!